〈いつも背景にはラジオが…〉『カムカムエヴリバディ』登場楽曲から見えてくる “リアリティ”とは?

〈いつも背景にはラジオが…〉『カムカムエヴリバディ』登場楽曲から見えてくる “リアリティ”とは?

©AFLO/getty

 NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』が最終回を迎えた。祖母、母、娘の3世代にわたる100年の物語のもう一つの主役は「ラジオ」だった。

■安子、るい、ひなたをつないだ「ラジオ」

 安子(上白石萌音)にとってラジオから流れる「実用英語会話」と「基礎英語講座」は、稔(松村北斗)との絆そのものだった。るい(深津絵里)にとって「カムカム英語(英語会話)」は、安子との数少ない楽しい思い出の時間だった。アニー・ヒラカワ(森山良子)が自分の素性を告白したのも、ひなた(川栄李奈)が偶然つけたラジオでのことだった。ラジオが、安子、るい、ひなたをつないでいたのだ。

 このドラマの中でのラジオには、もう一つ大きな役割が与えられていた。その時代のことをナレーションやセリフではなく、ラジオから流れる歌謡曲で説明していたのだ。いわば、『カムカムエヴリバディ』は100年の家族の物語であるのと同時に、100年の歌謡曲の物語でもあった。ここでは、劇中に登場した歌謡曲の背景や使用された理由について考えてみたい。なお、ジャズナンバーについては省かせていただいた。

■ピクニックの思い出から敵性語規制へ…ドラマの時間を象徴する「ヒット曲」

 1925年生まれの安子(幼少期・網本唯舞葵)がまだ幼かった頃、橘家のラジオから流れていたのは、藤山一郎「丘を越えて」(31年/昭和6年)。戦前を代表するヒット曲の一つで、ピクニックの思い出を歌った朗らかで平和そのものという曲調だった(第2回)。

 戦争が近づいてきた頃、帰ってきた算太(濱田岳)を囲んだ食卓で流れるのは、ディック・ミネと星玲子のデュエット「二人は若い」(35年/昭和10年)。のどかな男女のかけあいが特徴で、劇中の時間より少し前のヒット曲だが、ディック・ミネが三根耕一と名前を変えられた敵性語規制を示すために使用されたものと思われる(第7回)。

 雉真家の食卓で勇(村上虹郎)が徴兵について語る背後で流れるのは「露営の歌」(37年/昭和12年)。日中戦争が勃発したときに作られた軍歌で、劇中では5番の「東洋平和のためならば なんで命が惜しかろう」というフレーズが使用された。作曲者は古関裕而。歌の途中で初めての日本本土空襲である八幡空襲についての臨時ニュースが入る。

 勤労動員の女生徒たちが行進しながら歌っていたのは「歩くうた」(40年/昭和15年)。戦時歌謡を数多く流していたNHKのラジオ番組「国民歌謡」が高村光太郎に作詞を依頼したもの(いずれも第16回)。

 45年の年末に勇が復員したとき、街で流れていたのは並木路子・霧島昇「リンゴの唄」(46年/昭和21年)。終戦の開放的な気分と明朗な曲調がマッチして空前の大ヒットとなった。45年10月に公開された戦後映画の第1号『そよかぜ』の主題歌だったので、45年の年末に街で流れていてもおかしくはない。劇中ではハーモニカ演奏に読経が被せられ、明朗さだけではない物哀しさや儚さも演出されていた(第20回)。

■“音楽も耳に入ってこない生活”から、進駐軍のクラブ、そして…

 稔の戦死後、大阪で安子とるいが二人で生活するシーンには「カムカム英語」のテーマソングぐらいしか音楽は流れてこない。厳しい生活を送っていた安子には、音楽も耳に入ってこなかったのだろう。

 岡山に戻ってからも、偶然立ち寄った「ディッパーマウス・ブルース」で流れていたジャズぐらいしか安子が音楽を聴くことはなかった。彼女の心に染み入る音楽は、ロバート・ローズウッド(村雨辰剛)に連れられた進駐軍のクラブでの「きよしこの夜」と柳沢定一(世良公則)が歌った「On The Sunny Side Of The Street」ぐらいだったろう(第30回)。

 劇中でよく歌謡曲が流れるようになったのは、成長したるいが岡山の家を出て、大阪の竹村クリーニング店に住み込みで働くようになってからだ。

 るいが大阪で暮らし始めたのは62年の春のこと。この頃になると、クリーニング店などの店頭で、仕事をしながらラジオを聴くというライフスタイルが定着しつつあった。

 娯楽としてのラジオが全盛期を迎えたのはNHKのラジオ受信契約数が1481万件(世帯普及率82.5%)に達した58年だったが、53年に放送が始まったテレビの普及によって娯楽の王座を追われる。

 その代わり、55年に発売されたコンパクトなトランジスタラジオの普及拡大によって、居間だけではなく個室や屋外で「何かをしながら」聴くことが可能になった(NHK放送文化研究所「テレビが登場した時代のラジオ〜その議論と戦略をめぐって〜」)。

■るいが初めてやってきた竹村クリーニング店の店頭で流れていたのは…

 るいが初めてやってきた竹村クリーニング店の店頭で流れていたのは、ザ・ピーナッツ「ふりむかないで」(62年/昭和37年)。岩谷時子作詞、宮川泰作曲による和製ポップスの最初期のヒット曲である。和子(濱田マリ)がるいを見てデートに行くと勘違いするが、「ふりむかないで」はデートに出かける女の子の気持ちを歌った曲。タイトルが新しい生活を始めようとするるいを励ましているようでもある(第39回)。

 その他、ハナ肇とクレージーキャッツ「スーダラ節」(61年/昭和36年)、スリー・キャッツ「黄色いさくらんぼ」(59年/昭和34年)(いずれも第40回)、渡辺マリ「東京ドドンパ娘」(61年/昭和36年)(第41回)などの当時を代表する大ヒット曲が店頭で流れていた。

■出会いと別れと「ハイそれまでョ」

 るいと片桐春彦(風間俊介)の別れのシーンでラジオから流れていたのは、ミスマッチなほど能天気なハナ肇とクレージーキャッツの「無責任一代男」(62年/昭和37年)。片桐のことを振り切り、錠一郎(オダギリジョー)との新たな出会いに胸をときめかせていたるいの心情が表れていたのかもしれない(第44回)。同グループの「ハイそれまでョ」(62年/昭和37年)も流れた(第51回)。

 竹村家を訪れた錠一郎が気がかりな平助(村田雄浩)の背後でラジオから流れているのは、アイ・ジョージ「硝子のジョニー」(61年/昭和36年)。朗々とした声量で歌い上げられるムーディーな曲。アイ・ジョージは錠一郎と同じく戦災孤児だった(第48回)。

 ドラマの中で大きな役割を果たす映画『棗黍之丞 妖術七変化 隠れ里の決闘』のポスターが貼られたときは、ラジオで磯村吟(浜村淳)が「この人の歌を生で聴きたいものです」と紹介して佐川満男「ゴンドラの唄」(61年/昭和36年)が流れるが、佐川はササプロ社長・笹川光臣役で出演している。

「いのち短し 恋せよ少女(おとめ)」の歌い出しで始まるこの曲は、るい自身が錠一郎に心惹かれることを恐れていた第50回の冒頭でも流れていた。るいが自分の心を押しとどめようとしているのに、BGMが「恋せよ」と後押ししている。

■ビルボードチャートに起こった“事件”

 運命の映画『棗黍之丞 妖術七変化 隠れ壺の決闘』のチケットを持ってきた西山太(笑福亭笑瓶)が歌っていた替え歌は、浪曲漫才トリオ・タイヘイトリオの持ちネタ「浪漫ショウ」の出だし(第53回)。

 突然トランペットが吹けなくなって苦悩する錠一郎がジャズ喫茶「Night and Day」に帰ってくる場面では、橋幸夫・吉永小百合「いつでも夢を」(62年/昭和37年)が流れていた。当時260万枚を売り上げた空前のヒット曲で、高度経済成長期を代表する一曲とも呼ばれている。明るい曲調だが、錠一郎が現れるシーンでは「声がきこえる 淋しい胸に 涙に濡れたこの胸に」と哀しさ、寂しさを強調するフレーズが使用されていた(第57回)。

 錠一郎から別れを告げられ、落ち込むるいを竹村夫妻が心配する場面で流れていたのは松島アキラ「湖愁」(61年/昭和36年)。「想い出すまい 嘆くまい」と遠く東京に行ってしまった恋人を想う歌だった(第58回)。

 64年、ビートルズがビルボードチャートの1位から5位までを独占する“事件”が起こったことをラジオで磯村吟が告げる。

 このとき、磯村はビートルズをかけずにルイ・アームストロング「On The Sunny Side Of The Street」を流し、離れた場所で聴いていたるいと錠一郎の心をつなぐのだが、実際にこの年のアルバムチャートで2月から7週間にわたって1位を続けてきたビートルズを蹴落としたのは、62歳だったルイ・アームストロングのアルバム『Hello, Dolly!』だった(第59話)。

「およげ!たいやきくん」から「愛は勝つ」「涙のキッス」…歌謡曲でみる『カムカム』の100年 へ続く

(大山 くまお)

関連記事(外部サイト)