「それに、僕はオリックスOBですから(笑)」佐々木朗希が“抜けなかった”19奪三振記録 野田浩司氏が語る期待感と正直な気持ち

「それに、僕はオリックスOBですから(笑)」佐々木朗希が“抜けなかった”19奪三振記録 野田浩司氏が語る期待感と正直な気持ち

完全試合を達成した佐々木郎希投手 ©時事通信社

「19奪三振という記録は同じですけど、僕は160球以上投げてヒットもフォアボールも食らってますからね。完全試合で19奪三振した佐々木君はレベルが全然違いますよ。ただ記録というのは破られるものですけど、実際に抜かれたらちょっと寂しい気持ちにはなるかもしれませんね。それに、僕はオリックスOBですから(笑)」

 佐々木朗希投手(20・千葉ロッテ)が4月10日のオリックス戦で達成した完全試合は記録ずくめだった。史上最年少、21世紀で初、初完投が完全試合、初の13連続奪三振、8者連続空振り三振……。その1つが、NPB最多タイの1試合19奪三振。

■「抜かれる可能性は低くなってきたのかな」

 冒頭の発言は、これまで唯一の19奪三振記録保持者で、元オリックスの野田浩司氏のものだ。野田氏は佐々木投手が自分の記録を破ることを期待しつつ、少し寂しい思いもあったという。20年以上守り続けた記録に挑戦する新星の登場について、野田氏に話を聞いた。

「現代野球で三振の数を重ねるのは至難の業になってきています。理由はピッチャーが1試合で投げる球数が減っていることで、たとえ8回を終わって16三振を奪っていても130球投げていれば間違いなく交代です。なのでひそかに、『僕の記録が抜かれる可能性は低くなってきたのかな』とずっと思っていたんですが(笑)、佐々木投手が9回を105球で投げきって19個も三振をとったのは本当に驚きました」

 野田氏も「異次元の投球」と脱帽だった。三振について佐々木投手は入団時、「まず抑えることが前提ですけど、(三振を)獲れる時はしっかり獲ろうと思います」と語っていた。

「三振は打者をツーストライクに追い込まないと取れないので、初球から三振を狙うよりは追い込んでから考える投手が多いと思います。この前の佐々木君も、ツーストライクからはかなり三振を意識しているように見えました」(野田氏・以下同)

 プロ3年目の佐々木投手は、岩手の大船渡高時代に160キロを記録。高校最後の夏には岩手大会の決勝戦、花巻東高との試合で登板を回避したことも話題になった。2019年のドラフト会議で4球団の競合の末に千葉ロッテに入団した。

■「佐々木君に僕の記録は抜かれますよ」

 3年目の佐々木投手について、野田氏は最近も自身の三振記録を抜くかもしれないという予感を感じていた。

「去年の秋頃から、佐々木君にまったくタイミングが合わずに三振するバッターが増えていたんです。完全試合の時も、芯で捉えた打球がほとんどなかったですよね。打ちに行ってもファール、見逃したフォークもストライクという手も足も出ない状態でした。それで今シーズン開幕後に仕事の関係者と雑談している時に、解説の『佐々木君に僕の記録は抜かれますよ』と話したんです」

 佐々木投手が奪った19個の三振のうち、15個はフォークが決め球だった。その特徴について、野田氏は「高速チェンジアップに近い」と分析する。

「佐々木君のフォークは落ち方もすごいですが、一番は速度の落差でしょう。ストレートが164キロで、フォークが140キロ台後半、しかも腕の振りが強いので、バッターはストレートだと思ったらボールがまだ来ていない、という状態なのだと思います。球の変化には限界があって、どんなに落ちると言っても1メートル以上落ちるわけではない。でも速度の落差は、マウンドからホームまでの18.44メートルの中で、2メートルくらいはバッターの目測を誤らせることができる。つまり速いチェンジアップになっているんです」

 故・野村克也氏が「おばけフォーク」と呼んだ野田氏を含め、日本球界には大谷翔平、千賀滉大、佐々木主浩、野茂英雄ら多くのフォークの名手がいる。その中で佐々木投手のフォークにはどんな特徴があるのだろうか。

「フォークの落差そのもので言えば、現状で言えば佐々木主浩さんや野茂英雄さんの方が大きいと思います。ただ佐々木君は160キロを超えるストレートがあって、それがフォークボールの効果をより大きくしている。あれだけ速かったら、多少ボール球でも打者は手を出してしまいますよね」

 佐々木投手が19奪三振を記録したのは、奇しくも27年前の1995年4月21日に野田氏が19奪三振を記録したのと同じ4月のZOZOマリンスタジアムだった(当時は千葉マリンスタジアム)。千葉マリンの浜風は有名だが、マウンドではどんな影響があるのだろう。

「マリンの風は本当に強くて、試合が中止になることもあるほど。基本的にはセンター方向から海風が吹くんですが、その風がバックネットのスタンドに跳ね返るので、ピッチャーにとっては実は向かい風なんです。影響としては、ストレートの球速が落ちる代わりに、変化球が空気抵抗でよく曲がったり落ちたりしやすくなります。クセはありますが、慣れれば武器にもなる風ですね」

■「佐々木君の試合では4メートルくらいだったので」

 野田氏が記録を達成した日も強風が吹いていた。

「僕が19三振を記録した日は風速8メートルでした。試合前から『今日の風はつよいぞ』って言われていましたが、普通にフォークを投げると落ち過ぎてバッターの前でワンバンになってしまうほど。僕も投げにくかったけど、バッターはもっと打ちづらかったでしょうね。ただ佐々木君の試合では風速が4メートルくらいだったので、スタジアムの影響というよりはやはり実力でしょう。向かい風で164キロを投げるのも信じられません」

 6回を終わって6点差があった佐々木投手とは違い、野田氏の場合は8回まで1点差リードが続く接戦だった。

「3回を終わって8奪三振で、そのくらいから三振を数え始めたと思います。7回で当時の日本記録だった17奪三振に並び、8回1アウトで18個目の三振を獲ったところまでは覚えています。ただ9回裏に同点に追いつかれてしまい、19個目の三振はサヨナラ負けの瀬戸際のツーアウト満塁。三振よりも点を取られなかったことにほっとしましたね」

 当時の新記録を打ち立てた野田氏は9回で降板し、チームは延長10回にサヨナラ負け。野田氏には、今も心残りが1つあるという。

「実は19奪三振の記念球がないんですよ(笑)。今ならあとでベンチに届けられるんでしょうけど、当時は今ほど『記念球』を大事にする感覚がなかったのだと思います。それでも日本新記録を達成したということでその日の夜にニュース番組のオファーはあったんですけど、負け試合で三振記録を作っても格好がつかないなと思って断りました。完全試合をした佐々木君は本当にすごいです」

■「2つの球種だけでも超一流。ここに…」

 不滅の記録と思われた野田氏の1試合19奪三振記録に、27年の時を超えて並んだ佐々木投手。野田氏は、佐々木投手の今後に期待を隠さない。

「佐々木君は速球投手ですが、大谷投手と比べてもコントロールがいい。ストレートとフォークのキレは相当なもので、この2つの球種だけでもすでに超一流です。ここに時々投げているカーブが増えればさらに緩急がついて、メジャーでも十分に通用するスタイルに変わってくるでしょう。ただ次の登板は、注目度が上がりすぎて意識しまって投げにくいかもしれません。僕は19奪三振の次の試合の時は本当に調子が悪くて、降雨でノーゲームになって大喜びしたのを覚えていますから(笑)。まだ20歳、焦らずいけば史上最高のピッチャーになれる素質は持っていると思います」

 野田氏は佐々木投手の試合を解説する日がくるのを心待ちにしている。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)