「あの問題がそのまま出ている!」なぜ流出するはずのない“医学部入試問題”は塀の外に持ち出されてしまったのか?

「あの問題がそのまま出ている!」なぜ流出するはずのない“医学部入試問題”は塀の外に持ち出されてしまったのか?

©iStock.com

「伝令です。すぐ向かって下さい!」刑務官が遭遇した世紀の“大阪刑務所医学部入試問題流出事件”とは? から続く

 そしてついに盗みの犯行は実行された。最初に入試問題が持ち出されたのは、昭和43年1月、厳封された大阪大学と大阪市立大学の入試問題が、Bから、最終的にAに渡った。

 Aが出所して実に5年あまりが経過している。面会と手紙の暗号を通して周到な準備がこの間、なされたのである。盗み出せ! という決行をうながす暗号は「そろそろガス工事にかかりたいんやが」というものであった。

■「あの問題がそのまま出ている!」

 Aは一方で盗んだ入試問題を販売するグループを組織していた。接骨医や医療器具販売者、病院事務局長などを取り込んで7人の勧誘メンバーを作ったのである。

 入試問題の相場をひとり800万円から1200万円で設定し、彼らを受験生を子どもに持つ医者、会社経営者などに接近、勧誘させた。そして抜け目なく同時に解答グループも手配した。これは盗んだ入試問題の正解を作成するチームで主に予備校講師や現役大学生によって構成された。

 解答が出来あがると、勧誘グループは受験生たちを「直前強化」としてホテルや旅館に試験前日まで缶詰にし、問題とこの解答を徹底的に暗記させた。この合宿費用もまた30万〜50万円に設定してさらに徴収した。実はこの段階でほとんどの受験生たちは親から、何も知らされておらず、皆、試験本番で「あの問題がそのまま出ている!」と驚嘆するのである。

 勧誘グループは保護者の資産状態を徹底的に調べており、それによって金額に幅を持たせた。暗記が出来ずに不合格になった受験生も2割ほどいたが、「今年は残念でしたが、実際に同じ問題だったでしょう? 来年もありますから、そのときは半額で良いですよ」とつなぎとめて2年続けての上客にしていた。

 盗む段取りから、解答の手配、一夜漬けの暗記とは言え、学習させる環境の提供まで緻密に計画されたこの犯罪は、学歴社会の潜在的な需要に支えられて成功する。膨大なカネが動き、昭和43年から3年に渡って行われたのである。

■市の教育委員長も購入、知人の医師にも仲介…

 不正受験者の数は年々増え、昭和43年は阪大医学部の不正受験者数2人(合格者1)、同じく阪大法学部の不正受験者数1人(合格者ゼロ)、昭和44年は阪大医学部8人(合格者7人)、同法学部2人(合格者1人)、大阪市立大医学部6人(合格者6人)、同商学部1人(合格者1人)、同工学部1人(合格者ゼロ)、昭和45年は阪大医学部10人(合格者ゼロ)、同歯学部4人(合格者1人)、同薬学部1人(合格者ゼロ)。

 合計36人が受験し、17人が合格している。これにより2億3000万円が動いた。殺されたAが取得したのは、このうちの1億4389万円で、残りを盗み出した実行犯と勧誘グループで山分けしたと言われている。大卒の初任給が約3万1000円の時代である。笑いが止まらなかったであろう。

 高級外車を乗り換え、愛人を囲い、毎夜の豪遊を繰り返した背景には、歪んだ日本の偏差値教育と受験生の親たちのモラルの低さがあった。教育者として公職にある箕面市の教育委員長までが、息子に買い与え、成功すると知人の医師に仲介していたことが判明した。

 坂本は述懐する。

「昭和45年の合格率が低いのは5教科の内、3教科しか盗み出せなかったからですよ。そこで翌年は完璧を期そうとした結果、私たち警備隊が深夜にたたき起こされた昭和46年1月15日の決行に至ったわけです」

 塀にかけられていた梯子が発見され、「すわ! 脱獄か?」と大騒ぎになったあの日にはいったい何が起こっていたのか。

 印刷工場で試験問題を盗み出す当初の実行犯であったBが出所することになり、その後をEという46工場の製本受刑者が引き継ぐのであるが、このEも44年に出所となってしまった。

「所内で盗む人間がいなくなってしまったので、BとEは外部からの侵入を考えたのです。後から分かったのですが、1月15日の未明に私たちが招集をかけられたときには、Bがあの梯子から所内に侵入していたのです」(坂本氏)

 Bは塀から約10メートル東の印刷工場の屋根によじ登り、クリッパーで天窓の横板を器用にはがし、そこから印刷工場に忍び込んだ。

 入試問題を盗み、午前4時頃に天窓から洩れる月明りにすかしてそれが大阪大学医学部のものであることを確認すると、入って来た経路で、工場から抜け出し、近くにあった肥料を作るために備蓄してある乾燥雑草の山の中に潜り込んだ。まさに坂本たちが、必死に所内で脱走者はいないかと血眼になって捜査をしていたときである。

 脱走者がいないと分かり、捜査の輪が解けたあとも、Bはこの雑草の山の中に一昼夜、飲まず食わずで潜り込んでいた。そして祝日が明けた1月16日の午前3時にかねてより示し合わせていたAとEが再び塀の外からロープをたらすのを待ち、それをよじ登って脱出したのである。

■「坂本は今、こう回顧する」

 Bの侵入時に血眼になって所内を捜査していた坂本は今、こう回顧する。

「実際に刑務所側は、侵入潜伏の疑いも持っていたので夜を徹して調べたのですが、20時間以上も身じろぎもせずに雑草の山の中に隠れていたBを発見することは出来ませんでした。

 そして事件の大きな盲点は厳重に管理されている試験問題がまさかターゲットにされているとは、思わなかったことです。それで捜査の手を緩めてしまったのです。3年前からすでに盗まれ続けていたのに刑務所側はそれに気が付かなかった。

 45年の盗み出しでは、全科目の窃取ができなかったので、試験問題を購入した医学部受験生全員が不合格になりました。不合格者の親からの補償の要求もあり、翌46年は『全教科を必ず盗め!』と厳命されて盗み出したのです。

 しかしAが殺され、入試問題の売り込みは終わり、BやEの仮釈放は取り消され刑務所に再収監され、刑務官も逮捕されました。Aの殺害は結局迷宮入りしましたが、やはり莫大な報酬の分け前を巡るトラブルによるものと警察も見ていました」

 外部への運び屋をやっていたとされるCとDも逮捕されたが、それは贈収賄という罪状だった。Aに酒色の接待を受けて便宜を図っていたことに対する罪である。

■盗まれた入試問題の行方

 当時の報道を見ると、不審な点が残る。昭和46年3月6日の読売新聞は、Aが殺されていた事件にからんで、捜査本部が国立大の入試問題が、大阪刑務所から受刑者によって外部に流れたことをつきとめ、BとEを自供させたと伝えている。

 しかし、その供述内容は「大阪刑務所に服役中、印刷工場から国、公立の入試問題を盗み出し、バレーボールにつめて所外のAに渡したほか、コンクリート塀を乗り越え、入試問題を保管している倉庫から問題用紙を盗んだ」というものであった。

 BやEが仮出所して外から侵入する以前、どのように盗んだ試験問題を外に運んだのか? それをマスコミは一貫して「バレーボールに穴を空けてその中に用紙を折りたたんで詰めて、運動の時間に塀の外にミスを装って飛ばした」と報じているのである。

 これを坂本は全否定する。

「運動時間は40分。例えばそのときに何かが塀の外に出るのは、ソフトボールでバッターが打ったファウルボールだけです。しかし、ソフトボールに入試問題は入れられない。だから公式発表はバレーボールにしたのでしょうが、バレーは受刑者に人気が無くて天気の良い日に数人が輪になって軽くパスし合う程度だから、高さ5.5メートルの塀の外に出すことはありえません。

 そもそも紙を詰めたバレーボールは空気が抜けている上に重くなっているので、打ち出すのは難しい。そして監視の目が厳重なのです。運動場には立ち会っている2名の刑務官と塀の上にある見張台で勤務する刑務官の監視の目があります。受刑者が塀から1メートルの範囲に立ち入るだけでも、注意を受けます。

 また、50名余りいる他の工場就業受刑者にも気付かれずにボールを塀の外に投げ出すことは不可能に近いですし、塀の外にも看守がいるんですよ。実は入試問題印刷中に限り、印刷工場の運動時間中は塀の外にも警備隊員1名を配置していたのです」(坂本氏)

 入試問題についてはかくも厳重な警備体制を敷いていたからこそ、まさかという死角になったのだが、それにしても調べれば疑念を抱きそうなバレーボールによる運び出し説がなぜ流通してしまったのか。

「塀の外から中へ投げ入れられた例はいくつもあるんです。未明から早朝にかけて、コンクリートの塊が投げ込まれていて、それにはタバコ、マッチ、チョコレート、あるいは、ウイスキーなどの酒の小瓶、金切りノコギリの刃が仕込まれていたこともあった。しかし、それらはすべて没収されました。

 また、釈放者が塀を乗り越えて、工場に禁制品を置きに来たところを現行犯逮捕したこともありました。しかし、受刑者によって中から外に放るのはありえない。入試問題として最終的に製品ができあがるのは46工場なんですが、46工場の運動時間って毎日違うんですよ。で、外から合図があるにしても中のやつがボールを放り投げて外で受けるなんてありえない。

 答えは一つです。刑務官が絡んでいなければ成立しない犯罪でした。しかし、刑務所はこの件では全面的に大阪府警に協力した。私も徹底的に調べ上げて資料を提出しました。だから、内部の人間の関与は告発されずに、バレーボールにして手打ちにしたのでしょう」(坂本氏)

 いまとなっては真相は分からない。そして最後に当時の刑務官として坂本はこんなことを言った。

■批判の矢面に立った刑務所長の背中

「私のような立場の人間からすると、大きな変化がありました。前の年の金嬉老事件、そしてこの年の大阪刑務所の入学試験漏えい事件。この2つの事件の結果、刑務官の待遇が大きく改善されたのです。

 ずさんな刑務所管理と叩かれたのですが、それは限界でした。人手は足りない、勤務時間は長い。当時、事務官の勤務時間は週44時間なのに塀の中の刑務官は53時間でした。まだテレビカメラもない時代ですから、見張り台にも人を立てて、一晩69人ぐらいで3000人近い受刑者を見ていました。

 夜の10時から朝の5時まで1時間おきに見回る。その夜勤を10回やらないと休みがもらえなかった。江村所長は試験問題の件で世論から攻撃されながらも、『それには看守の劣悪な労働環境もある、理解してほしい』というようなことを言ってくれて改善に繋げてくれたのです」(坂本氏)

 その事実は決して軽くはないだろう。過酷な労働に耐え、看守を公僕として務めあげた彼ならではの実感だった。

(木村 元彦)

関連記事(外部サイト)