「伝令です。すぐ向かって下さい!」刑務官が遭遇した世紀の“大阪刑務所医学部入試問題流出事件”とは?

「伝令です。すぐ向かって下さい!」刑務官が遭遇した世紀の“大阪刑務所医学部入試問題流出事件”とは?

©iStock.com

 19歳で亡父のあとを継いで刑務官になった坂本敏夫は、大阪刑務所着任4年目を迎えた昭和45年(1970年)の秋に中間幹部養成の研修に入った。

 場所は谷町四丁目の合同庁舎である。坂本は11月25日の昼食時にここの食堂のテレビで三島由紀夫の割腹自殺の一報に触れたことを強烈に記憶している。

 無事に12月に研修を卒業すると警備隊に配属された。これで看守部長への道が開け、あとは現場の実績を積み高等科の研修を受ければ、所長まで行けるのだ。

■「伝令です。4区に向かって下さい」

 事件は年が明けた昭和46年(1971年)1月15日に起きた。午前2時過ぎ、刑務官官舎の玄関の戸が勢いよく叩かれた。眠っていた坂本は飛び起きて灯りを点けた。

 戸を開けるよりも早く、「保安本部の伝令です。4区に向かって下さい」と屋外から声が掛けられた。警備隊長以下警備隊員13名に非常登庁命令が伝えられたのである。

「了解しました」と返答した坂本は警備服を着用し登庁、警備隊室で帯革に手錠と警棒を装着し懐中電灯を所持して指示された刑務所の4区に走った。

 4区で何が起こっていたのか? 高さが5.5mあるこの地区の西側外塀に大きな梯子が架けられているのを、同日深夜0時過ぎに近郊を流していたタクシーの運転手が発見したのである。運転手が所轄の堺北警察署に通報したことで、刑務所に緊急事態が告げられた。

 誰もが「逃走か!」と思った。塀の外側に靴底の擦過痕があるのを発見されたが、不思議に梯子が架けられた塀の内側にはその痕跡は無かった。そして坂本たち警備隊員が登庁した時には、既に1区〜4区、病棟全ての舎房の点検が行われ、2500名余の受刑者全員が一人残らずいることが確認されていた。

 逃走はなかった。ならば、侵入か……。所内に潜伏している可能性があるということで、警備隊員は捜査を命じられた。坂本たちは午前7時まで、400メートル四方の構内をくまなく点検する。工場はすべて巡回して侵入の痕跡がないか調べたが、異常なしだった。

 ただ1ヵ所、印刷工場だけは大学入試問題印刷中の間(12月から2月まで)、職員は立ち入り禁止になっていた。その出入り口には通常施錠のほか、鎖を掛け南京錠で二重の施錠がしてあり、工場の窓にはすべて鉄格子がはめられているので侵入は不可能なのだ。

 結局、異常はなかったということで、坂本たちの非常時任務は解除された。その後、外部からの侵入事件対策として夜勤者による深夜の巡回警備は強化されることになったが、刑務所は本件についてはこれ以上、捜査をせず一件落着となった。

 翌日は1月15日成人の日(当時)の祝日で、区別対抗のマラソン大会が行われる予定であった。塀の外周が約1,600mあり、それを折り返して競い合うという大行事もまた無事に遂行された。何とも不可解な梯子事件であった。しかし、やがてその全貌は全く無関係と思われた殺人事件を端緒に明らかになっていく。

■「車内の指紋がすべて拭き取られていたことから、プロの犯行であることは明らかだった」

 2週間後の1月30日明け方。大阪・西区の問屋街路上に停められた純白の高級外車サンダーバードの中で中年男性が胸をめった刺しにされて殺されているのが発見された。

 被害者は40歳の不動産会社社長Aという人物。遺体には首を絞められたあとがあり、また車には接触した痕跡があったことから、取引上の恨みで殺害されたのではないかと当時の新聞は、Aの犯罪歴が13回であったことと併記して推察している。

 司法解剖の結果、死亡推定時刻は前夜の午後8時頃。刺し傷に生体反応があったことから、死因は刺したあとに首を絞めた絞殺であること、そして大阪に10台しかないという豪華な外車の車内の指紋がすべて拭き取られていたことから、プロの犯行であることは明らかだった。

 殺人事件を担当する捜査一課は西署に本部を置いて、まず被害者であるAの身辺を洗った。

 昭和5年、東京荒川区生まれで母に連れられて5歳のときに大阪市西成に移住。少年期から単車泥棒などのしのぎを始め、昭和23年から37年までの間に、窃盗、暴行、恐喝などで11年6カ月を塀の中で過ごし、昭和37年12月に大阪刑務所を仮出所した。

 東大阪市内でプラチック加工業や洗車ブラシ製造業を営んでいたが長続きせず、昭和42年から約1年間で蕎麦屋を手掛けるもこれもまた決して順調ではなかった。

 ところが、昭和43年頃から、突然羽振りがよくなり、八尾市内の信用金庫に無造作にゴムバンドで紙幣を束ねた1500万円を預けたという証言が行員から出て来た。

 発見されたサンダーバードを乗り回し、愛人2人に月30万円をそれぞれ手渡し、ミナミや新地で毎晩のように豪遊していたことが分かった。なぜいきなり、こんなにカネ回りが良くなったのか? 不審に思った捜査本部は、カネの出どころをポイントに聞き込みや捜索を続けた。

■1枚の用紙からすべての謎が解ける

 事件から数週間後、Aの愛人宅から1枚の用紙が出て来たことですべての謎が解けた。

 それは試験問題だった。関西の国公立大学に照会したところ、昭和45年の大阪大学の医学部の入学試験だったことが判明した。Aは数年に渡り、難関医学部の受験生の親たちに高額で入試に出る問題を売りさばいたことで巨万の富を築いていたのだ。

 そして捜査員たちを驚愕させたのは、その用紙が、裁断すらされておらず、一見して印刷所から、直接持ち出したものであったことだった。大阪府警科学捜査研究所に鑑定に回すと、製本のあとが残っておらず、この仮説を裏付けた。

「入学試験を印刷しているのは、あそこしかない」

 事態は殺人からさらに広がった。捜査本部はAを殺した犯人もこの入試問題事件に連なる線にあるとして、知人関係に捜査の手を伸ばした。

 すると、Aは1月24日に刑務所時代の仲間を呼びつけ、「今年の国立大医学部の入試問題が手に入ることになった。かなり太いカネになるから、買うという客を探してくれ」と依頼をしていたことが分かった。そのときは前年(昭和44年)の成功事例まであげて説明する熱の入れようだったという。

 やがて、塀の内と外で連携する数名の犯罪グループの存在が浮かび上がってきた。つまり、数年に渡って大阪刑務所で印刷されていた大学入試問題が何らかのかたちで持ち出され、組織的に販売がなされていたことが、露見したのだ。前代未聞の不祥事であった。

 そもそも入試問題が市中の印刷所ではなく、刑務所内で刷られるのは、外部に漏れるのを防ぐためであり、最も安全に管理されていると言われていた場所から、入試問題が何年も盗まれ続けていた事実は大学関係者をはじめとして社会に大きな衝撃を与えた。

■取材攻勢に、刑務所長は…

 3月初旬、坂本は新聞社のヘリコプターが刑務所上空を旋回する音を聞いていた。

「私たち現場の刑務官は何も知らされていなかったので驚きました。マスコミが何を取材しようとしていたのを知ったのかは、新聞やテレビの報道からでしたよ」(坂本氏)

 絶対に持ち出し不可能と思われていた刑務所内の印刷工場からどのような手段で試験問題は外に運ばれたのか?

 マスコミからの取材攻勢に大阪刑務所長・江村儀一郎(当時57歳)は、直ちに所長指示を発していた。それは主に以下の3点だった。

〈「マスコミ対応の窓口は総務部長に一本化し、職員が記者の取材を受けた時は、『直接刑務所に行って聞いて下さい』とだけ返答すること」

「直撃をされたときは、いつどこで誰に何を訊かれたかを文書で報告すること」

「警察の捜査には全面的に協力することとし、さらに管理部長以下が指名した職員によって刑務所としても事件の真相究明に当たること」〉

 3番目は自らの責任を痛感した江村が主体的に自浄しようという決意から出したものであった。

 大阪府警の捜査官が現地調査に入り、職員の事情聴取も行われる中、坂本は捜査協力をするようにとの特命を受けた。

「それで私は過去5年分の職員の出勤簿、超過勤務命令簿、勤務表、大学入試問題印刷期間中の所長指示、工場日誌などの大量の冊子や文書を、保安本部、文書倉庫、第4区の事務所から収集し、整理しました。

 当時は複写するのは、青焼きしか無かったのですが、この作業のために大阪刑務所はわざわざ発売になったばかりのコピー機を買ったのですよ。感熱紙で取るタイプですが、私はそれを徹底的に利用して洗い出しました。

 印刷工場に入るのには所長でさえも制限がかかりますし、入試問題を刷るときは、担当は助勤も含めて子どもや親戚に受験生がいないかどうか、確認までします。受刑者に至っては裸にして調べられますから、いったいどうしてそんなことが起きたのか、必死に調査しました」(坂本氏)

 坂本は、警察から不正入試事件の容疑者として名前が上がった受刑者の身分帳簿、面会、手紙の発受の記録、診療記録を精査し、殺された主犯のAとの接点を取りまとめた。

 大阪府警捜査本部の割り出したところでは、強盗殺人の罪を犯して入所していたBという男の名前が上がって来ていた。果たしてBは模範囚ということで昭和44年9月に仮出所していたが、その前はまさに印刷工場のある第4区に入れられていた無期懲役囚であった。出所後の雇用要請も印刷工として出していた。

■2人の“接点”は意外なところにあった

 Aは累犯で第3区に収容していた受刑者だった。第4区は初犯の長期刑を400名余り収容しているが、そことの接点は、ほとんど無い。Bとの絡みはいつどこで生まれたのか。

 考えられるのは、ケガや病気の治療で入る病棟だけだった。坂本が受刑者の身分帳の収容舎房の記録(舎房を移動する都度、舎房名と居室番号が記載される)を照らし合わせたところ、ビンゴだった。AとBの入房が昭和37年の記録で符合した。2人は病棟の雑居房で同室になっていたのだ。

 昭和46年3月6日の読売新聞は「刑務所印刷工場から盗む」「大学入試問題42年から3回」という見出しを立ててこう報じている。

〈 自供によると、Bは大阪刑務所に服役中のさる三十七年十一月、盲腸で同刑務所内の病舎に入ったとき、目を悪くして同じ病舎にいたAから、「オレは来月十九日に仮出所できる。お前は印刷工で大学受験問題の用紙を印刷しているので盗み出してほしい」と持ちかけられた。その場では断ったが、Aが出所後、何回も面会に来て強要し、盗み出す方法は手紙で暗号によって知らせると何度も頼まれた。〉

 病棟で計画が練られたことをBは自白している。やがて3年に渡って継続された不正入試事件のその全貌を坂本はこう語る。

「先に出所したAが真っ先に行ったのは、刑務所の分類審議室の保護担当刑務官を篭絡することでした。保護担当は受刑者と家族、あるいは引受人との連絡調整を行うセクションで、工場への出入りも自由で仮釈放の上申事務を担当する保護観察所とのパイプ役も担うのです。いわば塀の外と中を繋ぐ上で最も重要なポジションです。

 AとBは入試問題を盗み出す上で頻繁に連絡を取り合う必要がありました。そのためにはAがBの引受人にならないといけなかった。引受人になれば、面会や手紙のやりとりが自由になるのですが、前科がいくつもある出所者が無期懲役囚の引受人になることは不可能でした。

 そこでAが目をつけたのが分類の保護担当で、そこにCという看守部長がいました。彼は私が見ても制服もヨレヨレでどこか隙があった。出所したAは、言葉巧みにCを取り込みました。キタやミナミのキャバレーなどで接待漬けにして、自分をBの引受人に登録するように便宜を図らせたのです」

 この篭絡は成功し、CはAに偽名を用いさせて会社経営者とした上で保護観察所にもBの引受人として認めさせたのである。これでAは印刷工場で働くBとの面会が可能になり、2人は、あらかじめ示し合わせていた暗号、符牒を使って犯行に向けての打ち合わせをしたのである。

■続々“狙われて”いく看守

 試験問題を盗み出すためには、現場での窃盗作業のために印刷工場の看守を取り込む必要があった。入試問題の印刷作業が始まると、所長の巡回さえ規制されるエリアである。

 印刷工場は二つ、活版・活組、第4区では、製本作業をする45工場と、印刷機が並ぶ46工場で、この二つの工場の交代勤務担当を担当しているDという鹿児島県出身の若い看守が狙われた。坂本はこのDのことをよく覚えている。

「大人しくて、どちらかと言えば、いつも1人で孤独をかこっているようなタイプでした。45と46の工場担当(担当、副担当、交代担当)で交代職員を見渡したときに、あいつは親しい友人もいなくて、無口で口も堅そうだということで接近したのだと思います」(坂本氏)

 Bから、Dが適任だという連絡を受けたAは、看守部長のCにDを誘わせ、酒宴等の接待を繰り返した。これは完全な服務違反であり、刑務所の知るところとなれば懲戒処分になる行為である。

 坂本は言う。

「職員を酒と女で懐柔し、バレれば役人をクビになるような弱みを握ってしまえば、運び屋ぐらいは断り切れずに承諾するというようなことを、長い懲役生活で様々な事例を見てきたAはその経験から知っていたのですね」

「あの問題がそのまま出ている!」なぜ流出するはずのない“医学部入試問題”は塀の外に持ち出されてしまったのか? へ続く

(木村 元彦)

関連記事(外部サイト)