「竹下の機嫌がよくなかった。理由はこんなことが考えられます」全日本女子バレーを“腹の探り合い”から脱却させた〈データバレー〉の衝撃

「竹下の機嫌がよくなかった。理由はこんなことが考えられます」全日本女子バレーを“腹の探り合い”から脱却させた〈データバレー〉の衝撃

ロンドン五輪時で選手たちを率いた眞鍋政義監督 ©JMPA

「臭くないか」「部屋の明るさは大丈夫か」全日本女子バレー監督は“日本だけがノンプロ”という〈意識の低さ〉をいかに変えたか から続く

 2012年のロンドン五輪で銅メダルに輝いた女子バレーボール日本代表。その監督を務めた眞鍋政義氏(58)が、2016年以来、5年ぶりに日本代表監督に復帰することが決まった。2012年10月22日、眞鍋氏はオンライン会見でこう述べた。

「東京オリンピックで10位という成績にかなりの危機感を抱いている。もし(2024年の)パリ大会に出場できなかったら、バレーボールがマイナーなスポーツになる“緊急事態”であるということで手を挙げさせていただいた」

 女子バレーは2021年の東京五輪で、“初の五輪女性監督”中田久美氏(56)が指揮を執ったが、結果は25年ぶりの予選ラウンド敗退。1勝4敗で全12チーム中、10位に終わった。

 正式種目となった1964年の東京五輪で、記念すべき最初の金メダルに輝き、「東洋の魔女」と呼ばれた日本女子バレー。だが、その道のりは平坦ではなかった。半世紀に及ぶ女子バレーの激闘の歴史を、歴代選手や監督の肉声をもとに描いたスポーツノンフィクション『日の丸女子バレー』(吉井妙子著・2013年刊)を順次公開する。(全42回の40回。肩書、年齢等は発売当時のまま)

◆◆◆

■「僕はカリスマにはなれない」

 眞鍋は、選手だけでなくコーチにも自立を求めた。これまでの全日本では、コーチは監督の補助的存在だった。しかし、戦術・戦略、ブロック、ディフェンス、サーブコーチを分業制にしてそれぞれに任せ、責任を持たせることにしたのである。ディフェンスコーチに安保澄、ブロックコーチに大久保茂和、戦術・戦略コーチは川北元、サーブコーチに山口祐之、トレーナーに若宮啓司、甲谷洋祐、アナリストが渡辺啓太、そしてマネージャーに宮崎さとみを抜擢した。

「女子バレーは長く、カリスマといわれる監督の下でやってきましたけど、僕はカリスマにはなれない。優秀なコーチ陣の力を借りなければチームを強く出来ませんから」

 コーチを評価することで彼らにも責任が生まれ、やり甲斐に結びつく。監督が全権を握ってしまうと、選手はコーチを無視し、監督の顔色を窺(うかが)うことになってしまいかねない。そうなると、監督や選手と、コーチ陣の間に温度差が生まれる。チーム全員が同じ温度でいないと、世界に勝てないと眞鍋は思った。

 コーチの分業制を敷いたことによって、選手の行動も明確になった。自分はレシーブが下手だと思えばディフェンスコーチに、ブロックが上手くなりたいと思えばブロックコーチに相談すればいいからだ。1人で悶々とすることから解放されたのである。

 コーチ陣はそれぞれ担当が違うものの、1日の終わりに軽く酒を入れながら選手のコンディションの情報の共有化をここでも図った。それぞれが選手の個人練習に付き合い、自分の仕事をこなしてから三々五々リビングに集まるため、全員が顔を揃えるのは夜10時から11時ぐらいになる。

「今日は木村のサーブがよくなかった。理由はこうだと思います」

「竹下の機嫌がよくなかった。理由はこんなことが考えられます」

「大友の動きにキレが無かった。疲れが少し溜まってきているんじゃないでしょうか」

 コーチ陣はその日接した選手のコンディションを報告し合いながらその打開策を考え、最後に眞鍋が指示を出す。

「じゃあ、明日こうしてみよう」

■「誰それはこう言っているけど、本音はどうなんだろう」

 眞鍋がニヤニヤしながら言う。

「選手にはそれぞれ担当コーチがいるので、たとえば、竹下の機嫌が悪いと報告があれば、川北に心のキーを持ってフォローに行かせる。川北が『ダメでした』となれば、『じゃあ、安保、お前が行け』。安保が『僕も無理でした』となれば、じゃあ、やっぱり僕が行くかって。僕は一応、選手とは長いこと会話を重ねてきたので、全員の心のマスターキーを持っていますから、僕がガチャンと開ける。でも、オリンピック直前の頃にはその必要もなくなりましたけど」

 眞鍋がコーチそれぞれに選手の心のキーを預けたことによって、コーチ陣と選手の間の溝が消えた。眞鍋らスタッフ陣が、選手らに気づかれることなく、彼女たちの心のひだに分け入るまで綿密にサポートし続けたのには理由がある。眞鍋が言う。

「試合だけでなく、日々の練習から最高のコンディションとモチベーションで取り組んでほしいからです。気持ちも身体もいい状態でないと技術は高まらない。身体に劣る日本が世界に勝つには、1日たりとも無駄な時間を過ごすことは出来ないんですよ」

 競技を問わず、日の丸を背負った団体競技のチーム作りは難しい。選手にはそれぞれ所属チームがあり、代表はそれぞれのエース級が集まった即席チームである。そこで「チームのため」という号令のもと、個々が磨き上げてきた技術や個性、あるいは経験から培った矜持をも封じこめなければならないことが起こる。選手個々の何がしかの犠牲を伴うことが、日本代表の「チーム力」の側面でもあった。かつての女子バレーでも、練習のやり方一つとっても、所属チームの流儀を通そうとしてギクシャクした場面が何度もあった。

 眞鍋のアプローチはまったく逆だった。選手の個性を伸ばし、さらに殻を外し続けた。大友が言う。

「以前は、ナショナルチームというのはこういうものだという一つのフレームがあって、そこにみんながはまろうとしていた。でも眞鍋さんは、みんなが自分に対してもっと積極的に追求していいんだという考え方だったし、むしろ自分を出すことを要求された」

 選手が個性を発揮することによってほかの選手と生まれる摩擦を、コーチ陣は日々観察し、ミーティングで報告し合いながら、問題になる前にその芽を摘み取っていった。

 長年、全日本でトスを上げ続けてきた竹下は、このチームにはストレスがなかったと断言した。

「誰それはこう言っているけど、本音はどうなんだろうと、腹の探り合いをする必要がなかった。だから、無駄なエネルギーを使う必要がないし、若い選手たちも伸び伸びと練習だけに集中できたんだと思います」

■当初、選手たちは数値化されることを嫌がっていた

 眞鍋ジャパンが力をつけたのは、データ班の活躍も見逃せない。

 10年の世界選手権で、iPadを片手に選手に指示を送る眞鍋の姿が全国に知れ渡った。
 それまでコートサイドから大声を上げて檄を飛ばす歴代の監督の姿を見慣れてきた多くのファンに、この姿は新鮮な驚きだった。

 試合中、アナリストによって分析されたデータはオンタイムで眞鍋のiPadに送られ、様々な観点からそれをチェックすることが出来る。たとえば、あるチームのスパイクはどこに向かって打たれることが多いのか、あるいはどこにサーブを打ったら崩れやすいか、このフォーメーションではブロックはどこにつく傾向があるかなど、試合中に瞬時に解析されるため、すぐさま軌道修正が出来るのだ。

 また、日本選手では誰のレシーブが悪いとか、スパイク決定率が悪くなっているとか、以前は、「何となく」調子が悪いなと感じていたものが即座に数字として表示され、しかもあらかじめ設定した数字より悪くなると赤く染められて眞鍋の手元に届き、選手交代もやりやすい。

 試合に没頭すると、選手や監督は興奮状態になり、判断が後手に回ってしまう。それまで感覚に頼っていた戦術を、数字が冷徹に示すようになったのだ。

 長年全日本を背負ってきた竹下が、しみじみという。

「私が全日本のコートに立ったばかりの頃のデータって、手書きだったんです。紙にコートを書いて何番はどこで何番はどこというポジションを記し、サーブレシーブのシフトを考えることから始まって、数年前は、アナリストが試合中に取ったデータがプリントアウトされ、セットが終わるごとに渡されていたんです。それが今や、誰が何を打って、こんなミスをしたというものが、試合中にリアルに解析されるので、監督はそれに基づいた指示を出してくれるし、私もタイムアウトのときに監督のiPadを見て新たなトス回しを考えられるようになった」

 当初、自分のパフォーマンスを数値化されることを嫌がっていた選手たちはデータの有効性に気がつき、自分のプレイの向上に、積極的に活用するようになった。眞鍋がにんまりする。

「世界選手権のあとぐらいから、僕より選手の方が活用するようになったんじゃないですか。世界選手権で結果が出たので、信憑性が増したのかも知れない」

■対戦相手を“丸裸”にするデータバレー

 選手は試合や練習のあと、部屋に戻ると即座にアナリストの渡辺にリクエストを出す。たとえば、その試合の自分だけのサーブが見たい、自分のスパイクでブロックに捕まった部分をチェックしたい、あるいは、相手の何番のスパイクを知りたいなど、どんなリクエストを出しても渡辺から自分のパソコンにデータが瞬時に送られてくるのだ。竹下が言う。

「北京五輪の頃まで、この場面だけの映像が見たいとリクエストを出すと、アナリストがビデオを巻き戻し、シーンを?ぎ合わせながら編集していたんですけど、今は渡辺さんが選手のリクエストに応えてパソコンをポンと押すと、選手のパソコンにすぐに送られる。だから私たち選手は、より一層バレーに打ち込めるようになった」

 アナリストはバレーに関することならすべて解析し、データにする。対戦相手の戦術を丸裸にし、選手個々の癖まで見抜くのは朝飯前。ロンドン五輪で日本は、サーブ決定率はトップだったが、それもアナリストらスタッフ陣の力が大きい。

 すべては北京五輪がきっかけだった。解説席に座った眞鍋は、日本がサーブに戸惑っているのを見逃さなかった。北京五輪から国際バレーボール連盟は公式球をミカサに変更。大きな空気抵抗を受けるサーブは、ボールの表面が微妙に変わっただけで軌道が変化する。眞鍋はボールの解析をする必要があると踏んだ。

 眞鍋らはメーカーや大学の協力を得て公式球の分析を試みた。すると、それまで「18面」のパネルを組み合わせて作っていたものが「8面」に減り、縫い目が少なくなったせいで軌道が変わってしまうことが分かった。

 さらに、このボールの特性は、時速50〜70キロでサーブすると、落下するときに最も変化しやすく、しかも無回転で打った場合、予想がつかない揺れが起き変化が大きいことを弾き出した。野球で言うならナックルボールの特性に近い。

 それだけではない。ボールは青と黄色の面で縫い合わされているが、相手のコートに落ちるとき、黄色の面がレシーバーの目に入るように打つと、相手を焦らせる心理効果があることが分かった。選手たちが威力あるジャンプサーブから、ジャンプフローターサーブに切り替えたのは、スピードの特性を生かし、黄色い面を相手に向けるための作戦でもあった。

(吉井 妙子/文藝春秋)

関連記事(外部サイト)