ステージ3のがんに大量の血を流しながらの試合…競技人口3億人の頂点に2度立った日本人初&世界初の女性王者が“越えてきたもの”

ステージ3のがんに大量の血を流しながらの試合…競技人口3億人の頂点に2度立った日本人初&世界初の女性王者が“越えてきたもの”

バックギャモンのボード。大枠は“すごろく”と同じルール ©文藝春秋 撮影/山元茂樹

 女性としてはじめて、2度のバックギャモン世界王者に輝いた矢澤亜希子さん。世界で3億人の競技人口を誇るボードゲームにおいて、女性のプロ選手も彼女が初。それも、1度目の世界王者戦はステージ3の子宮体がんの治療中で、抗がん剤を打ちながらサイコロを振って勝利を手にした「不屈の人」である。

 それまでゲームに触れたこともなかった彼女が、世界的ボードゲームのトップに君臨できたのはなぜか。著書『がんとバックギャモン』(マイナビ新書)を道しるべに、話を聞いた。

◆◆◆

矢澤亜希子さん(以降、矢澤)  (バックギャモンのボードを手早く広げながら)バックギャモンというゲームに馴染みがない人もいるかもしれません。

 大枠は“すごろく”と同じで、サイコロを振って駒を進めていくゲームです。ただ、15個のコマを使うバックギャモンの場合、相手の進路を邪魔したりコマを戻したりすることが出来るので、どんな目が出たとしても自分自身の選択でゲームチェンジできる可能性がある。運と技術が強烈に絡みあったゲームですね。

 たとえば、競技で使うこのサイコロは「プレシジョンダイス」といって、全部の“目”の部分が本体と同じ質量で埋めてあるんですよ。

――あ、本当ですね。特別なサイコロなんですか。

矢澤 普通のサイコロだと彫っている穴が多くて軽い“6”の目が出やすいんですが、プレシジョンダイスはどの目も均等に出るよう、偏りをなくしているんです。サイコロの確率論をいかすために偏りをなくした特別なサイコロ、ということですね。

■エジプトの海辺で初めて見たゲーム「あれはなんだろう」

――目の出やすさという数%の違いが、競技では勝負に関わってくるんですね。日本には馴染みのない人も少なくないと思いますが、矢澤さんはバックギャモンに出会った時にピンときた感じですか。

矢澤 いえ、むしろまったく興味はなかったんです。

 はじめてバックギャモンを見たのは大学生の時に行ったエジプトの海辺でした。波待ち中にゲームをしている人たちの姿を見て、「あれはなんだろう」という感じで。

――興味が薄かったところから、なぜプレイヤーになったのでしょうか。

矢澤 小さい頃から、自分は興味の幅が狭いタイプだと自覚していました。アイスのチョコ味がおいしいとわかれば、チョコアイスしか食べない。他の味を試して失敗するのが嫌でした。

 そんな自分なので、広く浅くいろんな世界を見ておくために、中学の時から毎年10個、新しいことにチャレンジすることにしていました。

 その流れでバックギャモンも、「そういえばゲームってやったことなかったな」と思ってはじめたのがきっかけです。

――矢澤さんはデビュー戦でプロバックギャモンプレイヤーに勝利し、早々に才能を認められたそうですね。ご自身のどんな“筋”が良かったのだと思いますか。

矢澤 サイコロを使うゲームなので、とくに初心者の場合は運のゲームと捉えて出目を楽しむ人が多いんです。

 私の場合、もっと数学的に奥が深いゲームなのではないかと思っていました。はじめてすぐに4万円の解析ソフトを購入し、定石などを研究していました。コンピュータの出す手を“問題の解答”とするなら、なんでその手が正解なのか、証明を考えて行ったんですね。AIがなければここまで早く力をつけることはできなかったと思います。

――AIの力に加えて、探究心や集中力が並外れていらっしゃるような。

矢澤 ハマるとすぐ、「海賊王に俺はなる!」みたいになっちゃうんです。バックギャモンの前はスキューバダイビングに燃えていて、世界7つの海を制覇しました(笑)。

 バックギャモンは、サイコロの確率計算や相手のコマと自分のコマ、どちらがよりゴールに近いのかを判断するために暗算が必要です。もともと理数系ではないので、今でも計算するのは面倒ですね。本来なら二桁の足し算すらしたくないけど、試合の時は4桁の割り算も勝つために必要なのでやっています。

■世界選手権の決勝戦は8時間…「だいたい大会後は2キロ痩せます」

――ものすごくカロリーを消費しそうですね。

矢澤 2014年の世界選手権の決勝戦は8時間もかかりました。だいたい大会後は2キロ痩せます。

 カロリー補給という意味でも、対戦中は常にコーラを飲んでいます。チョコや飴、フリスクもたくさん持っていって、いつでも直ぐ口の中に入れられるように。その辺りは将棋に似ているのではないでしょうか。

■ドクドクと血が流れているのを感じながらの試合…「手術しなければ1年持たない」

――そもそも矢澤さんは、病気が原因で兼業生活からプロになったとお聞きしました。

矢澤 バックギャモンには囲碁や将棋のように収入を得られるプロリーグが日本国内にないので、はじめから趣味の範囲で続けようと思っていたんです。

 大学卒業後は働きながら土日は試合に出て、20〜30万お金が貯まったら休みをとって海外の大きい大会に挑戦するような日々でした。

 ただ、そんな生活がままならなくなるほど体調が悪化。仕事もバックギャモンも一時は辞めてしまったんですが、やっぱり世界一になりたくて、バックギャモンだけは継続して。

 がんがわかる直前の全日本大会では5分立っているのがやっと。ドクドクと大量の経血が流れているのを感じながら試合に参加していました。

――闘病生活だけでも大変だったと思いますが、バックギャモンが回復の支えになったのでしょうか。

矢澤 2012年に子宮体がんが見つかった時には6つのリンパ転移があり、病期は「ステージIIIC」。5年生存率は50%で、医師から「手術しなければ1年持たない」と言われました。

 病気になると、それまで出来ていた仕事や生活が急に制限されて、時間だけは莫大にできるじゃないですか。すると、何もしてない時間に、やっぱり病気のことを考えちゃうんですよね。

 考えれば考えるほどつらくなるというか、悪いこととかを考えてしまって。私自身、子どもを持つ未来が絶たれ、感情としてはこのまま手術も受けずに死にたかった。

 でも、自分が助かるかどうかなんて考えたところで分からない。仮に自分の残された時間というのがわずかだったとして、泣いて過ごしていても、好きなことをして過ごしていても同じように過ぎていくんだったら、楽しいことをしていたほうがいいんだろうなとも思っていて。

 そうやって客観的にいろいろな展開を考えていったら、治療を受けた上で最終的にがんで死んでしまう最悪の展開だとしても、バックギャモンの世界チャンピオンになれたのなら一矢報いる最善手ではないかと思い至ったんです。

――バックギャモンで培った冷静な判断力が闘病でも活きたんですね。

矢澤 次の一手を考える時、ここに駒を配置すると何通りの道がひらけて、あっちだと何通りと、すべての可能性を比較して駒を進めていくんです。その時、直感でいいと思った手が、冷静に計算すると違うことはよくあって。

 自分の感情だけでなく、立ち止まって考えてみる大切さはバックギャモンで知っていたことでした。

■iPhoneがおすすめしてくる手術の写真

――抗がん剤を打ちながら臨んだ2014年の大会で世界チャンピオンになられたわけですが、今も後遺症などはあるのでしょうか。

矢澤 子宮体がんでステージIIICの私の場合、術後15年は通院を続けないといけないんです。今ちょうど折返し地点まできました。

 術後は急激なホルモン分泌の変化によって、ホットフラッシュが強く出るようになりました。感覚としては、お風呂でのぼせて気持ち悪くなる感じです。試合中も突然症状が出てきて、集中力に大きな影響を及ぼします。元に戻るのに15分ほどかかるので、試合時間を15分巻きで進行し、症状が出てきた時に備えて時間を残しておくようにしています。

――著書『がんとバックギャモン』の中で摘出した腫瘍を掲載されていました。矢澤さんがお医者さんに撮影を頼んだんですか?

矢澤 そうです。手術は開腹手術で、内臓を一度外に出すような話を聞いたので、「手術の記録として私のお腹から腸が外に出ている写真を撮って頂けませんか?」とお願いしたんです。内臓が自分の身体の外に出る機会なんてそうないと思ったので、これは“新しいこと”じゃないか……! と。

――たしかにそんな機会は「そうない」にこしたことはありません。

矢澤 でも先生から、「手術中はそれどころじゃない」と断られました(笑)。だから「せめて摘出したものだけでも写真に残したい」ということで、術後に撮影させてもらいました。摘出したリンパもまだスマホに残ってますよ。

――どんな時に摘出した腫瘍の写真を見返しますか。

矢澤 iPhoneで写真を見ているとスマホのおすすめ機能で、「○年前のあなた」みたいな感じで、自動的に出てくるんです。この前は、AIが摘出した臓器を焼き肉のホルモンかなにかと判定したみたいで、「新宿区の秋の味覚」としておすすめされました。

■「女がタイトルを取ると格が落ちる」

――矢澤さんはどこかひょうひょうとされていると言いますか、冷静に見えます。病気以外で、プロバックギャモンプレイヤーとして大変だったことはどんなことがありますか。

矢澤 基本的に大会は海外ですから、時差に体を合わせるのが大変ですね。すぐにパチッと切り替えられるタイプではないですし、最低でも1週間くらい前から大会先の国の時間に合わせて生活しています。

 また、男性プレイヤーとの扱いの差でも苦しめられることもありますね。国内大会で勝った時は「女がタイトルを取ると格が落ちる」と言われたこともありましたし……。

「やっぱり男の子がいいね。がっかり」から始まった“誓い”…3億人の頂点に2度立った女性世界王者と「教えてあげるおじさん」 へ続く

(小泉 なつみ)

関連記事(外部サイト)