〈結婚報道〉東京藝大卒 NHK林田理沙アナが大事にする“タモリの教え”

〈結婚報道〉東京藝大卒 NHK林田理沙アナが大事にする“タモリの教え”

NHK林田理沙アナに結婚報道

〈結婚報道〉東京藝大卒 NHK林田理沙アナが大事にする“タモリの教え”

絶対音感の持ち主

 NHK「ブラタモリ」の5代目アシスタントを務め、今年4月から『ニュース7』を担当するなど活躍中の林田理沙アナウンサー(32)が結婚していたことを「サンスポ」が報じた。東京藝術大学卒という異色の経歴を持つ林田アナの素顔を報じた「週刊文春」2022年5月5日・12日合併号の記事を全文公開する。

◆ ◆ ◆

「うわっ、なんですか? 臭いですね」

「はい、この植物の名前はヘクソカズラです。このヘ、は何だと思いますか?」

「ヘ、ってオナラですか」

「では、クソは」

「う、うんちですか」

 この珍妙な一幕は、NHKの教育番組『植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之』での山田と、聞く人・林田理沙アナウンサー(32)のやりとり。植物の生態について山田がユーモア溢れる解説をし、林田アナが真面目に受け止めるのがウリ。今、その彼女の人気が急上昇中なのである。

■東京藝大の指導教官が語る素顔

「愛称は『リンダちゃん』。『ブラタモリ』で訪れた銀閣寺で円錐型の向月台を『プリンみたい』と評するなど“天然”なところも。4月から『ニュース7』に起用されました」(NHK局員)

 長崎で生まれ、神奈川で育った林田。湘南白百合学園を経て東京藝術大学音楽学部楽理科、同大学院音楽研究科で学んだ異色の経歴の持ち主だ。

 5歳からピアノを習っていたが、高校2年生で出場したコンクールで指が止まってしまい挫折。「音楽で世の中に貢献したい」と音楽番組のディレクターに憧れたが、友人の勧めでアナウンサー志望に転向した。藝大の指導教官・大角欣矢教授が回顧する。

「彼女はショパンが好きで、『日本におけるショパン受容』という面白いテーマに一貫して取り組んだ。ごくごく真面目な、ごくごく普通の学生さんという印象でしたから、『アナウンサーに受かりました』と報告された時はびっくりした」

 同級生の西本龍太朗氏は、楽理科夏合宿の夜に勃発した“ショパン論争”が印象に残っているという。

「僕らアンチショパン派が『ショパンなんて大したことない』と持論をぶちまけた。でも精神年齢が僕らよりずっと上の林田さんは、若気の至りのどうしようもない意見にも、笑顔で耳を傾けてくれていました(笑)」

 修了後、14年にNHKに入局。長崎放送局、福岡放送局を経て18年に東京アナウンス室に異動。報道番組を担当する傍ら『ブラタモリ』でタモリと、冒頭の植物番組では山田と共演。『星野源のおんがくこうろん』の撮影の合間には、星野と音楽談義に花を咲かせていたという。

■私利私欲がない、背伸びをしない

「林田さんにはカリスマの隣が似合う」

 こう絶賛するのは、『植物に学ぶ生存戦略』で脚本を務める竹村武司氏だ。

「誠実を絵に描いたような方で、私利私欲がない。背伸びをしないし、知ったかぶりしないし、自分の気持にウソをつかない。好きな芸能人を聞いた時は岡田将生さんなど、数々のわかりやすいイケメンを挙げていて、そんなところも素直だなぁと(笑)」

 竹村氏によると彼女は、神の言葉に耳を傾ける「巫女のよう」だという。

「植物の魅力に憑かれて狂気の世界にいる山田孝之に、本気で戸惑い、本気で耳を傾ける。たとえ『うんち』って言っても品がある方なので、つい番組内の演出でおじさんを踏みつけて貰ったりしてしまう。だからご家族にはさぞ恨まれているだろうと思っていました。でも長崎のお祖母ちゃんは凄く気に入って毎回『面白かった』『楽しかった』と感想を送ってくれているそうで、安心しました」

■林田アナが大事にしているタモリの教え

 彼女が大事にしているというのが、タモリの教えだ。

「仕事をするな。遊びだと思ってやらないとダメ」

 次期エースの呼び声も高いが、その教え通り、出世レースもどこ吹く風。「野心がないし、我もない。それが一番の魅力」とNHK関係者は口々に力説した。

 快進撃は、もうどうにも止まらない?

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年5月5日・12日号)

関連記事(外部サイト)