「世界一しか興味ない」眞鍋政義と中田久美が直面した“常識の延長線上に金メダルはない”全日本バレーの〈宿痾〉

「世界一しか興味ない」眞鍋政義と中田久美が直面した“常識の延長線上に金メダルはない”全日本バレーの〈宿痾〉

様々なプランを練って五輪に臨んでいた眞鍋政義監督 ©JMPA

「髪型も皆一緒にして欲しいと頼んだんです」全日本バレーの“大黒柱”となった〈世界トップクラスの3人〉とは から続く

 2012年のロンドン五輪で銅メダルに輝いた女子バレーボール日本代表。その監督を務めた眞鍋政義氏(58)が、2016年以来、5年ぶりに日本代表監督に復帰することが決まった。2012年10月22日、眞鍋氏はオンライン会見でこう述べた。

「東京オリンピックで10位という成績にかなりの危機感を抱いている。もし(2024年の)パリ大会に出場できなかったら、バレーボールがマイナーなスポーツになる“緊急事態”であるということで手を挙げさせていただいた」

 女子バレーは2021年の東京五輪で、“初の五輪女性監督”中田久美氏(56)が指揮を執ったが、結果は25年ぶりの予選ラウンド敗退。1勝4敗で全12チーム中、10位に終わった。

 正式種目となった1964年の東京五輪で、記念すべき最初の金メダルに輝き、「東洋の魔女」と呼ばれた日本女子バレー。だが、その道のりは平坦ではなかった。半世紀に及ぶ女子バレーの激闘の歴史を、歴代選手や監督の肉声をもとに描いたスポーツノンフィクション『日の丸女子バレー』(吉井妙子著・2013年刊)を順次公開する。(全42回の最終回。肩書、年齢等は発売当時のまま)

◆◆◆

■“心臓外科医のような緻密さ”

 眞鍋の戦略は逆算方式だ。代表監督としての最大のミッションは五輪のメダル。そのためには前年度のワールドカップで何位、その前の年の世界選手権でどれだけの成績を上げておけばいいのか、そのためには何をつめるべきか。現状を分析しつつ、事細かに戦略を練る。

「そのための手段は選びません。自分が勉強するのも、選手にやる気を起こさせるのも、人の手を借りるのも、そしてデータを重視するのも、あくまで最終目標にたどり着くための手段です」

 どんな手段が最も有効なのか、4年と任期は限られているため、心臓外科医のような緻密さで考える。もちろん、プラン通りに進まない場合もある。

「でも、最終目標さえぶれなければ、短期目標はそのときの状況に応じて変えてもいい。ただ、五輪でメダルを獲るという目標だけは絶対に揺るがしてはいけない」

 11年秋に行われたワールドカップで、眞鍋ジャパンは3位に入賞しロンドン五輪の切符を獲ることを目標に掲げた。だが結果は4位。しかし眞鍋は大会の途中から出場国の闘い方を分析し、ドイツに勝って4位につければ世界ランキングが3位になり、オリンピックの組み合わせが有利になると睨んだ。

 オリンピック準々決勝の相手が中国と夢に出てくるはるか以前に、眞鍋は五輪の組み合わせを想定していたのである。

「もちろん、ワールドカップで勝つことしか頭にない選手にこの作戦は告げていませんでした。でも、ドイツには勝ってくれた。最終目標を達成するためなら、目先の目標は捨ててもいい」

■「1年目は若い選手を起用し、相手国の闘い方を研究します」

 様々なチーム改革を断行し、28年ぶりに女子バレー界に銅メダルをもたらした眞鍋は、その財産をもとにリオに視線を向ける。

「でも、間違っちゃいけないのは、ロンドンまでにやったことがそのまま通用するかといったらそうじゃない。相手国のメンバーが代われば監督も交代する。また、一からライバル国の研究をはじめ、それに対応する戦術を編み出さなければなりません」

 眞鍋は、ロンドン五輪王者のブラジルより米国が力を増すと予想する。世界一リーグが盛んなトルコ、ドイツ、ロシアも成長し、そこに中国、韓国などが加わり、リオ五輪は熾烈な闘いになるはずという。

「1年目は若い選手を起用し、相手国の闘い方を研究します。でも、リオ五輪には最高の12名を選びたい。年齢、キャリア、性格は問いません。誰にもチャンスがあります」

 選手の能力を引き出す指導力は、ロンドン五輪で見せた。しかしそれは監督としてのテクニックというより、眞鍋の性格によるものが大きかったと竹下が言う。

「眞鍋さんは基本的に名誉欲というものがほとんどなくて、選手にもコーチにもいい思いをしてほしいというのがすごく伝わるんです。だから、私たちも頑張れたし、高い技の習得という厳しい練習にも耐えられた」

 この言葉は、東京五輪の東洋の魔女たちが大松監督を評するときに度々聞かされたセリフだ。

 プレイヤーズファースト。選手をいかに生かすかが勝利監督の普遍的な事実だ。そして、誰も考えていないオリジナルの技を編み出す。ジャパンオリジナルの技がなくては、世界に勝てない。

 東洋の魔女には回転レシーブとサーブが微妙に変化する木の葉落とし、モントリオールにはひかり攻撃という世界を驚かす日本発の技があった。

■「常識の延長線上には勝利はない」

 常にデータを読み取り、頭を高回転させ続けてきた眞鍋が、珍しく表情を歪ませた。

「松平さんから“常識の延長線上には勝利はない”と言われた言葉が頭から離れません。今回銅メダルだったということは、まだ僕も常識に囚われている部分があるんだと思います。この課題は、リオまでにクリアしたい」

 常識にはないアイディアをひねり出し、ジャパンオリジナルのどんな技を生み出せるのか――。

 一方で、ロンドン五輪に出場した選手たちは、銅メダルを獲得した瞬間は喜びを爆発させたものの、しばらくすると「やっぱり真ん中に立ちたい」と口にしはじめた。

 東洋の魔女から脈々と受け継がれてきた金メダル遺伝子の目覚めである。

 ロンドン五輪後、世界一の選手を育て全日本に送り出すというテーマを掲げて久光製薬の監督に就任した中田久美が、監督就任1年目で全日本選手権、V・プレミアリーグ、黒鷲旗でチームを優勝させた。「世界一しか興味が無い」と断言する中田は、日本女子バレーの権化のような人物だ。そんな中田魂を注入された久光の選手たち、岡山シーガルズの18歳のセッター宮下遥をはじめとする若い芽も多く台頭し、日の丸女子バレーに磨きがかかる気配は確かにある。

 そして、新生眞鍋ジャパンの主将には、厳しいトルコリーグでさらに鍛え上げられた木村沙織が決まった。

 眞鍋、そして選手たちの視線の先にある2016年リオデジャネイロ五輪。

 3度目の黄金の扉がブラジルで開かれることを願う。

(吉井 妙子/文藝春秋)

関連記事(外部サイト)