〈ジョンベネ殺害事件〉父親の性的虐待…?オネショに怒った母親が…? 美少女コンテスト常連の6歳の娘の殺害で、家族が疑われたワケ

〈ジョンベネ殺害事件〉父親の性的虐待…?オネショに怒った母親が…? 美少女コンテスト常連の6歳の娘の殺害で、家族が疑われたワケ

美少女コンテストで何度も優勝していた、ジョンベネ・ラムジー ©AFLO

 1996年のクリスマスの翌朝、コロラド州ボールダーに住む6歳の少女が遺体で発見された。その死は世間の注目を集めて瞬く間に世界中に広がり、日本でも大きな話題となった。少女が白人富裕層のファミリーの子供で、しかも、美少女コンテストで何度も優勝していたことで知られていたからだ。少女の名前はジョンベネ・ラムジー。その死から25年。

 この間、捜査線上には、ジョンベネの両親や3歳年上の兄を含め数多くの被疑者があげられた。ボールダー警察は1500以上の証拠を調査してきた。しかし、いまだ、犯人は捕まっていない。アメリカでは重大な未解決事件の一つとして今も注目されている「ジョンベネ殺害事件」とは何だったのか? これからどんな展開を見せる可能性があるのか?(全2回の1回目。 後編 を読む)

◆ ◆ ◆

■クリスマスの夜から翌朝にかけて起きた事件

 ジョンベネは1990年8月6日、ジョージア州アトランタで生まれた。母パッツィーは自身もビューティー・コンテストで優勝したことがある美貌の持ち主。その美しさを受け継いだ娘のジョンベネを、幼少期から美少女コンテストに参加させ、何度も優勝に導いていた。父ジョンはコンピューター関連の企業のCEOとしてボールダーでもよく知られていた。

 事件は1996年12月25日夜からその翌朝にかけて起きた。クリスマスの夜、ラムジー一家は近くに住む友人のホワイト氏宅で過ごした後、午後10時前に自宅に戻る。ジョンは車中で眠っていたジョンベネをベッドに運んだ。

 翌26日、一家はミシガン州にあるセカンドハウスに行く予定にしていたが、その朝、朝食を作ろうとキッチンへと降りて行ったパッツィーは階段の上にメモが置かれているのに気づく。それは、ジョンに宛てられた3ページにわたる脅迫状で、11万8000ドル(その年、ジョンがクリスマスのボーナスにもらった額と同じだった)と引き換えにジョンベネの身柄を引き渡すという身代金を要求する内容だった。

 脅迫状は警察には連絡するなと警告していたものの、ジョンベネが誘拐されたことを知ったパッツィーはすぐに911に電話をした。ラムジー夫妻はまた友人の手を借りてジョンベネを探そうと、ホワイト氏も家によんだ。警官に続きFBIもやってきた。彼らは犯人からかかってくる電話を盗聴しようとしたが、犯人が電話をかけると指定した午前8時から10時という時間はすでに過ぎており、電話がかかってくることはなかった。

 一方、ジョンはホワイト氏と4階建の広大な邸宅の中を探して回り、午後1時過ぎ、冷たくなったジョンベネを地下室で見つける。ジョンベネはブランケットに覆われ、口にはガムテープを貼られ、首にはナイロンの紐がくくりつけられた状態だった。ジョンはジョンベネの遺体を抱き抱えて階段を上がり、床に横たえた。検視局は、ジョンベネの死因は絞殺と殴打による頭蓋骨損傷と断定したが、殴打に使われた凶器は今も特定されていない。また、ジョンベネの下着には性的暴行が加えられた跡も残されていた。

■家族に向けられた疑いの目

 誰がジョンベネを殺害したのか? すぐに疑いの目を向けられたのはラムジー夫妻だった。誘拐事件の場合、家の中で誘拐された者が見つかることは珍しく、また、何者かが家に押し入った形跡が見られなかったことから、家の中にいた者の犯行ではないかと警察に目されたのである。メディアも“ラムジー夫妻犯人説”を書き立て、ジョンベネはジョンに性的虐待を受けていたのではないかという疑惑まで報じられた。

 ジョンベネのオネショ癖に頭を悩ませていたとされているパッツィーも疑われた。オネショをしたジョンベネに怒りをぶつけたあまり、意図せずして殺してしまい、それを隠蔽するために、誘拐に見せかけたのではないかという憶測が投げかけられた。また、脅迫状が書かれていた紙や書くのに使われたペンがパッツィーが所持していたものであること、筆跡がパッツィーのものに似ていること、ジョンベネの首に巻きつけられていた紐の端がパッツィーの絵筆に縛り付けられていたことも“母親犯人説”に真実味を帯びさせた。

 兄のバークを疑う声もあがった。検死の結果、ジョンベネの胃袋からパイナップルと思われる未消化のフルーツが見つかったことから、寝ていたジョンベネはその後目覚めてキッチンに行き、テーブルに置かれていたパイナップルを食べたと考えられた。

 パイナップルが入っていたボウルにはバークの指紋がついていたため、自分のパイナップルをジョンベネに取られたことを怒ったバークがジョンベネに暴力をふるったのではないかという見方がされた。また、パッツィーはジョンベネを美少女コンテストで優勝させることばかりに一生懸命で、アテンションを注がれていなかったバークは疎外感を覚えていたことも指摘された。

■犯人のDNAと家族のDNAは一致せず

 1999年には、コロラド州の地方裁判所の大陪審が、ジョンベネの死は両親が何者かに誘拐される形でジョンベネを放置した結果であると判断、虐待罪でジョンとパッツィーを起訴するよう促したが、検事は証拠不十分という理由で起訴を見送った。

 家族にかけられていた嫌疑は、2008年7月に晴れることとなる。ジョンベネの身体や下着についていた体液から採取された、犯人のものと思われるDNAが家族のDNAとは一致しなかったからだ。しかし、潔白が証明されたことはパッツィーの耳には届かなかった。2006年、パッツィーは乳がんで他界していた。

〈ジョンベネ殺害から25年〉「頭が真っ二つに割れてしまった」という告白も… 1500以上の証拠を調べても闇に消えた“少女殺害”の真相 へ続く

(飯塚 真紀子)

関連記事(外部サイト)