浦沢直樹に『こち亀』…マンガに描かれた「未解決事件」から“見えるもの”

浦沢直樹に『こち亀』…マンガに描かれた「未解決事件」から“見えるもの”

©iStock

 マンガは人気商売である。

 読者のアンケート、単行本の売り上げなど評価軸はさまざまあるが、人気がなければ打ち切られることもあるシビアな世界であり、裏を返せば世間のニーズに対してビビッドに反応するメディアともいえる。その時代のトレンドやトピックは作品に反映されやすく、マンガには「時代を映す鏡」としての側面がある。

 マンガは凶悪事件や未解決事件さえも、作品に取り込んできた。今回は、世間を賑わした事件がマンガでどのように扱われてきたのかを見ていきたい。なお、現在でも文庫や電子書籍などで比較的入手しやすい作品からチョイスした。

■浦沢直樹、手恷。虫…“巨匠”たちも取り組んだ戦後日本の闇「下山事件」

 1949年7月6日、行方不明になっていた国鉄総裁・下山定則が轢死体で発見された。不審な点が多いことから自殺説、他殺説が入り乱れ、未解決のまま1964年7月6日に殺人事件としての公訴時効が成立。迷宮入りとなった。

 いまでは歴史の教科書にも載る「戦後最大のミステリー」は、ノンフィクションでもフィクションでも題材とされることが多い。古くは1960年に「文藝春秋」で連載された『日本の黒い霧』(松本清張)、最近の例では2021年の『TOKYO REDUX 下山迷宮』(デイヴィッド・ピース)があり、いわば「人気のある未解決事件」である。

 マンガの世界でこの難事件を扱ったのは、マンガの神様・手恷。虫だ。『奇子』は旧家の土蔵に閉じ込められた私生児(奇子)というショッキングな設定に注目しがちだが、下山事件をモデルにした「霜山事件」やGHQの陰謀、労働争議などが絡み合い、戦後の混沌とした時代をまざまざと描き出している。

 そして現代の巨匠・浦沢直樹もまた、『BILLY BAT』でこの難事件に挑んでいる。謎のコウモリの正体を追うミステリーである本作は、紀元前から現代までの歴史上の様々な事件(ケネディ大統領暗殺事件やアポロ計画、アメリカ同時多発テロ事件など)が物語に絡み、戦後の日本を舞台にしたシークエンスでは下山事件が描かれる。本作では「他殺説」を採用しており、犯人の殺害動機がコウモリ伝承のミステリーと関係してくる仕掛けとなっている。

■バカボンパパとイヤミがジュラルミンのトランクを発見!?「三億円事件」

 1968年12月10日、東京都府中市で現金約3億円を積んだ現金輸送車が、白バイ警官に扮した犯人に強奪された。124点に及ぶ大量の遺留品がありながら捜査は難航し、1975年12月10日に公訴時効が成立した。

 本件は、日本を代表する劇場型犯罪である。メディアが大々的に報じたことで、さながら映画や演劇を観るような感覚で日本中が熱狂した。こうしたセンセーショナルな事件に、マンガ家が飛びつかないわけがない。

 事件発生から4カ月後の1969年4月9日、犯人が現金輸送車から逃走用に乗り換えた車と、現金を抜き取られて空になったジュラルミンケースが東京都小金井市本町の団地敷地内の駐車場で発見された。

 こうした「事件の新展開」を受けて、希代のギャグ作家・赤塚不二夫が反応した。「週刊少年サンデー」(小学館)1969年21号(5月18日号)に掲載された『ア太郎+おそ松』(副題「いまにみていろミーだって」)は、赤塚作品のさまざまなキャラが勢揃いするオールスター作品で、バカボンのパパとイヤミが親子という設定。バカボンパパとイヤミは「四億円事件」の犯人が乗り捨てた車からジュラルミンのトランクを発見して大騒動となる。

 また、「ひとりの著者が描いたコミックの出版作品数が世界でもっとも多い」とされ、ギネス世界記録に認定された石ノ森章太郎も同事件に反応した作家のひとりだ。

 事件発生から2年後、犯人が乗り捨てた偽白バイに装着されていたトランジスタメガホンに付着していた紙片が「産経新聞」(1968年12月6日付)の一部であることが判明したものの、購読者を示す順路帳はすでに破棄されており、事件の「迷宮入り」が示唆された。

 すると石森章太郎(当時)は「中一時代」(旺文社)1971年1月号にわずか4ページの短編『サイボーグ009対三億円犯人』を執筆。009が加速装置で犯人の居場所を突き止め、犯人に「その才能をもっとデカイいいことに使え!!」と説教をするのだ。

 犯人が「中一時代」を読んでいるとは考えられないが、石ノ森は作品を通じて未来ある少年たちに明確なメッセージを伝えたかったように思われる。

 近年では『三億円事件奇譚 モンタージュ』(渡辺潤)や『クロコーチ』(原作:リチャード・ウー、作画:コウノコウジ)が本事件を題材にし、それぞれテレビドラマ化されている。三億円事件は死傷者が出ていない点から、被害者に配慮する必要がなく、フィクションに用いやすいのだろう。

■『こち亀』『キン肉マン』…ジャンプ作品にも“縁がある”「グリコ・森永事件」

 1984年3月18日の江崎グリコ社長誘拐に端を発し、複数の食品会社が次々と脅迫を受けた事件。「かい人21面相」を名乗る犯人から企業に脅迫状が届けられただけでなく、マスメディアにも犯行声明が送付された劇場型犯罪で、青酸を混入した菓子が小売店にばら撒かれた。1985年8月12日に犯人から終結宣言が出されるまで、江崎グリコ、丸大食品、森永製菓、ハウス食品、不二家、駿河屋が脅迫された。2000年2月13日に公訴時効が成立。

 1話完結スタイルのギャグマンガは、リアルタイムで起きた事件を作品に反映させやすい。1976年に連載を開始した国民的ギャグマンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(秋本治)は、その時々のトレンドを題材にしてきた作品で、実はグリコ・森永事件にも反応している。

「週刊少年ジャンプ」1984年49号(11月19日号)に掲載された「人生は夢のごとく…の巻」(コミックス42巻収録)では、作中で大原部長が読んでいる新聞の見出しに「32面相今度は毒入り漫画を!」と書かれているのだ。

 本エピソードが掲載されたのは、まさに森永製菓が脅迫されていた最中。同年9月12日に森永製菓関西販売本部に脅迫状が届き、10月には青酸の混入した森永製菓の菓子が次々と発見されていた状況だ。現在だったら「不謹慎」と炎上しかねない、かなり“攻めた”仕込みといえる。

 ちなみに、同じく「週刊少年ジャンプ」で森永製菓と縁の深い作品といえば『キン肉マン』で、最初期は「ポテロング」「エンゼルパイ」「森永ココア」などの森永製品が作中に登場している。

 これは「森永製菓の重役さんがボクたちの『キン肉マン』を気に入ってくれて、作中に一コマ出すだけで、1週につき、5万円を出してくれることになったのだ」(ゆでたまご『ゆでたまごのリアル超人伝説』宝島社新書)とのことで、今風に言えば「プロダクトプレイスメント」の手法に近いのかもしれない。森永製菓はその縁で『キン肉マン』がアニメ化の際にはスポンサーとなるが、グリコ・森永事件を機に降板せざるをえなくなってしまった。

 このグリコ・森永事件も根強い“人気”のある未解決事件で、本件を題材にしたサスペンス小説『罪の声』(塩田武士)は2016年度週刊文春ミステリーベスト10で国内部門1位に選出。2017年には須本壮一の作画でコミカライズされ、2020年には小栗旬主演で実写映画化されたのも記憶にあたらしい。

■時代は昭和の終わりから平成へ…「宮崎勤事件」

 1988年8月から12月にかけて、埼玉県南西部から東京都北西部にかけての地域で連続発生した幼女を対象とした誘拐殺人事件。1989年7月23日に幼女に対するわいせつ事件で現行犯逮捕された宮崎勤が連続殺人事件を自供。

 事件発生当初からメディアによる報道合戦が繰り広げられ、この事件を契機として「オタク・バッシング」が起きた。また、日本で初めて複数の鑑定医による精神鑑定が行われ、精神鑑定が大きくクローズアップされたことでも知られる。

 少女マンガ界のレジェンド・山岸凉子(『アラベスク』や『日出処の天子』など)は、実際の事件をモデルにした短編をいくつか手がけており、たとえば「津山三十人殺し」を題材にした『負の暗示』などがある。そして東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件に着想を得たと思われるのが、「YOU-all」(集英社)1990年VOL.3(7月25日号)に掲載された『パイド・パイパー』だ。

 主人公・道子は夫の転勤にともない、子供の頃に住んでいたM市に引っ越してくると、市内の河原で児童の遺体が発見された。幼少時に妹が誘拐され殺害された際には、犯人が捕まっていたはずなのに、なぜ同じ場所で似たような事件が起きるのか不審に思っていると、今度は自分の子供が誘拐されてしまう。

 少女マンガは心理描写に長けた表現手法が用いられるジャンルで、そうした表現手法でシリアルキラーの心理に迫るサイコ・サスペンスに戦慄させられること必至。まだ事件の記憶が生々しい時期に描かれたことも驚嘆に値する。

■フランス人作家にも描かれた「オウム真理教事件」と「MATSUMOTO」

 1980年代後半から1990年代中盤にかけて、新興宗教団体「オウム真理教」が引き起こした地下鉄サリン事件、松本サリン事件、坂本堤弁護士一家殺害事件などの一連の凶悪事件の総称。判明しているだけでも死者は29名、負傷者は6000名を超える。2018年に教祖を含む13名の死刑が執行された。

 松本サリン事件から地下鉄サリン事件発生までを題材にしたのが『MATSUMOTO』(LF・ボレ、フィリップ・ニクルー/原正人訳)である。末端信者・カムイの目を通じて、暴走するカルト教団の異常性がフィクションとして描かれる。

 本作はフランス人作家によるバンド・デシネ(フランスやベルギーでのコミックスタイル)であり、2017年には日本語にも翻訳された。大都市圏での化学兵器による無差別テロ事件は世界中を震撼させ、海外の創作者にも多大なインパクトを与えたようだ。

■女子高生コンクリート殺人事件、世田谷一家殺人事件、そして“上級国民”…マンガと時代を“その後”から読むと…

 実際に起きた凶悪事件や未解決事件をテーマにした作品は、近年ではノンフィクション(実録犯罪モノ含む)か、犯罪者に復讐する“現代版『必殺仕事人』”形式の作品が多い。後者の例としては『善悪の屑』シリーズ(渡邊ダイスケ)や、『怨み屋本舗』シリーズ(栗原正尚)などが挙げられる。

『善悪の屑』シリーズでは女子高生コンクリート詰め殺人事件や世田谷一家殺人事件をモデルにした事件が登場し、『怨み屋本舗』の最新シリーズ『怨み屋本舗WORST』(第6部相当)には、すれ違いざまに肩アタックをしてくる「ぶつかり屋」、人気者への嫌がらせをして信者を集める「迷惑チューバー」、孫娘の起こした交通事故を揉み消そうとする元検察幹部の「上級国民」などが登場する。

 事件を扱った作品には、その時代の世相が反映されやすい。マンガを通じて、世間がその事件をどう受け止めてきたのかを追体験してみてはいかがだろうか。

(加山 竜司)

関連記事(外部サイト)