大谷翔平はどうすれば「野球の神様」を超えられるのか? 比べてわかったベーブ・ルースとの差

大谷翔平はどうすれば「野球の神様」を超えられるのか? 比べてわかったベーブ・ルースとの差

大谷翔平とベーブ・ルースはどれくらい差があるのか? ©getty

大谷翔平は「投手と打者」どちらの才能が優れているのか? 恩師・栗山英樹が下したアメリカとは“真逆の評価” から続く

 二刀流という点だけで見れば、レジェンド選手のベーブ・ルースをも上回った大谷翔平。大谷が「神話の中の人物」とも呼ぶルースは、いったいどれほどの選手だったのか? そして大谷はそんなルースを超えられるのか? 在米ジャーナリストの志村朋哉氏の新刊『 ルポ 大谷翔平 』より一部を抜粋。(全3回の3回目/ #1 、 #2 を読む)

 ◆◆◆

■ベーブ・ルースVS大谷翔平

 二刀流という点だけで見れば、大谷は100年前のベーブ・ルースをも上回ったと言える。

 ルースは打者としての才能に気づいてからは、自ら投手を辞めた。大谷は自らの意思で両方をやり続ける道を選んでいる。分業制が進み、ルースの時代とは比較にならないほど選手層が厚い現代では、二刀流は不可能と言われたにもかかわらず。

 時代が違いすぎて無意味という人もいるが、大谷が「神話の中の人物」と呼ぶルースがどれほどの選手だったかを理解するためにも、二人の成績を比べてみよう。

 ルースが本格的な二刀流をやったのは1918年と1919年の2年間だ。今回は、「二桁勝利・二桁本塁打」を成し遂げた1918年の成績を見てみよう。大谷がメジャー挑戦のために23歳で海を渡るちょうど100年前である。ルースも同じく23歳だった。

 この年は、第1次世界大戦の影響で、予定されていた154試合が短縮されて、ルースが所属していたレッドソックスは、レギュラーシーズンでは126試合しか戦っていない。当時は各リーグ8球団と、今の約半分のチーム数しかなかった。ア・リーグで1位に輝いたレッドソックスは、ナ・リーグの覇者シカゴ・カブスを4勝2敗で破り、ワールドシリーズで優勝した(この後、レッドソックスはルースをヤンキースに金銭トレードで放出し、長らく優勝から遠ざかったため、「バンビーノの呪い」としてジンクスになった)。

 それまでのルースは、左腕の先発投手として活躍していた。1917年はメジャー3位の24勝を挙げ、防御率はリーグ11位の2.01だった。打撃では、142打席で2本塁打、打率3割2分5厘、OPS.857を記録したが、打席に立つのは、投げている時に限られていた。

■ルースのホームランの飛距離は“175メートル”

 しかし、1918年のオープン戦で、いきなりホームラン2本を放つ。そのうち1本は、一説によると飛距離573フィート(175メートル)で隣のワニ園の池に落ちたという。

 5月4日の登板日にシーズン1号を打つと、次の試合では初めて野手として「6番・一塁」で出場し再びホームランを放った。翌日には、通算417勝の剛腕ウォルター・ジョンソンから、3試合連続となるホームランを打った。6月の時点で当時の新聞は、ルースを「ホームランキング」「メジャーリーグ最高の呼び物」と称した。あまりの無双ぶりに、当時のコラムニストが、「ほぼ一人の力でペナントレースを勝ったようなもの」と評したくらいだ。

 しかし、5月中旬くらいには、二刀流の負担に不満を漏らすようになり、腕の張りや疲労を理由に登板を拒否するようになっていた。野手としては、左翼(46試合に先発)、一塁(13試合)、中堅(11試合)を守った。

 時代の異なる選手を比較する上で、上記のような成績を単純に比較することはできない。ルールやプレースタイルが時代によって異なるからだ。例えば、1918年は、まだ「デッドボール(飛ばないボール)時代」で、ボールがボロボロになるまで使われ続け、ボールに唾をつけたり傷をつけたりすることが許されていたこともあって、ホームランや得点の少ない投高打低の時代だった。なので、ルースはわずか11本でホームラン王に輝いている。逆に、2021年であれば防御率2.22は堂々のメジャー1位の数字だが、1918年では14位だった。

 それに同時代であっても、本拠地球場の広さやリーグの違いを考慮する必要がある。打者に有利なクアーズ・フィールドでプレーするロッキーズの投手は、他チームの同じ実力の選手に比べて防御率は悪くなるし、逆に打者は成績が良くなる。

 なので、「歴代で最高の選手は誰か」といった疑問に答えるには、「同じ時代や条件の選手と比べてどれくらい突出しているか」を測る必要がある。

 1918年のルースは、本塁打と長打率とOPSでメジャー1位、出塁率は2位だった。これだけ見ても、打者としてのルースが飛び抜けた存在だったことは想像がつく。打者に専念する選択をしたのも納得がいく。

 OPS以上に選手の打撃力を正確に示すのがwRC+という指標である。同じだけ打席に立ったその年のメジャー平均打者と比べて、どれだけ多くの得点を生み出しているかを算出する。四死球、単打、二塁打、三塁打、本塁打などの価値の違いを正確に反映し、球場やリーグの違いも考慮している。

 このwRC+で1918年のルースはメジャー1位の189を記録した。同年の平均打者より89パーセントも多くの得点を生み出したということだ。2021年の大谷のwRC+は、メジャー5位の152だった。

■打者としてはルース、投手としては大谷が上

 投球に関しても、その年のメジャー平均に比べて、どれだけ防御率が優れているかを示すERA+という指標がある。wRC+と同じく、球場やリーグの違いを計算に入れている。

 1918年のルースのERA+は、平均投手よりも22パーセント優れている122(メジャー14位)。2021年の大谷は、平均投手よりも41パーセント優れている141(130イニング以上投げている中で15位)だった。

 1918年と2021年に限っていえば、打者としてはルースが上で、投手としては大谷が上だったと言える。

 ルースのWARを見てみると、Baseball Referenceでは全体6位の7.0(野手4.7、投手2.3)、FanGraphsでは2位の6.7(野手5.2、投手1.5)となっている。短縮シーズンだったので単純に大谷の数字とは比べられないが、勝利への貢献度では大谷のように球界一ではなかった。

■大谷自身もピンと来ていない

 当の大谷はよく比較されるルースについてどう思っているのか。アメリカや日本の記者から幾度となく尋ねられているが、昔の人すぎてピンと来ていないようだ。

「よく比較していただいてはいるんですけど、個人的には神話の中のそういう人物だろうなと思うくらい現実から離れている存在だと思うので、なかなか自分で意識することというのはない」と2018年のシーズン後に語っている。

 二刀流は短命に終わったが、ルースは打者に専念してからも、球史に残る成績を残した。

 1919年は、投手を続けながら、シーズン最多記録を塗り替える29本のホームランを放つ。ヤンキースに移籍した1920年には、なんと他15球団中14球団の本塁打数を上回る54本塁打を打った。1918年から1931年までの14シーズンで、13度、ア・リーグトップのOPSを記録。通算714本塁打は、1974年にハンク・アーロンに抜かれるまで最多だった。通算wRC+は197で歴代1位である。

 ワールドシリーズ制覇も、レッドソックスで3度、ヤンキースで4度、経験している。

 通算WARでも、ルースは堂々の1位。もはや「チートキャラ」である。

 もちろん時代背景の違いはある。ルースの時代は、アマからプロへの育成ルートなどなく、プロに入っても大金をもらえた訳ではない。なので、今ほどトレーニングに人生を捧げる技術の高い選手がしのぎを削ってはいなかった。ルースのように19試合に先発登板して、そのうち18度も完投するなんて、もはや有り得ない(2021年の最多完投数は3)。一人のスター選手が試合結果に与える影響は小さくなった。通算WARランキングの上位が昔の選手ばかりなのが、それを物語っている。

 1918年のメジャーリーガーを現代に連れてきても、そのままでは通用しないだろう。トレーニングの進歩で選手の運動能力や技術が上がったからだ。ルールや道具なども違うので、別競技とすら言えるかもしれない。なので、ベーブ・ルースと大谷が、なんの準備もなしに対戦するというのは、フェアな比較ではない。歴代ランキングの難しさ、面白さは、そこにある。

■大谷とあまりに対照的なルースの「らしさ」

 だが少なくとも、WARやwRC+などの指標で測った場合、ルースは「野球の神様」と呼ぶにふさわしい。大谷が二刀流で新風を巻き起こしたように、ルースも当時では有り得なかった豪快なホームランをかっ飛ばして野球ファンの拡大に貢献した。今なお続く、「ホームランが主役の野球」はルースから始まったのだ。

 ルースはESPNが2022年2月3日に配信した「歴代最高の野球選手100人」という記事でも堂々の1位に選ばれた。

「今日、私たちが目にしている野球は、ベーブ・ルースが作ったものだ」と記事は紹介した。「これまでインパクトのある選手が何人も出てきて、国民的英雄になった者もいる。しかし、(人気球団の)ヤンキースに加わって、野球を『パワーのスポーツ』に変えたルースほど影響力のあった選手はいない。ルースほど時代を圧倒した選手はいない」

 大谷がルースのキャリアに並ぶには、長い道のりが待っている。

 ちなみに、フィールド外でも豪快で有名だったルースは、1918年にも「らしさ」を発揮している。The Ringerの記事によると(2018年3月27日配信)、登板を嫌がり、監督と口論になって一瞬ながらチームを去っている。「怠け者と呼ばれたので、殴るぞと脅した」と記者に事情を説明した。さらには、ワールドシリーズの登板前日に、列車の扉をパンチして利き手を負傷したが、そのままマウンドに上がって白星を挙げた。スプリングトレーニングでは、他の選手なら怪我をしてしまうくらいのペースで練習に励んでいたというが、それも早く終えて競馬場に行くためだったのではないかと当時の記者が推測している。

 大谷とあまりに対照的で笑える。

(志村 朋哉)

関連記事(外部サイト)