〈佐々木朗希 初のMVP〉マスコミ恐怖症だった佐々木が3・11に言った「ちゃんとしゃべった方がいい」 そのウラに「あの人」

〈佐々木朗希 初のMVP〉マスコミ恐怖症だった佐々木が3・11に言った「ちゃんとしゃべった方がいい」 そのウラに「あの人」

13者連続奪三振も新記録

 5月13日、ロッテの佐々木朗希投手(20)が3・4月度「大樹生命月間MVP賞」を受賞した。初のMVPを受け佐々木は「すごく嬉しい」と喜びのコメントを寄せている。

 4月10日のオリックス戦ではNPB史上16人目となる完全試合を達成した佐々木。目覚ましい成長の秘密を報じた「 週刊文春 」の記事を公開する。(初出:週刊文春 2022年4月28日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

■“令和の怪物”の素顔

 約3万人の観客が集まったZOZOマリンスタジアム。4月17日、“令和の怪物”は大勢のファンが集まった感想を聞かれると、こんなジョークを飛ばした。

「(人気アニメ「鬼滅の刃」のイベントが行われている)幕張メッセと間違っているんじゃないかなと」

 ロッテの佐々木朗希(20)が完全試合を達成したのは、4月10日のオリックス戦。さらに翌週17日の日本ハム戦でも8回をパーフェクトに抑える快投を見せた。

 偉業を成し遂げ、笑顔を弾けさせた佐々木。だが、これまでは苦難の道が――。

 岩手県陸前高田市出身の佐々木は小3の時に東日本大震災に遭遇。長身でバスケが得意だった父と祖父母を亡くした。津波は生家ばかりでなく、大切にしていた野球道具を呑み込んだ。

 震災後、大船渡市に移り住み、地元の大船渡高校に進学。バッテリーを組んだ及川恵介氏が明かす。

「当時から彼は勝つまでは気を抜かないという姿勢だった。ある年の大晦日、練習は休みなのに、呼ばれて一緒に練習したこともあります。野球以外では歌手のあいみょんが好きでしたね」

■マスコミ恐怖症という“翳”

 2019年4月、佐々木は高校日本代表候補合宿の紅白戦で163キロをマーク。だが、その剛速球は自らの肉体を破壊しかねなかった。高3夏の県大会決勝戦では、監督が「故障予防のため」という理由で登板の回避を決断。チームは敗れ、甲子園出場を逃した。

「もともと佐々木は人見知りで警戒心が強かった上、登板回避騒動によりマスコミ恐怖症という“翳”を背負いました。高3の夏、佐々木はU-18W杯で日本代表に選ばれたが、取材で合宿の同部屋だった選手とどんな会話をしたかを尋ねても『言えないです』。同年10月、進路表明会見で憧れの選手を聞かれても、俯いて『いません』と一言のみ。記者たちはその口下手ぶりに『記事にならない』と苦労していた」(球界関係者)

 翌20年、ドラフト1位でロッテに入団した佐々木。球団は育成プロジェクトを立ち上げ、2年ほど身体作りに専念させる。実はその間、佐々木の内面は目覚ましい変化を遂げていた。

 その過程で、最も影響を与えた人物がいるという。

「イチローです。彼は尊敬する選手を聞かれると、真っ先にイチローの名前を挙げます」(球団関係者)

 入団後、ファンからの質問に球団のインスタグラム上で答える企画で、尊敬する理由をこう述べている。

「結果で周りを黙らせてしまうところですよね。結果ですべてを語る姿がカッコいいですし、あこがれます」

 そんな佐々木は練習の合間に、SMBC日興証券が公開した「おしえて! イチロー先生」という動画を熱心に見ていたという。幅広い年齢層からの質問に対し、イチローが経験を基に回答するというものだ。

「こういう風に言ったら面白く、人を惹き付けるんだなと感心し、自分も同じようにしゃべってみたいという思いが芽生え始めたようです」(前出・球団関係者)

 そして佐々木は周囲にこう語るようになった。

■「イチローさんの言葉は…」

「イチローさんの言葉はどれも心に響く人生の指針。自分も同じように言葉を伝えられる人間になりたい」

 佐々木が自ら報道陣の前に立ったのは、今年3月11日のこと。その日、佐々木は中高時代には進んで語ってこなかった、被災地への思いを口にした。

「身近にいる大切な人たちのことを、当たり前だと思わずに向き合ってほしい」

 前出の球団関係者が言う。

「球団の広報担当者が『コメントを出す形にしようか』と提案すると、彼は『ちゃんとしゃべった方がいい』と自らの意思で言葉を発したのです」

 それから約1カ月後に飛び出したのが冒頭のジョーク。球団幹部はその成長ぶりに目を細めているという。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年4月28日号)

関連記事(外部サイト)