〈カルディ、日清、サンヨウ〉家で食べられる「ビャンビャン麺」3種、ガチ中華マニアが食べ比べてみた

〈カルディ、日清、サンヨウ〉家で食べられる「ビャンビャン麺」3種、ガチ中華マニアが食べ比べてみた

(筆者提供)

 ビャンビャン麺という中国の麺料理をご存知だろうか? 中国陝西省を中心に食べられており、2~5cmもある幅広麺と57画(諸説あり)もある複雑な漢字が特徴的な名物麺料理だ。

 近年、そんなビャンビャン麺なる料理の注目度が日本でも急上昇している。2019年頃から首都圏を中心にビャンビャン麺を提供する中華料理店が増え始め、2020年には「セブン・イレブン」、2021年には「バーミヤン」、「カルディ」でも販売され話題となった(セブンイレブンとバーミヤンでは現在販売終了している)。

 そして2022年3月には「日清食品」から冷凍ビャンビャン麺、4月にはサッポロ一番などでもお馴染みの「サンヨー食品」からはカップ麺スタイルのビャンビャン麺と、相次いで大手メーカーからビャンビャン麺が発売されたのだ。

 ビャンビャン麺とはいったいどんな料理なのか、またその味はいかなるものか解説する。

■ビャンビャン麺とは?

 ビャンビャン麺(biang biang麺)とは中国陝西省の西安を中心に食べられている名物料理。群馬県桐生市の郷土料理であるひもかわうどんのような幅広麺なのが特徴で、店にもよるが、麺の幅は2~5cmほどにもなる。

 ビャンビャン麺という名称は刀削麺と同じく麺の種類を表しており、味付けは中国でも様々だ。激辛スープに入った麻辣ビャンビャン麺や、汁無し麺にトマトと卵がのったもの、肉味噌がかかったものなど何種類もある。

 定番なのは茹でたビャンビャン麺に唐辛子粉や醤油、酢などをかけ、さらに上から熱した油をかける油?麺(ヨウポー麺)と呼ばれるスタイル。例えるなら西安式油そばといったところだろう。

麺の太さよりもさらに特徴的なのがビャンビャン麺のフォントだ。 

「ビャン」という漢字の画数はなんと57画(56画、58画の説もあり定まっていない)もあり、複雑なため、PCやスマートフォンの通常の文字入力では漢字で表記できない。

 そのため中国のウェブサイトなどでもビャンビャン麺を表記する際は「biang biang麺」とアルファベット表記されている(日本ではビャンビャンという表記で広がっているが、実際の中国語の発音だと「ビァンビァン」のほうが近い)。

 一度みたらそのインパクトからついつい気になってしまう「ビャン」の漢字は、実はビャンビャン麺でしか使われていない。

 漢字の由来については、ある秀才学生がビャンビャン麺を食べてその美味しさに感動し、店主の代わりに口語でしかなかったビャンの文字を考案した説や、秦の始皇帝が食べてから、庶民が気軽に食べられないようにするため複雑な字にした説など諸説あり、定まっていない。

■なぜ「ビャンビャン麺」と呼ばれるようになったか

 なぜビャンビャン麺と呼ばれるようになったかについても、麺を伸ばす台に麺を打ちつける音が「ビャンビャン」と聞こえる説や、中国語で平たいを意味する「扁(bian)」が訛った説などいくつかある。実際に麺を打ちつける音を間近で聞いてみると、確かに「ビャンビャン」と聞こえてくるような気もする。

 いずれの説も陝西省の庶民の間で古くから言い伝えられてきたものだが、一見奇妙だったり、なんとなく正しそうだったりするのも中国の民間伝承の面白さだろう。

■家で食べられる! 3社のビャンビャン麺を実食してみた

 由来については謎多きビャンビャン麺だが、一度目にすると惹きつけられてしまうフォントと、一度口にするとクセになってしまう美味しさがメーカー各社の目に止まったのか、前述したサンヨー食品、日清食品、カルディなどから相次いで販売され、注目を集めている。今回は大手3社から販売されたビャンビャン麺を食べ比べてみた。

サンヨー食品

 まずはサンヨー食品から2022年4月11日に全国で発売されたカップ麺「ビャンビャン麺風 史上最大級幅広麺」(270円〈税込〉)。都内のスーパーやコンビニのファミリーマートでも見かけた。

 パッケージをみると「ビャン」の字だけで半分近く占めており、店頭に置いてあれば遠くからでも在庫があるのが確認できそうな圧倒的存在感。

「史上最大級幅広麺」の下には「西安式旨辛麺」とあり、油?(ヨウポー)麺をイメージして作られているのは間違いなさそうだ。開封すると1cmほどの幅がある乾麺が。普段食べるカップ麺では見かけない太さだ。熱湯を注ぎ4分待つと、幅広麺が戻り、付属のタレとかやくを加えて混ぜればビャンビャン麺が完成する。

 醤油ベースのタレに唐辛子の辛さと花椒の痺れがじわじわ効いてくるスパイシーな味付け。1cm以上ある幅広麺はぴろぴろとした食感で、カップ麺では食べたことがないような食べごたえがあった。箸で麺を持ち上げるとかなり高くまで引き上げなければいけないほどの長さがあり、他のカップ麺と比べて麺が長いところに手打ち感がでている。

 商品名に「ビャンビャン麺“風”」とあるように、もちろん本場の油?(ヨウポー)麺と同じ味、というわけにはいかないが、数分で食べられるカップ麺で、ぴろぴろとした食感と手打ち感ある麺を再現しているという点においては同社の技術力の高さを感じた。ちなみに同社では過去にも刀削麺風カップ麺を販売している。

■1本ずつ茹でるのがポイント…「カルディ」の麺のお味は?

カルディ

 続いてはカルディで販売されているビャンビャン麺。2021年に「麻辣味」が販売されると瞬く間に人気となり完売続出、2022年に「花椒オイスター味」も販売開始された。(いずれも449円〈税込〉)。当商品が話題になったことも世間でビャンビャン麺の認知度があがった理由の一つと言えるだろう。

 こちらはインスタント乾麺タイプで、お湯で茹でてから付属のタレと混ぜ合わせて調理する。1袋2食入りで、2cmほどある幅広麺が13本入っている(1食あたり)。茹で時間はかなり長めの10~11分。麺を1本1本ゆっくりと鍋にいれていくのが麺同士がくっついてしまわないためのコツだ。

 茹で上がった麺のお湯を切ったら素早く付属のタレと混ぜ合わせる。他の具材がないと少しみすぼらしい見た目になってしまうのでチンゲン菜や、醤油や塩コショウで炒めたひき肉などをのせるのがおすすめだ。

 パッケージには麻辣味とあるが、辛さは思ったよりもマイルドだったので、辛いのが苦手な人でも食べれるだろう。そしてタレからはゴマやオイスターの風味が感じられた。味付け的には胡麻風味の強い担々麺に近いだろうか。

 茹でた後さらに幅広になる麺はもちもち感とつるっとした食べごたえが特徴的。麺のもっちり度は3商品の中でもピカイチだ。乾麺は1人前100gだが、茹で上がった後は250gほどになるので1食で満腹感を得られる十分な量なのも嬉しい。辛い味が好みなら辣油や花椒粉を後追いで追加するとさらに美味しく味わえるだろう。

■シビレと酸味に襲われる……「日清」の麺のお味は?

日清食品

 最後は日清食品のビャンビャン麺(オープン価格。筆者購入時は235円)。2022年3月1日から全国で発売された新商品だ。あまり生産されていないのか、都内ではなかなか見つからず、数店舗まわってスーパーの西友でようやく手にすることができた。3商品の中だとパッケージの「ビャン」の字の存在感は控えめだ。同社の人気商品「担々麺」とパッケージで統一感を出すためだろうか。

 サンヨー食品はカップ麺、カルディーはインスタント乾麺だったが、こちらは冷凍食品タイプ。皿にのせて6~7分電子レンジでチンするだけで食べられる。

 パッケージには辛さレベル4、シビれレベル2とあり、別添えで花椒香油付きと、辛さには自信があるよう。食べてみると確かに3商品の中では最も辛味があるように感じられ、食後も口の中にほどよいヒリヒリ感が残った。辛さと同時に特徴的だったのが酸味で、花椒香油の辛さに加えて、じわじわと感じられる黒酢の酸っぱさが後を引くおいしさ。

 麺は1.5cmほどの幅で、きしめんのよう。むっちりとした口当たりで、辛味と酸味の効いたタレによく絡んだ。こちらもやはり担々麺に近い味付けだが、後から花椒香油をかけられたり、酸味が効いているという点においては油?(ヨウポー)麺との共通点も感じられた。

■本場の麺は、神保町や高田馬場、大阪・日本橋で

 麻婆豆腐やホイコーローなど日本でよく食べられている中華料理も、中華料理店では本場と比較するとマイルドに、冷凍食品や市販の調味料ではどんな人でも食べやすいようさらにマイルドにアレンジされている。

 今回3社が販売しているビャンビャン麺も、各社が力を入れて開発しているだけあって、本場のビャンビャン麺を食べたことがない人でも食べられるよう美味しくアレンジされていた。日本ではあまり馴染みがないビャンビャン麺を商品化するにあたり、味付けが日本人にとって食べやすい担々麺風や麻辣風になるのは至極当然のことといえる。

 冒頭でも述べたが、ここ数年首都圏や関西圏でもビャンビャン麺を出す店は増えてきている。

 都内だと八丁堀や神保町などに店を構える「西安麺荘 秦唐記」や高田馬場に2022年4月にオープンした「西安ビャンビャン麺 小高姉」、大阪だと日本橋の「西安麺荘」などで打ち立てのビャンビャン麺が食べられる(他にも店名に「西安」と入っている店なら、ビャンビャン麺を出している可能性が高い。Google Mapでビャンビャン麺と検索すると意外と多くの店でビャンビャン麺を提供しているのが見つかる)。

 これらの店ではベーシックな油?(ヨウポー)麺だけでなく、トマトと卵のビャンビャン麺や、肉味噌ビャンビャン麺、さらには全部のせなど、様々な種類のビャンビャン麺を食べられる。

 今回紹介したお家で食べられるビャンビャン麺を入門編として、実践編では本場のビャンビャン麺に挑戦し、味の違いや、中華料理の奥深さを楽しんでみてほしい。

(阿生)

関連記事(外部サイト)