「わたしキレイ?」“口裂け女”の噂は、子供の進学塾通いが原因なのか「口裂け女=母親説」を支持した人々の深層心理

「わたしキレイ?」“口裂け女”の噂は、子供の進学塾通いが原因なのか「口裂け女=母親説」を支持した人々の深層心理

©iStock.com

「女と子供を取り殺す。触れるどころか周囲にいるだけでね」ネット怪談“コトリバコ”は、なぜ殿堂入りの名作となったのか から続く

 「口裂け女」を覚えているだろうか。マスクを取ると口が耳まで裂けている女であると説明されることが多い。「わたしキレイ?」というセリフもお馴染みだ。

 これまで口裂け女の噂は、1979年に日本で大流行したことがその始まりだとされていたが、オカルトや怪談の研究をライフワークにする吉田悠軌さんの調査によれば、それよりもっと前、少なくとも1970年代半ば〜後半には口裂け女の噂が全国に広まっていたのは確かなようだ。

 吉田さんによると、「口裂け女」の噂がメディアで取り上げられた最も古い記録では、「裂けた口のメイクをして人を脅かす女性が出没するから気をつけるように」というオチがあったという。つまり、その話の中の「口裂け女」はただの人間だったのである。

 1979年の「大流行」だけで口裂け女を語る訳にはいかない。むしろ、この年の「大流行」によって、それまであった口裂け女の噂が変質してしまった点にこそ着目すべきだろう。ここでは、吉田さんが怪談をもとに現代人の恐怖について分析した『 現代怪談考 』より一部を抜粋。もとはただの人間だったはずの「口裂け女」のイメージはどのように変わっていったのだろうか。(全2回の2回目/ 前編を読む )

◆◆◆

 我々がよく知るように、79年「大流行」あたりから、口裂け女の過剰なキャラクター化が進んだ。「わたしキレイ?」「マスクを装着」「鎌や包丁で子供の口を切り裂く」「べっこう飴が好きでポマードが苦手」といった要素は「大流行」前にもぽつぽつと見られた要素だが、年が進むにつれて特徴として固定されていった。

 特に注意すべきは、「大流行」前の口裂け女は「鎌や包丁で子供の口を切り裂く」といった攻撃を行う場合が少なかったことだ。裂けた口を見せて脅すだけに止まり、他の行動はせいぜい追いかけてくる程度、刃物で傷つけてくるのも皆無ではないが珍しいパターンである。

 しかし79年頃から、「子供の口を自分と同様にするため裂いてくる」攻撃型が定番化されていく。そのため過渡期には、脅すだけの「口裂け女」とは区別して、こちらの攻撃型を「口裂き女」と呼んでいたともいう(埼玉県川越市、79年春頃の事例)。

「口裂き女」は、さまざまな調査資料を読むと散見される呼び名だが、単純な言い間違えや無意味なローカル変化ということでは済ませられない。口裂け女の性質が悪化し、「ただの人間」から怪物めいた存在へと移行していく流れを、子供たちが敏感に感じ取り、意識的に呼び名を変えていったことを示してもいるのだ。

「大流行」後はこれに「トレンチコートにパンタロン」「赤いスポーツカーに乗っている」といった世相が反映がなされ、果ては「100メートルを高速で走る」などの超能力まで付け足される。「ただの人間」が口の裂けた仮装をしているうち、本当に口の裂けた怪物となってしまったという……。

■口裂け女が怖くなくなっていったワケ

 物理攻撃をしてくる方が恐怖度が高いではないか、と捉えるのは早計だ。たしかに刃物で口を裂かれると聞けばインパクトは強いが、そうした大げさなフィクション化が進むと、どんどんリアリティが弱化していくのである。

 マスコミは噂が事実ではないと否定しつつも、ちゃっかり話題に便乗し、せっせと口裂け女のキャラクター化や「いじり」にいそしんだ。図解イラスト付きで噂の伝播スピードをそのまま足の速さに置き換えたり(注1)、タレントの研ナオコと屋台に酒を飲みに行かせたり……(注2)。

 このような怪物に恐怖するのは、かなり年齢の低い幼児だけだろう。10代以上の少年少女は、もはや笑いの対象として捉える方が多かったはずだ。さらに、その中の何割かの子供たちは79年の「大流行」に対して「口裂け女なんて、数年前に流れた噂だろ? なんで今さら流行ってるんだ?」とまで思っていた。

 こうした興覚めや客観化は当然のことで、マスコミによって全国規模の噂であることが報道されてしまえば、「自分たちの街にだけ起きた実際の事件である」といったリアリティは崩壊する。

 そうなれば、もはや口裂け女について語るなら、彼女を人外のキャラクターとして弄び、半笑いを浮かべるような楽しい話題へとすり替えていくしかない。マスコミ報道が口裂け女の実話性を消滅させたことはよく言及されるが(注3)、「大流行」を経た後では、リアルな恐怖の視線を彼女に向けることは不可能となったのだ。

 79年「大流行」とそれ以前との決定的な違いは、口裂け女が「マスコミに気づかれた」ことである。学校教師や就学児童の親など一部の大人は、78年以前にも口裂け女を知っていただろうが、それ以外の大人たち、それも解釈したがり論考したがりの大人たちに「気づかれてしまった」ことで、口裂け女にはさらなる大きな変容がもたらされた。

 それは「口裂け女=母親」説である。すぐ隣に住む「他者」への恐怖ではなく、子供たちは「母親」を恐怖しているのだという解釈に、いつのまにかすり替えられてしまったのだ。

■「口裂け女=母親説」

 現在、口裂け女の検証として最も参照されることが多い資料は、『週刊朝日』1979年6月29日号の記事だろう(注4)。たしかに貴重な労作だが、この時点で早々に「口裂け女=母親説」がスタートしていた。心理学者の秋山さと子による「『口裂け女』、それはお母さんのことですよ」などのコメントがそれだ。秋山はこの後も、口裂け女を「呑み込む母」、あるいはユング心理学の「太母」と見なす考察を展開している(注5)。

 1979年はまた、1月に第1回共通一次試験がスタートするなど、「受験戦争」「進学塾」が注目された時期でもあった。60年代から続く「教育ママ」言説もさらにクローズアップされる。「大流行」のメディア最初期報道である『岐阜日日新聞』「編集余記」でも、「寒空に塾通いを強いられた子供が被害者意識のこうじるあまり創造した現代のお化けかもしれない」と、塾通いと口裂け女が結び付けられている(注6)。

「大流行」以降、口裂け女の噂は、子供の進学塾通いが原因だとする論調は数多く生まれた。帰り時間が遅くなった夜道の恐怖が噂を生むのではないか、岐阜は教育熱心な土地柄なので塾通いの率が高い、または逆に、塾通いできない子供をなだめるため、親が口裂け女の噂を語ったのだ……などさまざまな言説が飛び交ったが、いずれも根拠は薄い。

 民俗学者の宮田登も「受験社会だからいつも勉強しろ、勉強しろとせめたてられている。そのイメージが口裂け女の姿をとった、般若面で口が裂けた恐ろしい形相の女の姿になって襲いかかってくるというのである」など、口裂け女=教育ママ説を支持する態度を示している(注7)。

 こうした言説は、後年、批判を受けることにもなる。木下冨雄は社会心理学の立場から、秋山の「グレート・マザー説」、宮田の「教育ママ説」ともに「口裂け女=母親とする深層心理的な解釈は、残念ながら誤っている」と否定。

「子どもたちは、口裂け女のような非科学的な存在を必ずしも信じるわけではないが、逆にだからこそ、そのような超自然的存在がいてくれれば、ゾクゾクするほど嬉しいということなのである。口裂け女が、子どもたちにとっては、「見たし怖し」という、恰好の遊びの対象であったことがわかる」

「優れた民俗学者や精神分析学者が、なぜこのような誤りを犯したか。それは、彼らがおとなの物差しで、子どもたちの心理を読もうとしたからである」

「おとながこの噂に関心をもったのは、彼らが「性」の香りを、この主題の中に嗅ぎとったことの投影である。換言すれば、おとなたちが口裂け女=性的象徴と解釈したのは、自分たちが性に関心があることを、無意識のうちに告白したことにほかならない(注8)」

 私も、口裂け女の噂に「母親」を投影し過ぎる考察は当を得ていないと考える。先述した通り、「大流行」前の口裂け女の噂は、「ただの人間」による「イタズラ」「異常行動」がオチとなるような実話性にこそ特徴があった。楳図のヘビ女のような心理学的「母親」イメージの投影はほとんど見られなかったのだ。

?

■「口裂け女」に「母親」を投影する理由

 結局のところ、我々は「母性」のネガティブな表れを期待し、「子殺しの母」の恐怖を求めているのだ。ユング心理学における太母(グレート・マザー)といったような、手垢のついた説明概念によりかからずとも、こうしたイメージが世間にありふれていることは、現代のあらゆる娯楽作品のストーリー展開を見れば明らかだ。

 近年のアメリカで製作される娯楽映像作品を例に挙げるのが、最もわかりやすいだろう。映画やドラマに出てくる「敵」「乗り越えるべき障害」の多くが、象徴的な役割としての「子殺しの母」「子殺しの父」であり、この父母を(象徴的に)殺す解決こそが物語のカタルシスとなる。

 もちろん象徴的な「親」なので実の父母とは限らず、ボスだったりメンターだったり怪物だったり、時には人格を伴わない「トラウマ」や「目標」だったりもする。

 これはまた殺人鬼やモンスター、事故や災害などの災厄に見舞われる中、幼い子供たちの生存率だけが突出して高く描かれることと表裏一体でもある。

 現代人にとっての最大の恐怖は、子供が死ぬこと、子供が殺されること。だから「子殺しの親」こそが敵・障害の典型となる。あるいはもっと広くとって、「子の成長を拒否する親」までを範囲とすれば、より伝わりやすいだろうか。

 これと匹敵する絶対悪は「不老不死」しかないが、結局のところ「不老不死」「子の成長の拒否」「子殺し」はいずれも同根の悪なのである(注9)。

 そして日本ではアメリカほど「子殺しの父」の存在が大きくないので、代わりに「子殺しの母」がクローズアップされる。とりあえず、近年の日本ホラー文化を代表する作品として澤村伊智『ぼぎわんが、来る』(2015)を挙げておくが、他にも「子殺しの母」がモチーフとなるホラー作品は枚挙に暇がない。

「ただの人間」だったはずの口裂け女がキャラクター化・怪物化され、そして「母親」の恐怖を投影されてしまった……という一連の動向。それはもはや、なるべくしてなった変節だったのかもしれない。

「口が耳まで裂けた女」という怪物イメージは、まったくもってありふれた古典的なものだ、だからこそ、さまざまな解釈をどこまでも受け入れ、すぐに変化してくれる万能の器でもある。

 2021年においてもまだ、「口裂け女」という怪物は「母親」の解釈を背負わされている。木下の言葉を借りるなら、それは現代の我々が「子殺しの母」に関心があるのだと、無意識のうちに告白していることに他ならない。

◆◆◆

注1 『毎日小学生新聞』(1979年7月5日号)。「話が日本じゅうに広がるまでに、わずか半年間ほど。百メートル6〜12秒の速さで“口裂け女”が日本列島をかけ回ったことになるわけです。うわさとは何とも、ものすごいものですね。」

注2 ミニ・サラ『なぞなぞ大爆発??最新作』(二見書房、1979)

注3 たとえば『ユリイカ』(1998年8月臨時増刊号)の京極夏彦・村崎百郎の対談「怪談は転生する??近代という膜が破れる時」など。

注4 平泉悦郎「全国の小中学生を恐れさせる「口裂け女」風説の奇々怪々」『週刊朝日』(1979年6月29日号)。

注5 秋山さと子「噂話の深層心理」『月間言語』(1989年12月号)。

注6 『岐阜日日新聞』(1979年1月26日)。

注7 宮田登『妖怪の民俗学??日本の見えない空間』(岩波書店、1985)。

注8 木下富雄「現代の噂から口頭伝承の発生メカニズムを探る??「マクドナルド・ハンバーガー」と「口裂け女」の噂」『応用心理学講座4』(福村出版、1994)。同様の主張は、宮本直和「「子供の流言」研究:大人の見る子供の現実と子供の現実」(神奈川大学、1999)でもなされている。

注9 とにかく「子殺し」の恐怖を執拗に描き続ける山岸涼子のマンガ作品中でも、屈指の名作とされる「汐の声」(1982)を思い出そう。我が子の成長を拒否したあの母親は、同年に発表された「夜叉御前」(1982)の鬼女たる母親と並ぶ、山岸版「子殺しの母」の代表格である。

(吉田 悠軌)

関連記事(外部サイト)