〈「TEGOSHI BEAUTY SALON」全店閉店へ〉手越祐也「店舗拡大」と豪語していたが…従業員半数か?去った“フ?ラック経営”

〈「TEGOSHI BEAUTY SALON」全店閉店へ〉手越祐也「店舗拡大」と豪語していたが…従業員半数か?去った“フ?ラック経営”

〈「TEGOSHI BEAUTY SALON」全店閉店へ〉手越祐也「店舗拡大」と豪語していたが…従業員半数か?去った“フ?ラック経営”の画像

 5月16日、手越祐也(34)が経営する美容サロン「TEGOSHI BEAUTY SALON」が全店閉店に向け調整を進めていることが報じられた。同社HPによると5月末にはすべての店舗を閉店するという。

「僕が手掛ける事業第1弾」と息巻いていたはずの手越に一体何があったのか。経営悪化の実態をスクープした「 週刊文春 」の記事を公開する。(初出:週刊文春 2022年3月3日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

〈僕が手掛ける事業第1弾として10月に美容サロンがオープンします!〉

 一昨年10月、華々しく開店した手越祐也(34)の「TEGOSHI BEAUTY SALON(以下、T社)」だったが……。

 T社は脱毛美容サロンだ。当初は手越の気合も十分でオープン直前に決起集会も開催。従業員が語る。

「ホテルの宴会場でフレンチのコースが出て驚いた。手越さんは『21年中に21店舗まで広げます!』と豪語していましたね」

 当初はファンが殺到。神楽坂店はひと月、3000万円も売り上げた。しかし――。

「なぜか別の会社の店舗で働かされるのです」(同前)

 その会社とは美容サロンを経営するエストラボ(以下、E社)だ。E社はローランドなど著名人にノウハウを提供、手越にも同様だ。

■手越は代表でも役員でもない

「開店前の研修もE社の運営する店舗。最初はそういうものかと思いました。でもその後、何度も『人手不足』を理由にE社の店舗に回された。T社に就職したのに……」(別の従業員)

 そこでE社に「おかしいのでは」と言うと、T社の代表から〈辞令〉メールが届き、出向という形でE社での仕事を命じられたという。

 実は手越はT社の代表でも役員でもない。奈良市在住の女性が代表だが、

「姿を見たことも無い。実質的に『代表』を務めるのはE社社長の父で、複数の美容会社を経営するAさんです。T社の役員に名前はないのですが、従業員の面接もAさんが担当」(同前)

 従業員管理もE社が担うが、そこでも問題が。昨年1月、家族がコロナに感染し、濃厚接触者となった従業員が言う。

「E社に保健所の指示に従うよう言われ、自宅待機すると、22万円の給与が約8万円に減らされていた。そこで休業支援金の申請をしようとE社に書類記載を頼んでも、なぜか『休めと指示していない』と拒否された。書いてもらう交渉に1年かかりました」

■顧客も減り、売り上げが激減

 旬報法律事務所の佐々木亮弁護士が指摘する。

「T社と契約しながら、E社が主に運営をしているとなると、雇用責任があいまいになりかねない。また、濃厚接触で休業中の給与を会社側が一方的に欠勤扱いするのは問題です。濃厚接触者も、黙って給料のために出勤せざるを得なくなる」

 他社の仕事を命じられ、濃厚接触で給料減と、かなり“ブラック経営”なT社。

「顧客も減り、売り上げが激減。7店舗が、1月末にE社運営の他店との統合などで5店舗に。従業員も計36人いましたが、待遇が嫌になった人も多く、半数に減った」(前出・従業員)

 A氏に話を聞いた。

――手越の立場は?

「オーナーで株主です」

――T社の従業員をE社で働かせているのは問題では。

「うちはT社とマネジメント契約をし、運営を委託されています。店舗に人を出してもらった分は、T社に人件費を支払っています」

――支援金申請を渋った。

「私は分かりません」

■手越の事務所の回答は…

 手越の事務所は「運営会社と折り合えない部分があり、経営には関与しておりません。お伝えできていなかったことは心苦しく思います。プロデューサーとして、事実であれば、運営側に改善を求めて抗議するつもりです」と回答した。

 事業第1弾は、「テイッ」と丸投げ?

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年3月3日号)

関連記事(外部サイト)