「マジで行きたかったです、沖縄…」故郷への凱旋直前に二軍落ち、ソフトバンク・リチャード選手の胸の内

「マジで行きたかったです、沖縄…」故郷への凱旋直前に二軍落ち、ソフトバンク・リチャード選手の胸の内

リチャード ©時事通信社

 5月17日、18日は沖縄セルラースタジアム那覇でライオンズ対ホークスの試合が行われた。両チームそれぞれ沖縄出身選手も在籍しており、地元ファンが多数駆け付けた。17日はライオンズが與座海人投手、ホークスが東浜巨投手と沖縄出身投手同士が先発し、盛り上がった。さらに、與座投手と東浜投手は沖縄尚学高校の先輩後輩だ。本人たちはもちろん、沖縄のファンにとっても夢のあるマッチデーになったのではないか。素晴らしい投手戦を演じた。

 テレビ中継を見ていても、沖縄の野球熱の高さを感じた。地元出身選手がマウンドに上がったり、打席に入ったりすると、盛り上がりは最高潮に。沖縄出身の選手にとって、地元での試合に出場することが非常に特別だということがよくわかる。

■「じいちゃんも観に来るから、ホームランかち込もうって思ってたんですけど……」

 そんな中、まさかの故郷凱旋直前に2軍降格となってしまったのがリチャード選手だった。皮肉にも、チームが那覇入りするその日に出場選手登録を抹消された。当然、悔しい気持ちでいっぱいなはずだ。家族、親戚、友人らのためにチケットも大量に購入していた。みんなもリチャード選手本人も故郷でのプレーを楽しみにしていた中での悲報。親族のグループラインで「ごめんね」とひとこと伝えるのが精一杯だった。「じいちゃんも観に来るから、ホームランかち込もうって思ってたんですけど……」とショックは大きかった。

 17日、2軍は試合がなく練習日だった。リチャード選手は、時折チームメイトと談笑しながら練習に取り組むも、やはりどこか空虚感が感じられた。小久保裕紀2軍監督が、朝の全体集合の際、「リチャード、沖縄行けなくてしんみりしてるから、みんな優しくしてやってや〜」とイジって笑いに変えてくれた。気に掛けてもらい、リチャード選手も感謝していた。

 今季1軍では8試合に出場し、18打数4安打。本塁打は0本だった。それでも、長谷川勇也打撃コーチに「良い打ち方してるよ」と声を掛けられた。現役時代から、リチャード選手の打撃を見守ってくれていた長谷川コーチの言葉は何より励みになっただろう。「長谷川コーチには“センターに打て”ではなく、“センターにぶち込め”と言われます。スイングは直すところないから、センターにぶち込みにいけと。そしたら、結果的にヒットになったり、角度がついたりするからと言われました」とリチャード選手。

 試合では本塁打こそ出なかったが、練習でもいい打球が飛び、チーム全体で取り組んでいる2ストライクアプローチからも安打を放ち、一定の手応えも感じた。約2週間の1軍で、結果だけ見ると確かに物足りない数字だが、「これでいこう」という自身の軸になるものは見つかったという。

 先週11日の試合では、沖縄尚学高校の先輩である東浜巨投手がノーヒットノーランを達成した。その試合で三塁手としてスタメン出場したリチャード選手だったが、ここでも嬉しさと悔しさを同時に味わった。

「巨さん、凄かったです! 僕も9回まで行きたかったです……」

 先輩の好投に胸が高鳴った。毎イニング終わるごとに行っていたハイタッチも、ノーヒットだと気付いてからは、行けなくなってしまったという。先輩の偉業を隣で支えるんだと集中してグラウンドに立っていたが……9回は“守備固め”の野村勇選手と交代。監督も守備面の成長を認めてくれていたというから余計に悔しかった。「まだ信用がないってことですよね。そこも頑張っていかないと」と前を向いた。2週間の1軍で収穫もあったが、たくさんの悔しさを経験したリチャード選手は、ファームで再スタートを切った。

■課せられたのは「100本の柵越え」

 2軍合流したこの日は、練習後に特打を行った。課せられたのは「100本の柵越え」だった。ヘトヘトになりながらバットを振りまくったリチャード選手だったが、結果的に柵越えは100本には到達せず。背番号と同じ52本だった。

 吉本亮2軍打撃コーチいわく、大事なのは実際に100本柵越えすることではなく、この練習に取り組む“集中力”がどれほど続くかというところにもあったという。吉本コーチもリチャード選手の沖縄に行けなかった悔しさやショックは充分に理解していた。だからこそ、一つそこを乗り越えて羽ばたかせるために……リチャード選手の現状と真っ向から向き合う。

 吉本コーチも3軍打撃コーチ時代からずっとリチャード選手を近くで見てきた存在だ。「僕も彼に育てられている」と話していたが、リチャード選手の開花を後押しするために、コーチ陣も様々な想いで共に歩んできたのだ。

 藤本博史監督もきっとそうなのではないか。今回は冷酷な判断にも見えたが、リチャード選手をよく知り、共に歩んできて、期待してやまないからこそ、人一倍厳しく接しているようにも感じる。リチャード選手のポテンシャルは、誰もが持てるものではない。生かすも殺すも自分次第。とはいえ、首脳陣もリチャード選手の覚醒を願い、信じて寄り添ったり、突き放したりしながら、共に歩んできたのだろう。吉本コーチの話を聞きながら、入団からここまでのリチャード選手の姿を思い返した。

「マジで行きたかったです、沖縄……」。素直に悔しさも吐露したが、気持ちの切り替えという意味も込めて、ヒゲを剃ったというリチャード選手。しっかり切り替えて前に向かう姿勢がうかがえた。この悔しさは、絶対にこれからの糧として欲しい。次の沖縄開催試合のヒーローはリチャード、君だ! そして、誰もがリチャード選手の力を信じ、見守り、共に上の舞台を目指そうとしている。みんなの夢なんだと改めて思った。将来、笑ってこのことを振り返れる日が来ますように。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/54126 でHITボタンを押してください。

(上杉 あずさ)

関連記事(外部サイト)