『陰陽師』『のぼうの城』『七つの会議』『風立ちぬ』…狂言師・野村萬斎が映画で演じた役に共通する“一つの人物像”とは

『陰陽師』『のぼうの城』『七つの会議』『風立ちぬ』…狂言師・野村萬斎が映画で演じた役に共通する“一つの人物像”とは

野村萬斎さん ©文藝春秋

 日本の伝統芸能「能楽」とは、能と狂言を合わせて言う言葉である。野村萬斎さんは狂言方の後継ぎとして生まれ育ち、今では映画やテレビでも活躍する人気俳優となった。

 ここでは、明治大学大学院講師であり、横浜能楽堂の芸術監督でもある中村雅之さんの著書『 野村萬斎 』(新潮新書)より一部を抜粋。ドラマや映画で萬斎さんが演じた数々の役に共通する狂言の演技術とは、一体どのようなものだろうか。(全2回の1回目/ 後編を読む )

◆◆◆

■エイスケさん

 萬斎が爆発的人気を得たのは、平成9(1997)年に放送されたNHK連続テレビ小説「あぐり」によってだった。

「あぐり」は、作家・吉行淳之介の母で、長年、東京で美容院を経営していた吉行あぐりをモデルにした一代記。萬斎は、あぐりの夫で、前衛的な小説を残した流行作家の「エイスケさん」を演じた。大正時代から昭和初期にかけて、東京という大都会で、奔放に生きた「エイスケさん」とはこんな人物だったのだろうと納得させるような萬斎の軽妙洒脱な演技は大きな人気を呼んだ。

 萬斎は、普段は観客に解釈を押し付けないように演じているとした上で、「対極にあるのがテレビドラマですかね。私はこういう人間ですとワーッとやった者勝ちになる。それを自分が一番やったのが、『あぐり』のエイスケさんだったと思います」と語っている(『狂言三人三様野村萬斎の巻』)。

 視聴者からは、演技に対する評価ではなく、「エイスケさん」というキャラクターが気に入っているという声が多く「エイスケさん」と萬斎を同一視しているようだった。萬斎としては技術に注目して欲しかったのだが、それを感じさせない程、自然に見えたのだ。

 萬斎はこの作品で「橋田賞新人賞」と「エランドール賞特別賞」を受賞した。「橋田賞」は、脚本家の橋田壽賀子が創設した賞で、テレビ文化に貢献した番組や個人に贈られる。萬斎の受賞理由には「颯爽と、また飄々とした雰囲気と豪胆でいて繊細な演技には既存の俳優にはない独特の存在感がある。動と静を同時に表現できる俳優として今後大いに期待できる」とあった。

「エランドール賞」は、日本映画テレビプロデューサー協会が制定した賞で、「特別賞」は、その年度に顕著な実績があった個人を対象としている。萬斎の受賞理由は「ヒロインの夫エイスケの半生を軽妙かつ爽やかに演じて全国の視聴者にエイスケ旋風を巻き起こすとともにドラマの成功に絶大な貢献」をしたというものだった。

「あぐり」に出演するかどうか、萬斎は「相当迷った」という。リアリズム演劇のテレビドラマに自分が出る必然性にも疑問があった。失敗すればかえって狂言のためにはならない。

 それでも「『花の乱』で身につけたテレビの演技術を、もういちど現代劇のなかで試してみたかったということと、留学を経て、狂言以外の世界で自分の実力がどの程度通用するのかを、見極めてみたい」(『萬斎でござる』)という思いが出演を後押しした。

 狂言で培った演技術も生きた。萬斎は、演じるキャラクター用の型をつくる事が自分の役作りで、それはまさに狂言のテクニックだと言う。

「テレビや映画などでは、舞台とちがって、なりきり型にならないとうまくいかないように思います。そういう場合にも、型をつくることからはじめる狂言の技術が応用できるということが確認できました」(同)。??

■「陰陽師」?

 萬斎の人気を決定付けたのは、平成13(2001)年公開の映画「陰陽師(おんみょうじ)」で演じた安倍晴明役だった。

 作家・夢枕獏の伝奇小説が原作で、監督は、ピンク映画から「コミック雑誌なんかいらない!」で一般映画に進出し、「僕らはみんな生きている」等の話題作を撮っていた滝田洋二郎だった。

 平安時代の実在の陰陽師・安倍晴明が、妖術で都を滅ぼそうとする陰陽頭の前に敢然と立ちはだかる。萬斎は主役の安倍晴明を演じ、敵対する陰陽頭はハリウッドでも活躍する真田広之が演じた。

 この作品では、萬斎の身に付いた様式的な存在感が際立った。萬斎は「意味を伝えずとも音だけで人が気持ちよくなる、現れただけでハッと思われる役者になりたいという志向が最初からありました」として、「陰陽師」では「安倍晴明はまさに神秘的な存在感で、すっといる。声が呪文のようにスーッと聞こえる。場面場面にはほとんど意味がない。実はそれだけで撮っています。自分で芝居しているとはとうてい思えない。それが安倍晴明という役に凝縮されている気はします」と語っている(『狂言三人三様野村萬斎の巻』)。?

「陰陽師」は興行収入30億円を超えるヒットとなり、萬斎はスポーツ紙の映画担当記者の投票で決まる「ブルーリボン賞」の「主演男優賞」のほか、「日本アカデミー賞」では「新人俳優賞」と「優秀主演男優賞」の2冠に輝いた。?

「あぐり」から「陰陽師」に掛けての萬斎の年齢は、31から35歳。万作は萬斎について「20、30の頃、とても花がありました。時の花とはこういうものかなと、親でさえも思いました。花のある狂言師だった」と回想している(『人間国宝野村万作の世界』林和利、明治書院)。?

■野村萬斎が演じた役の数々

「陰陽師」の後、萬斎は5本の映画に出演するが、いずれも主演を務めている。?

 平成15(2003)年、前作のヒットを受け、「陰陽師U」が制作された。この作品では、朝廷を滅亡させようとする出雲族の生き残りの術師に扮した中井貴一を敵役に、前作に引き続き安倍晴明を好演した。?

 平成24(2012)年、「のぼうの城」で佐藤浩市と共演。和田竜が、脚本家の登竜門である「城戸賞」を受賞した「忍ぶの城」を映画化した作品で、CMディレクターから映画に進出した犬童一心と樋口真嗣が共同で監督した。身分を超えて領民と交わり、「(でく)のぼう様」と慕われる武将・成田長親は、豊臣方の石田三成軍を前に籠城せざるを得なくなるものの、命懸けの奇策と人望で持ち堪えるという粗筋だ。

 萬斎は長親、佐藤浩市は幼馴染で重臣の正木丹波守利英を演じた。当初は平成23(2011)年9月に公開を予定していたが、「水攻め」のシーンがあり、この年の3月に起こった東日本大震災による津波を連想させることから、翌年11月まで公開が延期された。興行収入28億円を超えるヒットとなり、「日本アカデミー賞」で作品賞など十部門の「優秀賞」を獲得。萬斎も「優秀主演男優賞」に輝いた。

 平成25(2013)年に公開された宮崎駿監督のアニメーション映画「風立ちぬ」では声優にも挑戦した。ゼロ戦の設計者である堀越二郎の半生をモデルに、堀辰雄の名著「風立ちぬ」を織り交ぜ、生きることの大切さを説いた作品だ。

 萬斎は、堀越の夢の中に現れた尊敬するイタリアの飛行機設計家・カプローニ伯爵の声で出演した。この作品は約120億円という興行収入を上げただけでなく、アメリカのアカデミー賞長編アニメーション映画賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされるなど、世界的に高い評価を得た。

 テレビドラマでは、平成27(2015)年からフジテレビ系で、アガサ・クリスティー原作×三谷幸喜脚本×野村萬斎主演の組み合わせでスペシャルドラマが始まった。名探偵ポアロをモデルとした主人公「勝呂武尊(すぐろたける)」を萬斎が演じ、物語の舞台を日本に置き換えた。

 名作「オリエント急行の殺人」を原作とする「オリエント急行殺人事件」を皮切りに、平成30(2018)年には「アクロイド殺し」を原作とする「黒井戸殺し」、令和3(2021)年には同名の作品を原作とする「死との約束」が放送された。

 平成28(2016)年には、金子修介監督のオリジナル脚本映画「スキャナー記憶のカケラをよむ男」に主演。萬斎が演じたのは、売れなくなったお笑いコンビの片割れだが、物や場所に残る記憶や感情を読み取る不思議な能力を持っている。若い女性に頼み込まれ、しぶしぶ、ある失踪事件の解決を助ける事になる。

 平成29(2017)年、篠原哲雄監督の「花戦さ」に主演。織田信長に中井貴一、千利休に佐藤浩市、豊臣秀吉に市川猿之助、前田利家に佐々木蔵之介らが顔を揃えた。萬斎は、利休に切腹を命じたのをきっかけに狂ったように人々を死に追いやる豊臣秀吉を、死を覚悟して活け花によって諫める華道家の池坊専好を演じた。

 平成31(2019)年に主演した「七つの会議」は、「半沢直樹」シリーズで知られる人気作家・池井戸潤の原作を、TBSのヒットメーカー・福澤克雄が演出するという鉄壁の組み合わせだった。社内のパワハラ事件をきっかけに、その裏にある偽装事件が浮かび上がるという企業ミステリー。萬斎は「ぐうたら社員」で万年係長だが謎を秘める八角民夫の役で、鬼の営業部長を香川照之、やり手の課長を片岡愛之助、そのライバルを及川光博が演じた。

 こうやって映画での萬斎の役柄を並べて見ると、一つの共通する人物像が浮かび上がって来る。普段は飄々と生きていたり、頼りなかったり、どうしようもない生活を送っていたりするが、いざとなると非凡な知恵と能力を発揮する、といった人物像だ。

 その人物像は、狂言の中に庶民の代表として登場する「太郎冠者」の一面を捉えている。さらには、狂言では、万蔵家の伝統を受け継ぐ軽妙洒脱な芸風で演じて見せるが、その実は知的・理性的な人間である萬斎そのものとも共通している。

 少し人物像は違うが、「実は……」という点では、令和3(2021)年に、人気の「ドクターX〜外科医・大門未知子」の第七シリーズで演じた役も同じだ。始めは主演の米倉涼子の敵役と見えたが、実は善玉というクセのある役。初めての民放の連続ドラマ出演だったが、しっかりと存在感を示した。

 意外なところでは平成28(2016)年公開の「シン・ゴジラ」にもかかわっている。ゴジラのモーションキャプチャーアクターを務めたのだ。モーションキャプチャーとは、人間の動きをデータに取り、コンピュータグラフィックのキャラクターに反映させるもの。かつて俳優が着ぐるみを着て動いたのに代わる技術だ。「シン・ゴジラ」のゴジラを、萬斎が着ぐるみを着て演じたようなものと言っても良いだろう。ここにも狂言の演技術が生きている。

「その頃、狂言が見たくて見たくてたまらないなんて人はなかった」狂言師・野村萬斎がここまで縦横無尽に活躍できる“根本的な理由” へ続く

(中村 雅之)

関連記事(外部サイト)