チェルノブイリ原発事故に直面…決死隊に志願、消防士が挑む“危険な任務” 「チェルノブイリ1986」を採点!

チェルノブイリ原発事故に直面…決死隊に志願、消防士が挑む“危険な任務” 「チェルノブイリ1986」を採点!

© 《Non-stop Production》 LLC, ©《Central Partnership》 LLC, ©《GPM KIT》 LLC, 2020. All Rights Reserved.

■〈あらすじ〉

1986年、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国のプリピャチ。消防士のアレクセイ(ダニーラ・コズロフスキー)は元恋人のオリガ(オクサナ・アキンシナ)と10年ぶりに再会する。彼女が独りで育てている10歳の息子の父親が自分だと察し、家族3人での新生活を決意する。2週間後の4月26日、地元のチェルノブイリ原子力発電所が爆発し、穏やかな日常が一変する。原発の地下通路の構造に詳しいアレクセイは事故対策本部の会議に招集され、水蒸気爆発が発生すると欧州全土が放射性物質で汚染されることを知る。被曝した息子にスイスで最高の治療を受けさせることを交換条件に、アレクセイは爆発を阻止するための決死隊に志願する。

■〈解説〉

未曾有の大災害に直面した消防士が、家族を守るために命がけの任務に挑むヒューマンドラマ。主演俳優ダニーラ・コズロフスキーの監督第2作。136分。

中野翠(コラムニスト)

★★★☆☆当時の原発の内部はこうなっていたのかという興味。主人公(消防士)は捨て身の活躍ぶりだが、後遺症は? と気になる。

芝山幹郎(翻訳家)

★★☆☆☆撮影も編集も粗雑で横着。閉口した。ヒーローの心理描写などより事故の深部を見たかった。他に方法があったはずだ。

斎藤綾子(作家)

★★★★☆水温51度の潜水や手動での作業が必要とは。死を覚悟で立ち向かう姿に戦慄。爆発阻止だけじゃない現実の非情を知る。

森直人(映画評論家)

★★☆☆☆創作要素の多いエンタメ化。ディザスター大作の定型に寄せることで、事故の重みが予定調和の枠に還元される危うさも。

洞口依子(女優)

★★☆☆☆20世紀の最も恐ろしい核災害という背景に錘が無い。学びにも欠ける。大体、恋愛ドラマ展開というその安っぽさに閉口。

『チェルノブイリ1986』(露)
新宿ピカデリーほか全国公開中
https://chernobyl1986-movie.com/

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年5月26日号)

関連記事(外部サイト)