結婚式を控える男との逢瀬のあとに…孤児から小説家になった女性の“人生を変えた一日” 「帰らない日曜日」を採点!

結婚式を控える男との逢瀬のあとに…孤児から小説家になった女性の“人生を変えた一日” 「帰らない日曜日」を採点!

© CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND NUMBER 9 FILMS SUNDAY LIMITED 2021 All rights reserved.

■〈あらすじ〉

1924年3月の最終日曜日。イギリス中のメイドが年に一度の里帰りを許される〈母の日〉だが、ニヴン家で働く孤児院育ちのジェーン(オデッサ・ヤング)には帰る場所がなかった。秘密の関係を続けるシェリンガム家のポール(ジョシュ・オコナー)から誰もいない邸に招かれ、寝室で逢瀬を楽しむ。ホブデイ家のエマとの結婚式を2週間後に控えるポールは前祝いの昼食会へと向かい、残されたジェーンは無人の邸を全裸で探索する。ジェーンがニヴン家へ戻ると、思わぬ知らせが待ち受けていた。

■〈解説〉

第一次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤児から小説家になった主人公が、人生を変えた1日を振り返る形で描くラブストーリー。監督は『バハールの涙』のエヴァ・ユッソン。104分。

中野翠(コラムニスト)

★★★★★イギリス映画ならではのヒネリの利いた、恋物語(?)。図に乗る女のたくましさ。若さというもの。衣裳、車、邸も見もの。

芝山幹郎(翻訳家)

★★★☆☆時制を攪拌して重層性を出そうとしているが、エロスも苦痛も生煮え。どこかで見たような描写が続き、眼に刺さらない。

斎藤綾子(作家)

★★★★☆明るい屋敷での若い2人のセックスシーンは生命力を愛おしく感じさせる。だが老女の受賞場面まで描く必要あったか?

森直人(映画評論家)

★★★★☆驚くほど上質。戦争の影、階級の葛藤、作家としての芽生え。哀艶なメロドラマに諸要素がきめ細かく織り込まれている。

洞口依子(女優)

★★★☆☆自らの人生の強烈な観察者に設定された主人公。第一次大戦後残された人々の曇った日々。コールマンまたしても好し。

『帰らない日曜日』(英)
5月27日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
https://movies.shochiku.co.jp/sunday/

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年5月26日号)

関連記事(外部サイト)