上野樹里36歳に『のだめカンタービレ』から16年…「素で演じている」という評判に「ちょっとむかつく」理由とは?

上野樹里36歳に『のだめカンタービレ』から16年…「素で演じている」という評判に「ちょっとむかつく」理由とは?

上野樹里 ©文藝春秋

 きょう5月25日は俳優の上野樹里の36歳の誕生日だ。デビューからすでに20年あまりを数える上野だが、いまなお新境地を拓き続けている。

 先月には長らく所属した芸能事務所・アミューズからの独立を発表する一方、出演するドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』(Netflix・テレビ東京共同制作)の配信、主演を務める『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』(TBS系)の放送があいついでスタートした。前者では「もし男性が妊娠したら?」という設定のもと、妊娠した主人公(斎藤工)のパートナーを、後者では母に先立たれた父(松重豊)と一緒に婚活を始める娘を演じている。いずれも、家族や男女関係の形の多様化が進むいまの時代を反映した意欲作だ。

 30代に入ってからの出演作では、2019年に主演したドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)が好評を博し、翌年には続編も放送され、上野の新たな代表作となった。彼女の演じるヒロイン・朝顔は、法医学者として事件で亡くなった人々と日々向き合い、自身も東日本大震災で母親を亡くすという過去を背負っていた。しかし、劇中ではそれとあわせて、父親や夫と幼い娘との日常風景も丁寧に描かれる。

 上野自身、続編のスタートに際し、《大きな仕かけもキラキラ感もないドラマですけど(笑)、等身大の日常や感情を丁寧に紡いでいきたいです》と意気込みを示したように(※1)、ドラマといえば、伏線や小ネタなどをたっぷり盛り込んだ作品がとかくもてはやされがちな(それはそれでありとはいえ)昨今にあって、本作のようなドラマがつくられ、なおかつヒットしたのは貴重だ。

■『のだめカンタービレ』で自然な演技ができたわけ

 上野は中学在学中の2001年にCMでデビューしたが、彼女の存在を一躍世間に知らしめたのは、17歳のときに出演したNHKの朝ドラ『てるてる家族』(2003〜04年)だろう。同作の主演は上野と同い年の石原さとみで、石原が4人姉妹の四女、上野が三女という役どころだった。この三女は姉妹のなかでもとくに個性が強く、子供のころから芸術や発明に興味を持ち、ひょんなことから即席ラーメンの開発にも携わる。

 こうした天才肌の自由奔放なキャラクターは、『てるてる家族』と同時期に撮影された映画『スウィングガールズ』(2004年)などいくつかの作品を経て、人気コミックのドラマ化『のだめカンタービレ』(2006年、フジテレビ系)で演じた音大生・野田恵に集約され、上野は大ブレイクを果たす。そのあまりに自然な演技に、彼女が素で演じていると思った人も少なくないはずである。

 しかし、それも本人に言わせれば、監督や共演者たちと納得ゆくまで話し合いながら役作りした賜物であった。当時の週刊誌の記事では、《取材で『素でやってるでしょ』と言われると、やっぱりちょっとむかつくかな。映画の物語の中でリアルに生きてる人になるためにどうしたらいいかとか、共演者の空気感を受けて次はこうやってみようとか、いつも考えているから》と、世間での反応に疑問を呈している(※2)。

 別の記事でも、「天才」との世評に対し《天才って何?という感じですね。考えてつくっていくしかないじゃないですか。だって、演じている役は自分自身じゃないんだもん。みんながつくってくれる部分もあるし、自分がこうしたいなと思う部分もあるし、しっかり話し合って、自分の意見がないと流されちゃうし、自分の意見が強すぎても、みんなでつくってるという感じがしないし》と語っていた(※3)。

■岩井俊二の酷評に涙したことも

 役作りに対する彼女の熱意を示すエピソードとしては、映画『虹の女神 Rainbow Song』(2006年)への出演にあたり、同作のプロデューサーの岩井俊二に初めて引き合わされたとき、上野が自分の演技論を熱くぶつけたところ、岩井に「全然、そう思わない。俺が監督じゃなくてよかったね」とはねつけられ、泣いてしまったという話も伝えられる。演技について上野は身体性から語り、岩井は「日常」として考えていたがゆえのすれ違いだったが、その後、現場で上野の演技を見た岩井はその熱意に驚き、高く評価している(※2)。

 その後も現在にいたるまで、《前のイメージとはまったく違う役が来ると、挑戦状をもらうような気持ちになる。それがいつも楽しみなんです》と語るほど(※4)、役作りへの熱意は冷めることがない。

 ただ、上野の役作りは、ハリウッドスターのように、肉体を鍛えて体重を増やしたり減らしたりするといったものとは、まったく方向が違う。そもそも彼女はブレイクした頃より、自分がなりたいのはスターではないと公言してきた。

 2008年、『週刊文春』の巻頭グラビア「原色美女図鑑」に初登場したときには、ちょうどロケで行ったばかりだったアフリカで、《現地のチーターやライオンには“決め顔”が必要ないんです。もとから“決まって”いるから》と気づき、圧倒的な大自然を前に、俳優という仕事の意味すら霞んでしまいそうだったと明かした(※5)。それに続けて次のように語っているのが印象深い。

《それでも私は、見ている人にパワーや共感を与える女優でいたい。私自身、スターになりたいわけではないし、美しさを磨くタイプでもない。普通の生活感覚を大事にして演じたいんです。自分にとって高価過ぎるものを買わないなど、普段から気をつけています》

■義母・平野レミの教え

 地に足のついた生活をするなかで、自然な演技ができる俳優こそ、上野が目指すところであった。そんな彼女も、かつては仕事のために生活を犠牲にして、自分を追い込むことがあったようだ。しかし、2016年に結婚して家庭を持ったのをきっかけに、《幸せな状態でも甘えたり手を抜いたりせずに、仕事に専念すればいい。その方が人間として味わい深くなるのかな、と考えが変わりました》という(※4)。

 こうした意識の変化には家族の影響もあるのだろう。夫はよく知られるようにロックバンド・TRICERATOPSのボーカルの和田唱で、結婚当初より義父母であるイラストレーターの和田誠と料理愛好家の平野レミ夫妻の家に、義弟夫婦(妻は食育インストラクターの和田明日香)ともども集まっては、食事や会話を楽しんできたという。とりわけ平野から教えられることは料理をはじめ多いようだ。あるインタビューでは、《私は14歳のときに母を亡くして、料理を教わる時間もなかったんです。だから今、レミさんからいろんなことを教わっているのがすごく楽しくて。そのために出会ったのかな、とさえ思うんです》と語っているほどである(※6)。

 上野のSNSや生活情報誌『ESSE』での連載エッセイからは、彼女が日々、楽しみながらも丁寧に暮らしを営むさまがうかがえる。その生活感覚は『監察医 朝顔』をはじめ演技にも反映されていることは間違いない。丁寧な生活を土壌に、情熱を注いで役作りしているからこそ、彼女の演技はますます説得力をもって見ている者に迫る。

※1 『ESSE』2020年9月号
※2 『AERA』2006年12月11日号
※3 『週刊朝日』2008年3月21日号
※4 『ESSE』2020年3月号
※5 『週刊文春』2008年2月28日号
※6 『ESSE』2019年1月号

(近藤 正高)

関連記事(外部サイト)