「山に籠って修行せい!」Jリーガーとの交際報道で一喝…石田ひかりの父がすごかった

「山に籠って修行せい!」Jリーガーとの交際報道で一喝…石田ひかりの父がすごかった

石田ひかり ©時事通信社

 今田美桜主演の「悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜」(日テレ)は漫画が原作。1992年以来2度目のドラマ化だが、かつて主演を務めたのが、今回も人事部課長役で出演する石田ひかり(50)だ。

「92年版は仕事中も煙草を吸い、同僚に毒を吐くヒロイン。それを当時19歳の清純派・石田が演じて話題になった」(放送記者)

 石田が東京・二子玉川で芸能事務所のマネージャーにスカウトされたのは85年、中学1年生のとき。

「その1月前、同じマネージャーが3歳上の姉・ゆり子にも声をかけており、2人は同じ事務所に所属することに」(芸能デスク)

 知名度を上げたのは妹が先だった。86年にドラマデビュー。翌々年、スケバンドラマ「花のあすか組!」に出演し、男子中高生の人気を集めた。

「転機は91年。透明感のあるルックスが原田知世、富田靖子などアイドルを起用してきた大林宣彦監督の目に止まり、『ふたり』の主役に抜擢された」(同前)

 翌年は連ドラ初主演作となる「悪女」。そしてNHK朝ドラ「ひらり」。

「『ひらり』はオーディションではなく一本釣りでのヒロイン起用。栄養士として大相撲の力士を支えることを目指す役柄だったが、若貴ブームも相まって平均視聴率36.9%の大ヒット。92年、93年の紅白司会にも起用された」(同前)

■交際報道が出た際の父の頑固オヤジ的対応

 93年にはフジ月9「あすなろ白書」に木村拓哉らを従え主演。翌年、Jリーガー・青嶋文明とのハワイ旅行が報じられたが……。

「当時大手企業勤務の父親が取材に答え『(青嶋は)練習したほうがいいんじゃないの。山に籠って修行せい!』と一喝。97年にTVマンとの交際が報じられた際も、父親は『親が知らないのに、付き合っているわけがない』。この頑固オヤジ的対応が世の父親たちの喝采を浴びるという妙な展開を見せた」(芸能記者)

 結局石田は2001年、のちに朝ドラ「あまちゃん」のプロデューサーとなるNHK職員と結婚。二女を儲けた。

「家庭にも比重を置き、連ドラも単発出演が増えた一方で、姉のゆり子は遅咲きだったが今やアラフィフ女優の一番手。99年に姉妹で個人事務所を作り、二人三脚で歩んできたが、ひかりは12年頃に移籍。だが妹のインスタに姉がコメントするなど姉妹仲は良好。ひかりは次女が高3と、そろそろ子離れの時期。1月期に『ファイトソング』(TBS)出演、現在は風間杜夫と舞台で共演と活動は活発になっており、新たな代表作がほしい」(同前)

 まだまだひかり輝きたい!

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年6月9日号)

関連記事(外部サイト)