フシ?テレビ「めちゃイケ」“ハ?クリ問題”に加藤浩次が「衝撃の一言」

フシ?テレビ「めちゃイケ」“ハ?クリ問題”に加藤浩次が「衝撃の一言」

「めちゃイケ」でブレイクした加藤浩次

「僕も観たんですけど――」

「週刊文春」の取材に、眉間に皺を寄せながらそう答えるのは、極楽とんぼの加藤浩次(53)。彼が「観た」というのは、アンガールズの田中卓志が司会の「呼び出し先生タナカ」(フジ系)だ。

◆ ◆ ◆

■『めちゃ×2イケてるッ!』の“期末テスト企画”と酷似

 4月24日から、日曜夜9時枠で始まった新番組呼び出し先生。小中学生レベルの学力テストをタレントが受け、珍回答を紹介して順位を発表するというバラエティだ。が、その内容が物議を醸している。発端はナインティナインの岡村隆史が5月12日のラジオでこう語ったことだ。

「こんな悲しいことある?」

 フジ局員が言う。

「岡村の代表番組『めちゃ×2イケてるッ!』の“期末テスト企画”と酷似しているのです。彼はめちゃイケに強い思い入れがある。ところが、呼び出し先生のクレジットには元めちゃイケの制作陣がズラリ。仲間に裏切られたような思いでしょう」

■「飛鳥さんや演者さんには了解を得ています」

 なぜ“パクリ番組”が生まれてしまったのか。スタッフの一人が明かす。

「金光修社長が昨年末、中村百合子編成部長に『4月改編期の目玉は無いのか』と不満を漏らし、中村氏が戸渡和孝局次長らに『日9をバラエティにするから考えて』と指示を出したと聞きました。年が明け、戸渡氏が上げてきたのが、呼び出し先生の企画です」

 その際、「飛鳥さんは知ってるんですか?」との声が周囲から上がった。めちゃイケの生みの親で、3月末でフジを退社した片岡飛鳥氏だ。戸渡氏はその片岡氏の右腕だった人物。だが、戸渡氏は「飛鳥さんや演者さんには了解を得ていますから」などと答えたという。

■「これは組織の問題で、田中さんや現場のスタッフに罪はなく…」

 別のスタッフが証言する。

「実際には、戸渡氏は片岡氏や岡村らに伝えていなかった。仁義を切らず、番組を強引に始めたのです」

 片岡氏に取材を申し込むと、「もう会社を辞めてしまった身ですので」とした上で、主に次のように答えた。

「クリエイターなら誰しも若い時期には何かの模倣から独創を生むために足掻く時間があって、そこから先はそれぞれの志次第で変わっていくもの。これは組織の問題で、頑張っていた田中さんや現場のスタッフに罪はなく……でもフジテレビの中には今回のことをいつか笑いにして回収できる若手ディレクターも育っているはずです」

■「それはあり得ないでしょ?」と加藤

 では、めちゃイケのレギュラーだった加藤はどう感じたのか。冒頭の言葉に続けて、こう語るのだった。

「全く一緒というのは、あり得ないと思う。それはあり得ないでしょ?というのが僕の正直な感想です。全く構造も一緒。岡村も知らなかったの!?ってめちゃめちゃビックリしている」

――フジ側から説明は?

「全くないですね。僕が知らないだけでクリアになっていれば良いんだけど。心情的にはそんなのアリなんだって感覚はあります。ナインティナインが知らないのは、疑問として残るのでそこは説明して欲しいというのはありますね」

 フジに事実関係の確認を求めると、個別の質問には答えず、こう回答した。

「弊社は社の方針として出演者、クリエイターを尊重しながら番組を制作することが最も大事なことの1つであると掲げており、社内でもその方針は十分に周知されています」

 ほんとう?

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年6月9日号)

関連記事(外部サイト)