元IZ*ONE・宮脇咲良が涙ぐみ…「イジメ」疑惑で活動休止、炎上した“問題動画”の中身

元IZ*ONE・宮脇咲良が涙ぐみ…「イジメ」疑惑で活動休止、炎上した“問題動画”の中身

宮脇咲良 ©時事通信社

 2022年5月2日、BTSが所属するアイドル事務所HYBE(旧Big Hit Entertainment)から、6人組ガールズグループLE SSERAFIM(ル セラフィム)が華々しくデビューした。

 メンバーには、日本でも話題となったオーディション番組『PRODUCE 48』で結成された期間限定グループIZ*ONEの元メンバーである宮脇咲良やキム・チェウォンがいる。すでに著名なメンバーが集まったグループだったこともあり、デビュー後わずか12日でSpotify月間リスナー数200万人を突破し、世間を賑わせた。

 しかし、大きな話題を集めたグループの活動は、早速出鼻をくじかれたようだ。

■浮上した「イジメ」疑惑

 デビュー早々、LE SSERAFIMはなぜ暗雲に包まれたのか。その理由には、20年以上にもわたって問題視されてきた、韓国社会の深刻な課題が関係していた。

 批判されているのは、LE SSERAFIMメンバー、キム・ガラム(16歳)の「学暴」疑惑だ。2022年5月19日、中学時代にキム・ガラムから「学暴」を受けたと主張する被害者A氏が弁護士法人を通じて「キム・ガラム学暴疑惑関連被害者立場文」を発表。これが多くのメディアに取り上げられ炎上に至った。

 そもそも「学暴」とは何か。「学校暴力」の略であり、学生を対象に発生した傷害、暴行、恐喝、強要、侮辱、いじめなどの行為を総じて指す。韓国のKDI経済情報センターの資料では、学校暴力は、「暴言」、「集団によるいじめ」、「サイバーブリング(インターネット上でのいじめ)」の順に多いと報告されている。

 1990年代以降、韓国における学内いじめが社会問題として認識され、1995年に初めて政府による「学校暴力の予防・根絶対策」が講じられた。それまで「少年犯罪」という視点で捉えられていたいじめを改めて「学校暴力」と位置づけ、以降、韓国は未成年の間で起きる「学暴」を厳しく取り締まってきた。

 過去には韓国ドラマ『月が浮かぶ川』でダブル主演のうちの一人だった俳優ジスに対する校内暴力疑惑が浮上し、途中降板となった事例もある。俳優ジスが過去の罪を認めて謝罪したものの、制作会社Victory Contentsはジスの所属事務所キーイーストに30億ウォン(約3億円)台の損害賠償請求訴訟を起こしたことが広く報じられた。

 芸能界を通しても伺えるように、韓国には「学暴」をただのいじめではなく、文字通り「許されない行動・罪」として捉え、対処してきた背景がある。では、LE SSERAFIMのキム・ガラムは、過去にどんな過ちを犯したと疑われているのか。

■イジメが原因で転校に至ったと主張

 2018年、キム・ガラムは当時中学1年生だった。被害者A氏は、2018年4月末から5月初めまで、キム・ガラムと彼女の友人たちに「学暴」を受けたと告白。続いた集団加害に耐えられず、1〜2週間で転校に至ったと当時を振り返っている。

 A氏側の弁護士法人によると、当時キム・ガラムは学校暴力対策自治委員会の審査の結果、「学校暴力予防及び対策に関する法律第17条第1項第5号(処分5号)」に該当すると判断され、処分されたそうだ。

 処分5号とは、どれくらい深刻なものなのか。まず、処分は次の通り9つのレベルに分けられる。「第1号:書面謝罪、第2号:接触禁止、第3号:校内奉仕、第4号:社会奉仕、第5号:特別教育、第6号:出席停止、第7号:クラス変更、第8号:転校、第9号:退学」。5号の処分では、教育履修6時間、同条第9項により保護者特別教育履修5時間の処分を受けることが求められる。

 また、被害者であるA氏は、心理相談及び助言等の保護措置を受けたと主張している。A氏の告発以降、SNSやインターネットを中心に、「学暴」で処分されたと疑われるキム・ガラムに対して、批判が殺到している。

■「タレントの過去を隠したまま歩き続けるのか」

 対して、HYBE傘下のSOURCE MUSICは、キム・ガラムの言動はA氏による別の生徒への加害行動に対する抗議から始まったもので、物理的、身体的な暴力行為はなかったとし、次のように立場を表明している。

「今回の議論は、デビューを直前に控えたメンバーに対する虚偽事実が流布されたことで始まったという点をお伝えします。このような虚偽事実の流布は悪意のある行動と判断し、当社は即時、法的措置に着手し、現在も関連の手続きを進めています」。

 SOURCE MUSICによるとキム・ガラムは騒動を通じてメンタルヘルスが悪化したため、活動を休止し療養期間をとることになった。しかし、世間からは「謝罪せず、『学暴』で処分されたタレントの過去を隠したまま歩き続けるのか」と批判を受け続けている。

 こうして、デビューからたった19日でキム・ガラムは活動休止となった。現在も、疑惑の真相は明らかになっていない。

■宮脇咲良が涙ぐみ…炎上した「問題動画」の中身

 韓国がこれほど「学暴」撲滅のために積極的に策を掲げ取り組んでいることについて、知らなかった人も多いのではないだろうか。近年はサイバーブリングも深刻化しており、今回もインターネット上ではキム・ガラムに対する過激な書き込みが散見される。さらには、キム・ガラムかどうかは特定できないが、本人の学生時代のものとされる写真に、性的な暴言を書いたデータがネット上に出まわっている。

 また、5月12日に公開されたYouTube動画上のキム・ガラムの言動も炎上している。動画内の、メンバー同士が互いを褒め合う「LE SSERAFIMの褒め合いリレー」企画で、キム・ガラムが宮脇咲良の鼻を褒め、その直後に爆笑する一幕があった。それを受けた宮脇が涙目になり、「感動したから(泣けてきた)」と弁明する様子から、キム・ガラムの言葉に悪意があったと解釈した視聴者から反感を買ったのだ。

 SNSでは「キム・ガラムは、ただ真剣な雰囲気に耐えれなくて笑ってしまっただけでは」というコメントもある一方で、「性格が悪い」「さくらちゃんの泣きそうな顔を見て切なくなった」など、彼女の内面を批判するコメントが多数見られる。

 5月22日に放送された音楽番組「人気歌謡」では、LE SSERAFIMはキム・ガラム抜きの5人のメンバーで登場した。韓国メディアの毎日経済「スタートゥデイ」は、これについての視聴者の感想をまとめている。「5人のステージは期待以上だった」という声のほか、「5人で披露するパフォーマンスの方がより自然でクオリティも高い」という声も少なくなかったという。

 キム・ガラムの「学暴」疑惑に対する世間の批判と注目度は、韓国と日本の「いじめ」に対する考えの違いを感じるものだった。韓国社会の人々の反応から、今回筆者が感じた最も大きなことは、暴言や集団でのいじめ、恐喝、誹謗中傷は法で罰せられるべき「暴力」であり、「犯罪」ということ。当たり前のことかもしれないが。

 学校だけでなく社会におけるどの集団にも、こうした「暴力・犯罪」は起こりうる。いじめが与えるストレスと精神的な疲弊、その罪の大きさを、もう一度振り返りたくなる出来事だった。

(ぺ・リョソン)

関連記事(外部サイト)