任天堂やマイクロソフトとの差は歴然…4700万人以上が期待したPlayStationのサブスクが「冷たい目」で見られてしまう“納得の理由”

任天堂やマイクロソフトとの差は歴然…4700万人以上が期待したPlayStationのサブスクが「冷たい目」で見られてしまう“納得の理由”

©渡邉卓也

 いまや映像作品はサブスクリプション(サブスク)が当たり前になったが、テレビゲームもまた定額でさまざまな作品を遊べるサブスクの時代に突入した。

 任天堂、Xboxのマイクロソフト、Apple、Googleも各ハード向けのサブスクを展開している。そしてPlayStationで有名なソニーもまた、「PlayStation Plus」(PS Plus)というサービスをリニューアルし、サブスクサービスを開始したのである。

 日本はもちろん世界においてもPlayStationは人気のあるゲーム機で、当然ながらサブスクサービスにも注目が集まっていた。しかしいざサービスが開始されるとユーザーからは「微妙」と言われ、冷たい目で見られてしまっているのであった。

■PlayStationが始めたサブスクサービスの実態

 PS Plusはもともとゲームのオンライン対戦や特定タイトルのフリープレイを楽しむためのサービスであったが、日本では2022年6月2日よりリニューアルされ、新たな機能が追加された。リニューアル後に追加された大きな特徴は以下の4つとなる。

・PS4、PS5のゲームが約270本(記事執筆時点)遊べる

・初代PSのゲームを遊べる「クラシックスカタログ」が登場

・特定タイトルを2時間体験できる「ゲームトライアル」が登場

・ゲームをクラウドで遊べる「クラウドストリーミング」が登場

 やはり、注目すべきは定額でさまざまなゲームを遊べる部分である。

「メタルギア」シリーズなどで有名な小島秀夫監督が独立して開発した『DEATH STRANDING』、鎌倉時代の元寇を題材にして大きな話題を呼んだ『Ghost of Tsushima』、そしてマーベルの人気作品「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のゲーム化タイトル『Marvel's Guardians of the Galaxy』など、少し前に発売されたものだが有名かつ評価の高いゲームが遊び放題となっている。

 レトロゲームを遊べるクラシックスカタログはタイトル数が少ないなど課題もあるが、サブスクサービスとしては決して悪くはない。悪くはないのだが、決して褒められるものではなかった。

 リニューアル前のPS Plusは、2021年末時点で4740万もの人々が加入している(*1)人気サービスだ。非常に多くの人が期待するリニューアルだっただけに、落胆も大きかったといえよう。しかしなぜ「悪くない」のに落胆するのか? その理由は他社のサブスクサービスと比較してみるとわかるのだ。

*1 SONY投資家情報 2021年度Q4補足資料 より

■独自路線の任天堂、強大すぎるライバルのマイクロソフト

 まずは任天堂のサブスク「Nintendo Switch Online + 追加パック」を見ていこう。このサービスでは、オンライン対戦などの機能を利用する通常サービスに加え、NINTENDO 64およびメガドライブのレトロゲームがプレイできるほか、『マリオカート8 デラックス』や『あつまれ どうぶつの森』の追加コンテンツが遊べるようになる。

 任天堂は、サブスクにおいても独自路線を貫いているのがポイントだ。レトロゲームはソニーと同じだが、現行で展開しているゲームソフトそのものを提供することは基本的になく、あくまで追加コンテンツを定額で遊べるようにしている。

 任天堂のゲームソフトは発売から時間が経過しても価値が下がりにくく、かつ長期的に売れる場合もしばしばある。サブスクで定額遊び放題にするのは損失が大きいうえに、それを行わないことで小売店への配慮にもなると考えられる。

 何より任天堂のサブスクはかなり安い。各ゲーム機のサブスク料金1ヶ月を比較すると以下のようになる。

・Nintendo Switch:約409円(*2)

・PS4/PS5:850円・1300円・1550円のいずれか(*3)

・Xbox:850円・1100円のどちらか(*4)

?

*2:Nintendo Switch Online + 追加パックは年払いのみ対応で1年4900円。この金額は月割したもの。追加パックなしの従来サービスの場合、月額306円となる。

*3:PS Plusは3つのプランによってサービス内容・価格が異なる。一番安い850円は従来と同じ(ゲーム定額遊び放題はなし)、1300円でPS4/PS5タイトル遊び放題、1550円でクラシックスカタログ、ゲームトライアル、クラウドストリーミングにも対応。

*4:Xbox Game Passは、850円でXboxもしくはPCのゲームを定額遊び放題。1100円のプランはXbox・PCのほかクラウドゲーミングやオンライン対戦機能も使えるようになる。

 任天堂のサブスクはサービスの内容が弱いものの、他社の半額以下だ。安ければサービス内容がそれなりになっても納得しやすいわけである。

 そもそもPlayStationのライバルは、同じハイスペック家庭用ゲーム機であるXboxだ。そして、マイクロソフトが提供するサブスクサービス「Xbox Game Pass」が異常といえるほど“強すぎる”のである。

■“強すぎる”マイクロソフト

 Xbox Game PassはXboxだけでなくPCでも遊べるうえ、一部タイトルはクラウドゲーミングでスマホなどにも対応している。400タイトル近くのゲームソフトを定額で遊べるのはもちろん、本来であれば8000円程度の値段で販売される大作が初日からサブスク入りする可能性があるのだ。

 マイクロソフト傘下のゲーム会社のタイトルはXbox Game Pass入りするケースが多く、海の向こうで爆発的な人気を誇るFPS(一人称視点シューティング)『Halo Infinite』、かなりの精度でシミュレートした地球を飛べる『Microsoft Flight Simulator』も発売日から定額で遊べた。

「Fallout」シリーズや「The Elder Scrolls」シリーズなど超有名RPGを手掛けるベセスダ・ソフトワークスも2020年に傘下に入っており、2023年発売予定の期待作となるSF RPG『スターフィールド』も発売初日からこのサブスクで遊べる予定だ。

 また、マイクロソフトは2022年1月に大手ゲーム開発会社アクティビジョン・ブリザードを約687億ドル(約7兆8727億円)で買収すると発表している。この買収がきちんと終われば、「Call of Duty」シリーズ、「キャンディークラッシュ」シリーズなどの有名タイトルがXbox Game Passに登場する可能性もありうる。

 そして、Xbox Game Passでは昨今注目されているインディーゲーム(独立した個人や少人数で開発したゲーム)においても発売初日サブスク配信のケースがしばしばあり、ラインナップが月額価格に見合わないほど充実しているわけだ。

 さらに2022年6月30日からは、ゲーム機がなくともテレビだけでXbox Game Passを遊べるようになる「Xbox TV」が展開される。現在はサムスン製スマートTVのみ対応だが、普及が進めばテレビとコントローラーだけで『フォートナイト』などをはじめ大量のゲームが遊べる世界になりうるのだ。

 なお、Xbox Game Passのユーザー数は2020年4月で1000万人、同年9月で1500万人、2021年1月で1800万人、2022年1月で2500万人と急成長を遂げている。ゲーム会社の買収がうまくいけばより成長する可能性は高く、「ゲームサブスク界のネトフリ」になりそうな勢いがあるほどだ。

 このように、任天堂は独自路線を貫き、マイクロソフトは大作の初日配信など強烈なタイトルラインナップを揃えてきている。そういった他社と比べるとソニーのサブスクはまさしく「微妙」な立ち位置で、大勢の期待に応えられるようなものにもなっていないし、最も価格が高いのに最も特徴がないのである。

■ゲーミングPCがより魅力的に見えてしまうPlayStationの現状

 とはいえ、Xbox Game Passのように初日から大作を配信するのは正直とんでもないことである。本当に持続可能なのか気になるし、ソニーはPlayStation専用のタイトルを自社のサブスクに充実させればそれでよいはずだ。

 しかし、PlayStationを取り巻く環境も変わり続けている。PS5が品薄で(特に日本では)買いづらいのは言うまでもないが、そのうえソニー傘下の会社が開発したゲームがPCに移植される機会が増えてきている。

 2022年5月26日に行われた事業説明会の 資料 によると、それまでPlayStation独占だったゲームソフトをPC向けに配信したところ、売上が非常に伸びているという。2021年は8000万ドルの純売上高を記録しており、2022年には3億ドルにもなると予測されているのだ。

 PlayStation独占だったゲームがPCで遊べること自体は選択肢が増えて嬉しい話なのだが、これがPS5の品不足とあわさると困ったことになる。ユーザーからすると、買えないPS5を手に入れようとするよりも、さっさとゲーミングPCを買ってしまえばよいと考えられるのだ。

 また、マイクロソフトのXbox Game Passは前述のようにPCでも利用可能である(*5)。日本でもPlayStationは強い支持を得ているが、品不足が続けばゲーミングPCに流れるユーザーが増え、サブスクサービスの選択も変わってくる可能性がある。

*5?PS Plusでもクラウドゲーミングに関してはPCに対応予定(現在は非対応)

 なお、日本においてXboxの知名度はかなり低いが、Xbox Game Passは強すぎるサービスであるがゆえに徐々に人気が高まっているようだ。 ファミ通.comの情報 によると、2022年5月2週目ではなんとXboxがPS5の販売台数を抜いているのだ(PS5が2240台+453台に対し、Xboxは105台+6120台)。

 現在のXboxは、ハイスペック版のXbox Series Xと、3万円台で買える廉価版のXbox Series Sを展開している。Xbox Game Passを遊ぶのであればXbox Series Sでも事足りるため、サブスク専用機として購入する人が増えているようだ。

 もっとも、PS5がきちんと出荷されればXboxの販売台数は余裕で超えるのである。しかしあまりに手に入らない状況が続くため、ユーザーの心も次第に変化しつつあるというわけだ。

■PlayStationはどのようなサブスク路線を目指すのか

 すでにソニーはPS5を増産すると発表しているうえ、サブスクサービスとなったPS Plusも今後はタイトルラインナップが充実していくことだろう。軌道修正はすでに行われているわけだが、やはり中途半端なサブスクになっている状況をなんとかしなければならない。

 さまざまなゲーム会社を買収しているマイクロソフトのXbox Game Passを追いかけて抜くことは難しい。地道にサービスを充実させればいいが、定額遊び放題のタイトルにPS5専用タイトルが少ないのも痛い(そもそもPS5専用タイトルが少なく、多くのゲームソフトはPS4でも遊べてしまう)。レトロゲームもタイトル数が少ないうえに有名タイトルはすでに別口でリマスターされているなど、課題は多い。

 もっとも、PS Plusがリニューアルされたばかりの現状ではPlayStationの支持が失われたわけではない。まだ取り返しがつく状況ではあるものの、サブスクの台頭で家庭用ゲーム機を巡る潮目が変化しつつあるのは間違いないだろう。

(渡邉 卓也)

関連記事(外部サイト)