トム・クルーズ流 “コースから外れた中年像”がズブズブ刺さる…49歳ライターが『トップガン マーヴェリック』で号泣したワケ

トム・クルーズ流 “コースから外れた中年像”がズブズブ刺さる…49歳ライターが『トップガン マーヴェリック』で号泣したワケ

© 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

『トップガン マーヴェリック』がメガヒットしまくりで、どえらいことになっている。

 日本では5月27日に公開され、初日から3日間で興収11.5億円を記録。公開から11日目で、動員199万人、興収30億円を突破した。すでに世界興収も710億円を超え、この勢いはちょっとやそっとでは止まりそうにもない。

※以下の記事では、『トップガン マーヴェリック』の内容や結末が述べられていますのでご注意ください。

■49歳は、なぜ号泣してしまったのか

 俺は1973年生まれ、いわゆる就職氷河期世代にあたる49歳。多感だった13歳で前作『トップガン』(1986年)を観てしまったばかりに、劇中では誰ひとりとして着ていないフライトジャケットのMA-1をまとい、貸しレコード屋で借りてきたサントラをカセットテープに録音して聴きまくり、ケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン〜トップガン・テーマ」やハロルド・ファルターメイヤー&スティーヴ・スティーヴンスによる「トップガン・アンセムー賛美の世界ー」を脳内再生しながら「週刊少年ジャンプ」を早売りする隣町の酒屋へ自転車をすっ飛ばす中学生活を送った。

 というわけで、『トップガン』というタイトルの字面と響きには抗えないものがある。しかも、36年ぶりの続編。気がつけば、劇場に向かっていた。そして鑑賞後は感極まって涙が溢れる寸前の状態になるものの、涙をこらえて帰宅し、妻子が寝た後に反芻してドップンドップンと涙を流し、住環境に合わせたレベルで慟哭した。

 なぜ、いい歳をして号泣してしまったのか。それは、トム・クルーズ演じるピート・“マーヴェリック”・ミッチェルが歩んできた前作から36年という月日、その果ての現在地が、我々の世代がいる現在地と重なっているように見えてしまったからだ。さらに、そんな我々を叱咤激励までしてくれたように感じたのだ。

 もちろん、あちらはキラッキラのトム・クルーズでマーヴェリックである。はなから比べることなんぞできない相手なのは百も承知だが、それでも最大限に融通を利かせた拡大解釈をすることで我が身と重ねてしまうし、数々の場面やセリフがズブズブと刺さりに刺さってたまらなくなる。

 戦闘機パイロットの最高峰を育成する、アメリカ海軍戦闘機兵器学校“トップガン”。前作で同校の教官になることを決意したマーヴェリックだったが、現在は教官を辞めて極超音速機のテストパイロットを務めていた。

 そんな彼に、かつてトップガンで競い合った仲でもあるトム・“アイスマン”・カザンスキー海軍大将(ヴァル・キルマー)から、ある要請がなされる。それは、“ならず者国家”の核兵器開発プラントを破壊する作戦のために集められた若いパイロットたちを指導するというものだった。

「トップガン・アンセムー賛美の世界ー」が鳴り響くなか、空母の飛行甲板で戦闘機の離着陸に備えるデッキクルーたち。曲がケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン〜トップガン・テーマ」に切り替わるや、次々と飛び立っていく戦闘機。

 そんな前作を完全に踏襲したオープニングをはじめ、マーヴェリックが駆るバイクがいまだにカワサキのNinja(今回はH2R、『1』ではGPZ900R)であったり、ヒロインの愛車が前回も今回もポルシェであるなど、前作の韻を踏んだノスタルジー喚起のアレコレにグッとくる。でも、泣かされるのは、そこではない。

■トム・クルーズ流、“コースから外れた中年像”

 極超音速機のテストパイロットを務めているものの、マーヴェリックの住まいは打ち捨てられた格納庫。組織に身を置くには不向きな性格と言動は36年を経ても変わっておらず、それが原因で出世コースから外れての“現在”であることが窺える。劇中で堂々と「僕の場所はここだ」と語っており、彼がそれを気にしていないどころか、望んでいる節もあるのは明らか。だが、この“コースから外れた”が実に深く刺さるのだ。

 就職氷河期世代の我々は、第二次ベビーブーム世代でもある。当時はまともな大学を出て、まともな会社に勤めるのが当たり前のものとされ、そのコースから外れたら人生終了の雰囲気があった。しかし、1971(昭和46)年から1974(昭和49)年までの年間出生数は約200万人と、2021年出生数の約81万人と比べたら2.5倍。あまりにガキが多いゆえに大学に進むのも至難の業、そこへバブル崩壊による就職氷河期も到来。

 己の学力の足りなさが要因でもあるが、俺はまともな大学を出て、まともな会社に勤めるコースからは外れた。その劣等感に苛まれる一方で、そんなもの抱いていないと思い込もうともして三十数年。俺のような者はゴロゴロいるだろう。

 だからこそ、コースアウトしていたマーヴェリックに感情移入してしまう。向こうは元エリート・パイロットだし、格納庫暮らしもなんだか自由気ままでFIRE(Financial Independence, Retire Early)っぽい。でも、「あのマーヴェリックも、それなりにいろいろあったんだな」としみじみしてしまうわけだ。

■ライバル「アイスマン」の大変化

 また、意外にも深く刺し込んできたのが、前作でマーヴェリックのライバルだったトム・“アイスマン”・カザンスキー。アイスマンの渾名の由来でもある冷静さを活かしてコースに乗り、海軍大将にまで上り詰めたのだろうが、喉頭がんを患っている。演じているヴァル・キルマーも、2015年に喉頭がんを発症して気管切開をして声を失っている。演者とキャラクターの現在が重なっているのだ。

 もうすぐ俺も50歳。身内、友人、知人と、周りを見渡せば、病身の者や病気で亡くなった者は少なくない。かくいう俺も、健康診断の検査項目が一気に増え、脂肪肝やら食道裂孔ヘルニアやらの疑いを指摘されている身。したがって、ここでも「あのアイスマンも大変だったんだな」としみじみさせられる。

 とはいえ、36年の時間経過を突きつけるばかりではない。中年まっただなかの我々にも、「まだまだイケるから」とエールをも送ってくれる。若いパイロットたちを指導するだけだったはずのマーヴェリックが、彼らと一緒に作戦に加わってF/A-18の操縦桿を握ってしまうのは、その真骨頂といっていい。

 鑑賞前は年長者から年少者への継承がテーマにもなっているのだろうと思っていたが、マーヴェリックは譲る気などまったくないに等しい。「君たちがバーッと出てってもいいけど、俺もガーッと出てくから」というスタンス。

 彼の性格を考えれば当然だし、そうしたほうが作劇的に盛り上がるし、なにしろ主演作のほとんどが“トム・クルーズのトム・クルーズによるトム・クルーズのための映画”のトム・クルーズだからしかたがない。

 だが、人生の天井が見え始めている俺にはここも刺さるのだ。なんとか食っていける仕事も、ひとまず雨風をしのぐ住まいもあるが、このままたいしたことも起きず or 起こさずに年老いていくんだろうという諦念や虚無に近い安穏。「これでいいんだろうか……」「なにかやっても周囲に迷惑を掛けるだけ……」といった逡巡がトム=マーヴェリックの場合は薄い。

 さらに敵地で撃墜されるも、相手側の基地からF-14を奪って脱出してみせ、おまけに、追ってくる第5世代戦闘機Su-57まで倒してしまう。天才とはいえロートル枠であるパイロットが、これまたロートル機であるF-14に乗り込んで最新鋭機とやりあう姿にアガらない中年なんているだろうか。

 しかもF-14は、前作でマーヴェリックやアイスマンが乗り込んでいた戦闘機。韻を踏んだノスタルジー喚起と中年以降へのエールが融合した見せ場に、どうにかなりそうだった。

 劇中、上官から「これからは無人機が主流となってパイロットはいらなくなる」と言われたマーヴェリックは、「その時は来るかもしれない。でも、それは今日じゃない」と答えている。

■“私物”の戦闘機が登場…ラストシーンの意味

 本作でトムは、8Gもの重力加速度に耐えながらF/A-18の実機に乗り込んで撮影を敢行。2023年公開予定の『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』では、スタントを使わずにノルウェー・ヴェストラン地方の最北部ムーレ・オ・ロムスダールにある山の断崖絶壁からのバイク・ジャンプをやってのけている。

「その時は来るかもしれない。でも、それは今日じゃない」は、7月に60歳になるトム・クルーズの所信表明であり、本作の大きなテーマのひとつなのであろう。

 冒頭でマーヴェリックが愛でるように整備していた第2次世界大戦時の戦闘機P-51マスタングに乗り込み、大空を舞うラスト。数々の戦闘機が登場する『トップガン マーヴェリック』のなかでも、とりわけP-51マスタングだけが優雅さを際立たせるように飛ぶ姿が捉えられている。P-51マスタングは運用されたのは1942年、今年で80歳の戦闘機。劇中で使われているP-51は、実際にトムが愛機として所有しているものだ。

 このラストシーンも、「80歳になっても引っ込むつもりはない」という未来に向けたトムの所信表明に違いない。

(配給:東和ピクチャーズ)

(平田 裕介)

関連記事(外部サイト)