「生まれた命をどう肯定できるか」利用件数はけた違い…韓国「赤ちゃんポスト」問題を是枝裕和監督が描く

「生まれた命をどう肯定できるか」利用件数はけた違い…韓国「赤ちゃんポスト」問題を是枝裕和監督が描く

是枝裕和監督 撮影:斉藤美春

「生まれた命をどう肯定できるか、そのことを真面目に考えて作った映画です」

 是枝裕和監督が韓国で製作した最新作『ベイビー・ブローカー』が6月24日に公開される。本作のモチーフはいわゆる「赤ちゃんポスト」。韓国にも同施設があって、利用件数は日本より桁違いに多く、議論も盛んだという。

「実際に、児童養護施設で育った子供たちからも話を聞くことができました。彼らのうち何人もが『自分は生まれてきてよかったのか?』と切実な葛藤を抱えていた。その問いに答えられる作品にしなくてはいけない、という思いは強くありました」

 クリーニング店の主人サンヒョン(ソン・ガンホ)と、赤ちゃんポストの職員ドンス(カン・ドンウォン)。2人は違法養子縁組を仲介しているブローカーで、ある雨の晩、ポストに預けられた赤ん坊をこっそりと連れ去ってしまう。翌日、思い直して戻ってきた赤ん坊の母親ソヨン(イ・ジウン)が事件に気付き、2人は仕方なく白状するが、彼女も養父母探しに同行することに。奇妙な巡り合わせで一緒になった彼らの旅が始まる。

『パラサイト 半地下の家族』の主演として知られるソン・ガンホは、本作でカンヌ国際映画祭コンペティション部門最優秀男優賞に輝いている。

「ソン・ガンホさんとは国際映画祭の場で『いつか仕事をしよう』と話していたんです。ブローカーの存在は取材のなかで知ったのですが、今回のプロットの出発点も彼が日常を装いながら赤ん坊を横流ししている場面でした。とても軽やかな人です。軽さのうちに悲しみや可笑しみがあって、それがやっぱり抜群。また現場でも、自身の全テイクを覚えていて『テイク7より4の方が良かったかもしれない』と意見をくれるんです。そんな俳優は初めてだったし、僕もありがたかったですね」

 一方、以前から彼らをマークしていた刑事スジンも、取引現場を押さえるべく後を追っていた。演じるのは、是枝監督の『空気人形』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しているペ・ドゥナだ。

「ペ・ドゥナが演じてくれたのはもっとも難しい役です。子を捨てる母に批判的でありながら、彼らを追う過程で気持ちが変わっていく。動きのない車内での撮影が大半でしたが、振り向きのスピードやセリフの間合いで、感情の変化をすべて表現してくれました。この作品は、母親になれなかった女性と母親になろうとしなかった女性の2人が“母親”になっていく物語だと自分では捉えていたので、彼女の力は大きかったです」

 韓国での撮影については、「いつも通りできた」と語る。

「信頼する通訳の方に現場に就いていただいたので、ストレスはまったくなかった。それに、言葉が通じるからといって何もかも伝わるわけではありませんから(笑)。撮影環境に関しては、週の撮影時間が最大52時間と決まっていて、体は楽でしたね。韓国のやり方を日本に導入してすぐに上手くいくとは限らないけど、学ぶべきところはたくさんあると思います」

これえだひろかず/1962年、東京都生まれ。『幻の光』(95)で映画監督デビュー。『誰も知らない』(2004)、『空気人形』(09)、『そして父になる』(13)など作品多数。18年に『万引き家族』が第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でパルム・ドールを受賞。19年に『真実』で初の国際共同製作作品を監督。本作は、第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でソン・ガンホが最優秀男優賞、独立部門でエキュメニカル審査員賞を受賞。

INFORMATION

映画『ベイビー・ブローカー』
https://gaga.ne.jp/babybroker/

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年6月23日号)

関連記事(外部サイト)