石井琢朗、病院を抜け出し盗塁王獲得…祝ベイスターズ30周年「重箱の隅をつつくような1993年の出来事」ベスト10

石井琢朗、病院を抜け出し盗塁王獲得…祝ベイスターズ30周年「重箱の隅をつつくような1993年の出来事」ベスト10

この年だけ背番号0だった石井琢朗、進藤達哉、ファーストミットを持つ高木豊、R・ローズが並ぶ1993年のベイスターズ内野陣(月刊ベイスターズ1993年6月号より)

 リーグ戦が再開した途端につまづき気味のベイスターズ。ファンも「交流戦、もう少し勝てたよねえ」という思いを抱えての連敗だからモヤモヤもひとしおなのだが、下ばかり向いていても始まらない。6月末にこんなイベントが開催されるのをご存じだろうか。

6/28(火)〜30(木)『I☆YOKOHAMA SERIES』
https://sp.baystars.co.jp/news/2022/06/0610_03.php

 そう、今年はベイスターズと横浜F・マリノスが共に30周年。28日〜30日の阪神戦はコラボユニフォームを着用するというのだ。

 大洋時代からのファンにしてみればベイスターズ誕生なんてつい先日の感覚だけど、30周年となるとそれなりに歴史の重みを感じる。と、いうことでベイスターズ1年目の1993年、チームに何が起こったかを筆者目線で振り返ってみたい。93年というとオールドファンは真っ先に「主力6選手解雇事件」を思い浮かべるが、これはあまりにインパクトが強く、球界を揺るがす出来事でもあったのでここでは触れない。また斉藤明夫引退、野村弘樹最多勝など良く知られているところ以外の重箱の隅をつつくようなエピソードベスト10、行ってみよう!

■筆者目線で振り返るベイスターズ初年度のエピソードベスト10

10位 清水義之、西武にトレード

 須藤豊監督が正三塁手に抜擢。毎年春先に打ちまくり、91年6月、伝説のサヨナラインフィールドフライ事件のきっかけとなる打球を打ち上げた陽気なお祭り男だが、92年から出番が減り、93年開幕直前に森山良二、中村日出夫とのトレードで西武に移籍。だから筆者には清水がベイスターズのユニフォームを着ていたイメージがない。

 88年のパ・リーグ新人王の森山はこの年、ローテーションの谷間に先発するなどまずまずの活躍。前年二軍で24本塁打を放った中村は結果を残せなかった。一方の清水は西武で守備固め、代打要員で地味に活躍しリーグ優勝に貢献。ヤクルトとの日本シリーズに出場した時は「清水が日本シリーズで打席に!!」とテレビの前で思わずはしゃいでしまった。

9位 畠山準、オールスター初出場

 元甲子園優勝投手で、打者転向後にホークスから移籍してきた畠山準。翌92年は10本塁打と徐々に実力を見せ始めていたが、この年ついにブレイク。128試合で打率.281、14本塁打、72打点。オールスターゲームにも出場し、ベイスターズ黎明期を代表するプレーヤーに。初の規定打席到達も果たしたが、投手としても84年に規定投球回数(153.0イニング)を投げており、規定投球回到達と規定打席到達の両方を達成したのはドラフト制度導入以後で畠山が唯一である。

8位 盛田、谷繁、進藤、石井琢、CDジャケットで満面の笑み

 球団歌が『行くぞ大洋』から『熱き星たちよ』へと変わると共に、イメージソング&応援歌として『横浜Boy Style』、『WINNING』が作られた。歌うはアイドルグループCOCO。若手の主力である野村、佐々木主浩、盛田幸妃、谷繁元信、石井琢朗、進藤達哉もバックコーラスに参加したのだが、注目はシングル盤CDジャケット裏の集合写真。クールな表情の佐々木、野村と比べ、盛田、谷繁、進藤、石井琢の笑顔が最高なのである。特に進藤と琢朗の少年感!

7位 15年ぶりの川崎球場ホームゲーム、幻に。

 かつてのホームグラウンド、川崎球場。半ば強引に横浜へと移転した歴史的経緯もあり、横浜大洋初年度の78年に公式戦で2度主催試合を行った以外は疎遠になっていたが、ベイスターズとなったこの年、15年ぶりにホームゲーム(8月6日阪神戦)が組まれた。オールドファン注目の川崎外旋の機会だったが、運悪く雨天中止。代替試合は横浜で組まれることとなった。川崎ではその後94年オープン戦と、プロ野球ラストゲームとなった2000年の横浜vs千葉ロッテオープン戦で主催試合を行っている。

6位 オデオンに球団直営ショップオープン

「オデオン? どこそれ?」となるのも無理はない。馬車道からイセザキモールを進み、ユニクロの先の大きな交差点の角にある伊勢佐木町のドン・キホーテ。あそこは昔、映画館や古本屋、飲食店などが軒を連ねる複合型ショッピング施設で(現在もビル名はニューオデオン)、その1階にプロ野球初の球団直営ショップとして〈ザ・ベイスターズ〉が4月にオープン。開店日には近藤昭仁監督と宮里太選手会長がテープカットをし、友利結、斎藤隆らがサイン会を行った。

 昨今のハマスタのショップの充実ぶりを思うと球場から15分も歩くオフィシャルショップというのは隔世の感があるが、当時はそれなりに通った記憶がある。とはいえやはり不便なのは否めず、その後関内駅前のセルテに移転したのはご存じの通り。

■開幕から連敗が続き…荒ぶる地元紙の「チーム名いじり」

5位 斎藤隆、新人王を逃す

 開幕から15試合で2勝13敗と、いきなり負けまくった新生ベイスターズ。佐々木まで立て続けに抑えに失敗するなど重苦しい空気が漂う中、救世主のように表れたのが2年目の斎藤隆。4月29日の巨人戦、10三振を奪ってプロ初勝利を完投で飾り、僕らファンは歓喜した。斎藤が先発ローテ入りし、投手陣が安定したチームは5月14勝10敗、6月12勝8敗、7月も半ばまでは好調で借金返済。一時は2位に浮上した。しかし7月14日、29試合連続安打を達成したばかりのG・ブラッグスが試合後につまずいて手の小指を骨折。そこから10連敗を喫し、ペナントレースから脱落してしまう。

 斎藤隆はこの年149イニングを投げて8勝10敗と、右のエース級の働き。例年なら新人王も狙えたが、この年は優勝したヤクルトのルーキー、伊藤智仁が斎藤以上のインパクトを残したため、新人王を決める記者投票で大差をつけられてしまった。

4位 山崎賢一、山崎一家に言及する

 大量解雇でこの年限りでチームを去った89年の四番打者・山崎賢一。その直前、月刊ベイスターズ9月号の「なんでもQ&A」で読者からの“応援団「山崎一家」のみなさんをどう思いますか?”という質問にこう答えている。

“まだレギュラーに固定されていないころから応援してくれていましたから嬉しかったですよ。地方にも見に来てくれますしね”

 山崎一家はトラブルの多い応援団(当時はどの球団にもいた)だっただけに、山崎本人がどう思っているのか気になるところだったが、球団誌で感謝の意を述べたのだ。しかし最後に「But けんかはするな」ときっちりシメるあたり、さすがは三浦大輔の前に「番長」の異名をとった男である。

3位 開幕から負けが込み神奈川新聞が荒ぶる

 開幕から5連敗、初勝利を進藤のサヨナラ満塁本塁打で飾ったと思ったらその後も3連敗、5連敗と泥沼にハマったベイスターズ。まさかの展開に地元紙・神奈川新聞のスポーツ面には連日手厳しい記事が載ったのだが、その見出しがことごとくチーム名に絡めたものだった。

“横浜 星が泣いている”(4/14紙面 地元開幕戦敗戦)
“やみ夜にいつキラ星…”(4/15誌面 開幕4連敗)
“やっと明けの明星”(4/17紙面 球団初勝利)
“瞬くのは1度だけ?”(4/19紙面 初勝利からの2連敗)
“横浜 曇天に星影なし”(4/21紙面 初勝利からの3連敗)
“港に寂し横浜ベイ“ブルース””(4/28紙面 5連敗で2勝13敗)
““新星”誕生、連敗止める”(4/30紙面 斎藤隆初勝利)

 まだベイスターズという名称が馴染んでいなかった時期でもあり、当時はここぞとばかりに見出しでの「チーム名いじり」がスポーツ紙を含めよく見られたものである。

2位 ホッシーパンチの使い勝手がイマイチ

 ベイスターズの新しい応援スタイルとして導入されたグッズ「ホッシーパンチ」。2018年に復刻されたので現物を持っているファンも多いと思うが、当時は入場時に配布するなど、球団もかなり積極的に広めようとしていた。しかし実際応援に使うとなると中に仕込まれた鈴の音が結構うるさく、風船状なので風に飛ばされやすいという理由もあってかメガホンの代わりにはなり得なかった。

 そんなホッシーパンチだったが、いつしかハマスタのライトスタンド階段上に勝つと1個ずつ吊るされるようになり、98年の優勝時には夥しい数が並びスタンドを彩った。その様は田代富雄のヘルメットのホームランスターを彷彿とさせた。

1位 石井琢朗、病院を抜け出し盗塁王獲得

 前年92年に投手から野手に転向し、いきなり三塁のポジションを奪った石井琢朗。93年は主に二番を打ち盗塁王とゴールデングラブ賞に輝くなど、センスも努力の量も人並み外れていたわけだが、この盗塁王、何と肺炎で入院中の病院から外出許可を貰い最終戦に代走で出場。2盗塁を決めて巨人・緒方耕一に並ぶ24盗塁でタイトル獲得という、尋常じゃない執念で奪ったものだったのだ。

 先日、琢朗コーチが北海道で入院した際、病状を案じながらも29年前を思い出したファンは少なくないはず。若い頃のように無理はせず、末永くベイスターズにいてくれる事を願うばかりである。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/54934 でHITボタンを押してください。

(黒田 創)

関連記事(外部サイト)