「『鳴いたほうがいいのかな?』と思うことはもちろんあります。でも…」“強気のヴィーナス”黒沢咲が明かした“高打点”を狙い続けるワケ

「『鳴いたほうがいいのかな?』と思うことはもちろんあります。でも…」“強気のヴィーナス”黒沢咲が明かした“高打点”を狙い続けるワケ

「『鳴いたほうがいいのかな?』と思うことはもちろんあります。でも…」“強気のヴィーナス”黒沢咲が明かした“高打点”を狙い続けるワケの画像

 安い手では納得せず、門前で高打点を追求する「セレブ打法」で多くの麻雀ファンから愛されるプロ雀士の黒沢咲氏。個性的な打ち手が集まる麻雀プロリーグ「Mリーグ」のなかでも、彼女の副露率(全体の局数のうち1回以上鳴いた局の割合)は異様に低く、粘り強く高打点を狙い澄ます姿は“強気のヴィーナス”とも称される。なぜ黒沢氏は“鳴かない”麻雀にこだわり続けているのか。

 ここでは、同氏が自身の麻雀観について語った著書『 黒沢咲の 鳴かずに勝つ! セレブ麻雀 』(KADOKAWA)の一部を抜粋。妥協なき勝負師の考えを紹介していく。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■妥協はしない

 私の麻雀の基本スタイルは、門前で高打点を狙う打ち方だと思います。もちろん、まったく鳴かないわけではないですが、高くなる可能性のある手を“妥協”して安くするような鳴きはしたくない、という強い思いがあります。

 妥協についての感覚は、人それぞれだと思います。これは私の場合ですけど、たとえば11巡目、門前で満貫以上が狙えるタンピン系の手のイーシャンテンで、上家から場に6枚目の「五索」「八索」が切られました。鳴くと3900点になってしまいますが、さすがに6枚目ということで、これは鳴く人が大半かと思います。でも私は、これも鳴かないことが多いです。

 可能性が残っているうちは最高形を目指したい。この我慢のあと、自分で「五索」「八索」を引き入れてアガリに結びついたとき、そこからはゾーンに入ったような感覚になることが多いです。私はなぜか、残り枚数の少ない薄い牌をよく引くんです。こういう「五索」「八索」を鳴くと同巡で下家にツモ切られ、グッと我慢してみたらサクッと引いてくるような経験を、数えきれないほどしてきました。ですから、こういう目先のアガリよりも、爆発のきっかけとなるような打ち方をいつも心がけています。

 あと、よくあるのが役牌を鳴くかどうか。特に2枚目、「二鳴き」と呼ばれるものです。それが鳴いて1000点、2000点の手だったら、基本的には私は鳴きません。それよりも、役牌をトイツ落としして高打点に作り替えてのリーチを狙います。それに、自分の手がイマイチのときは、2枚切れの役牌は頼れる安全牌になりますからね。

 この辺りの手組みは、Mリーグ(一発裏ドラあり、赤牌3枚)でも、日本プロ麻雀連盟のリーグ戦(一発裏ドラなし、カンドラなし)でも、あまり大きくは変えていないつもりです。ただ、連盟のルールのほうがリーチや裏ドラによる打点アップが少ない分、さすがに少しだけ鳴きは増えているようです。それでも、Mリーグで7〜8%のところが、連盟ルールだと10%くらいになる、という微々たるものですけどね。

■高打点の作り方

 次に、私がどうやって高打点を狙っているか、についてお伝えしていきたいと思います。

 私はかつて、配牌を見たときに、そこから考えられる理想の最終形をイメージする訓練をしたことがありました。たまに、私の麻雀は「構想力」が素晴らしいと褒めてくださるプロの方がいますが、それはこの訓練のおかげかもしれません。

 たとえば、配牌と第一ツモを見てタンヤオと“678”の三色を狙えそうだと思ったので、「一筒」のトイツから切っていったことがありました。

 こういう手のときは、序盤から積極的に自分の意思を見せるようにしています。誰に見せているかというと、視聴者の皆さんにではありません。自分の手牌に対して、「この道で行くよ」と明確な意思表示をしているようなイメージです。

 もちろん無難な牌から切って、ツモに合わせて最速テンパイを目指すのが悪いとは思いませんし、場面によってはそれも必要だと思います。

 それでも、意志を込めた選択は、私が最もこだわっている部分です。

「未練を断ち切る」

「退路を断つ」

 なかなか難しいことではありますが、大事な場面でこれができる勇気を持ちたいです。

 わかりやすい例をひとつあげてみますね。

 たとえば図にあるような牌姿だったら、ピンズのホンイツを狙いたいですよね。でも、「三萬」を引いたら1メンツはできます。テンパイまでの効率だけで考えるなら、孤立している「二索」や「東」を切るべきだと思いますけど、私としては、ここで「三萬」を引いてメンツができても、正直つまらないんです。それで役なしテンパイになってしまうのは嫌なので、先に「二萬」、「四萬」を切っていきます。

 配牌を見てはっきりゴールがイメージできた局は、後々迷いを生みそうな牌は先に切って手をはっきりさせていくようにしていますが、これは私の麻雀の特徴的な部分かもしれませんね。

■鳴かない理由

 今でこそあまり鳴かない麻雀を打っている私も、以前はもう少しよく鳴いていました。そして、スタイルを曲げて鳴いたことが原因で、ひどい負け方をしたことも数えきれないほどあります。そんな経験をたくさんして、「麻雀で負けるのは仕方ない。でも、らしくない麻雀を打って負けるのは嫌だ!」という思いが強くなり、今のような雀風に変わっていったと思います。

 鳴きに関しては、今でも「これはさすがに鳴いたほうがいいのかな?」と思うことはもちろんあります。でも、不思議なことに、そういう場面でもグッと堪えて門前で勝負したほうが、私にとっていい結果を生むことが多いんです。なぜなんでしょうね。たぶん、ほかの人にとってはまったく必要な我慢じゃないと思うんですけど。大げさですが、そういう宿命、そういう星の下に生まれてきた、みたいな感じかもしれません。

 笑ってしまった話があるのですが、Mリーグの試合で私がある牌を鳴かなかったことに対して、控え室で応援してくれていた萩原さんと瀬戸熊さんがモニターに向かって「お嬢、なんで鳴かないんだよぉ〜」「めっちゃ急所なのに、もぅ〜」とヤキモキしていたらしいんです。それを鳴かないなんてありえないという牌だったようで。でも、その局は最終的に門前でテンパイして、リーチをかけてツモ、鳴いたときの3倍くらいの打点でアガったんです。

 そのアガリを見てふたりは、モニター越しの私に向かって「すべて、あなたが正しい!」「すみませんでした!」と言いながら深々と頭を下げたらしいです(笑)。

 解説などを聞いていると特に思うのですが、今では私の鳴きは結構警戒されているみたいですね。「黒沢が一鳴きした、これは安いわけがないっ!」みたいな。だからといって、そういう印象を利用して、ブラフのような仕掛けで相手を惑わせる、ということは考えていません。もしもそういうことを私がやり出したとしたら、それはきっと私の心がブレていて、精神状態がかなり悪いときじゃないかと思います。

 ブラフの仕掛けが悪いことだとは思わないですし、上手に使えば有効なんだと思いますが、私の武器はそこじゃないんです。いつでも自分らしく、正々堂々と美しいアガリに向かって突き進む姿勢は崩さずにいたいなと思います。

 ちなみに、私が鳴いたことでほかの人が露骨に警戒し出す、みたいなのは自分ではあまりわからないのですが、リーチをかけた途端に周りがサーッと引いていく、と感じることはたまにあります。本当に「サササササー」って音がするみたいに(笑)。対戦相手にとって怖いのは、やっぱり私の鳴きではなく、リーチなんだと思います。

■うまくいかないときの割り切り

 私の麻雀は、うまくいくときは高打点が決まって気持ちがいいんですけど、もちろん思ったとおりにいかないこともたくさんあります。昔はそれで焦ったりイライラしたりしちゃうこともありましたが、最近になってようやく、うまく割り切れるようになってきました。

 麻雀は4人でやるゲームですから、基本的に勝つのはひとりで、あとの3人は悔しい思いをしているわけですよね。どんなに麻雀が強くても、「勝率ほぼ100%」の打ち手なんていませんし、みんな勝ったり負けたりを繰り返します。

 そういうゲームだからこそ、目先の結果だけにこだわるよりも、勝つにしても負けるにしても、自分のスタイルを追求することが大事なんじゃないかという考えに行き着きました。もちろん打っているときはいつでも勝ちを目指していますし、最後の瞬間まであきらめません。でもそれは、あくまでも自分らしく、こうだと決めた麻雀を打った上でのことです。

 負けているときになんとか粘ろうとして、バラバラの手牌から鳴いて無理にテンパイを取りに行ったこともたくさんありました。でも私の場合、そういうことをしてみても、ほとんどうまくいかずに終わってしまうんです。自分を曲げて、ただガムシャラにテンパイを取りに行って、結局負けてしまう。そんなときに決まって思うのは、「だったら自分らしく打って、潔く負けたほうがよかった」ということでした。もし成功体験があれば違ったんでしょうけれど、私の場合は失敗ばかりでしたから。

 そんな打ち方をしていると、参加率やアガリ率はどうしても低くなります。Mリーグでも2戦連続で「リーチゼロ、副露ゼロ、放銃ゼロ、アガリゼロ」とオールゼロの珍ゲームスタッツを叩き出したことがありました。以前だったら、「やる気あるのか!」と叩かれていたかもしれませんが、最近はそういうのを、皆さんが「黒沢さんらしい」と面白がってくれるようになりました。なんだか、皆さんの感覚も、ちょっと麻痺してきているのかもと思っています(笑)。

 Mリーグやプロ連盟のリーグ戦は長い戦いなので、スタイルを崩さずに必ず来るチャンスを待って、勝てるときに大きく勝つというのが私には合っているのかなと思います。それが長年プロをやっていて、たくさんの強い人と打ってきたなかで行き着いた答えでした。

■こだわらない部分

 私のこだわりについてここまでお話ししてきましたが、逆に、こだわらない部分もあります。

 たとえば、打ち手のなかには親番をすごく大切にする方も多いですが、私は自分の親番にはこだわりすぎないようにしています。特にMリーグのルールは親じゃなくても高打点を決めるチャンスがあるので、「なにがなんでも親番を続けよう」とは思っていないんです。親だからいつもより押す、親だから普段鳴かない牌も鳴いて早アガリを目指す、これが結構勝負の隙になることが多くて。できるだけ、「親だから」という意識は排除して、親番でも子でも、押し引きの判断基準が変わらないように心がけています。

 また、ノーテン罰符や供託などへのこだわりも、ほかのプロと比べると低いと思います。前原さんなんかも、「ノーテン罰符で勝負が決まることはほとんどない」とおっしゃっていますが、私も同じ考えで、もらえたらラッキーくらいの気持ちです。さっきの親番の話と同じなんですが、供託がたくさんあるから普段鳴かない牌を鳴くとか、リーチする手をダマにするとか、バランスが崩れるようなことはしたくないんです。引き出しの多い人は、いろいろな技を使いながらこぞって取りに行くので、白鳥選手がいる卓なんかで供託をめぐる熱い戦いが繰り広げられると、見ていてすごく面白いですけどね。

〈本人解説〉「あとで後悔してしまうような一打はしたくない…」実戦譜で振り返る“勝負師” 黒沢咲の“リーチについての思考”とは へ続く

(黒沢 咲)

関連記事(外部サイト)