女子野球投手の私も学びたいソフトバンク・田上奏大投手 の”乗り越える力”

女子野球投手の私も学びたいソフトバンク・田上奏大投手 の”乗り越える力”

九州ハニーズがクイーンズトーナメント初出場初優勝 ©上杉あずさ

 九州・沖縄地区の“女子野球”NO.1チームを決める大会『2022ホークスカップ クイーンズトーナメント supported by SMBC』が6月11、12日に開催されました。主催はNPO法人ホークスジュニアアカデミー。場所はファーム本拠地・タマスタ筑後で1回戦から準決勝まで、決勝戦は初めて聖地・PayPayドームで行われました。

 決勝に進めば、憧れのドームで試合が出来る。夢舞台を準備して頂いたことで、各チーム、より一層気合いが入っていたように感じます。しかも、この日はホークスの大人気イベント・タカガールデー。デーゲームでホークス戦が行われ、そのままナイターで女子野球の決勝。満員御礼の大観衆に少しでも残って観て頂きたい、少しでも“女子野球”のことを知って頂きたい。そういう意味でも貴重な巡り合わせとなりました。

 その決勝戦は今年1月に誕生した福岡唯一の女子硬式野球クラブチーム・九州ハニーズVS折尾愛真高校の福岡県勢対決に。九州女子硬式野球リーグ戦や練習試合などで何度も顔を合わせてきた両チーム。今回は九州ハニーズが終始主導権を握る展開になりました。

 九州ハニーズ先発の百田陽菜投手が1安打完封という素晴らしいピッチング。今年高校を卒業したばかりの19歳で、人生一緊張していたそうですが、途中までパーフェクト投球。恐るべき高卒ルーキーがやってのけました。

 打っては川端友紀選手の適時打で鮮やかに先制し、楢岡美和選手、船越千紘選手の連続適時打などで初回に一挙4得点。日本代表経験のある選手達が打線を牽引しました。

 結果的には9-0と点差が開き、九州ハニーズが快勝。初出場初優勝を飾りました。しかし、折尾愛真の投手陣も打たれはしたものの、素晴らしい制球力と力のあるボールを投げ込みました。最後まで諦めずチーム一丸となって戦う姿は本当に素晴らしかったです。

 MVPには、1回戦で今大会唯一のホームランを放った九州ハニーズの深海舞絵選手が選ばれました。女子だって柵越えするんです! 物凄いパワーで観衆を沸かせました。

■ホークス選手たちの頑張りを励みに…

 女子野球が盛んかと言われたら、決してYESとは言えない九州の地で、福岡ソフトバンクホークスのバックアップの下、このような大会が開催されたことは非常に意義深いことでした。九州の女子野球発展に向けて1つキッカケになりそうな2日間だと感じました。

 そして、かく言う私も優勝した九州ハニーズの選手としてベンチ入りしました。プレイングライターとして今回は文春野球コラムの筆をとらせて頂きました。

 ここからは私とホークスの話になるのですが、読んで頂けたら嬉しいです。私、上杉あずさは、福岡を拠点にタレント活動や執筆活動をしています。中でもホークスの取材活動を始めて今年が7年目になりますが、クイーンズトーナメントの会場でもあったタマスタ筑後が開業した2016年からは主に筑後で奮闘する若鷹の取材に奔走してきました。

 観る側、伝える側が主戦場の私がなぜ九州ハニーズの“選手”になったのか。これも全ては取材が始まりでした。福岡に女子野球チームが出来たと聞いて、興味が湧いた私は、発足したばかりの九州ハニーズの本部を訪ねました。この 文春野球コラム でも一度書かせて頂きましたが、取材をしてその魅力を感じ、「私も挑戦してみたい」という想いが込み上げてきました。突き上げられた想いのままにトライアウトを受験し、なんと入団することが出来たのです。

 しかし、私は硬式野球初心者。ちゃんと野球を習ったことはありません。でも好きな野球をやってみたいということで草野球を楽しんでいたアラサーでした。今回、居ても立ってもいられなくなり、覚悟を決めて女子野球界に飛び込みました。

 気持ちはあるんですが、なんせ技術も経験もまだまだ足りません。このクイーンズトーナメントでも、私はチームで唯一出場機会がありませんでした。新しい世界での日々は毎日刺激的で楽しいですが、そういう悔しい気持ちは常に抱いています。

 そんな時、励みになっているのがホークスなんです。取材では選手たちの奮闘っぷりを間近で見て、話を聞いて、コラムやリポートで言葉にします。頑張っている選手たちの姿を世に伝えると同時に、自分自身を奮い立たせています。立場もポテンシャルも違うのは重々承知ですが、ちょっとだけ重ねてみたりして、活力にしています。

■伸び代は無限大 恐るべきスピードで成長する田上投手の存在

 中でも、田上奏大投手の頑張りは勝手ながら親近感を抱いて励みにしています。プロ2年目の田上投手は、今季1軍デビューを果たした期待の若き右腕です。しかし、彼の経歴はプロ野球選手としては異例。履正社高校時代は外野手としてプレーしてきたものの、投手としての潜在能力を感じた祖父の助言もあり、高3の夏前に投手に転向。練習試合で151キロをマークするなどポテンシャルの高さを見せると、ホークスが下位ながらドラフト本指名。ただ、ポテンシャルはあるけど投手としての経験値は乏しい、チャレンジングなプロ挑戦でもありました。

 プロ1年目は投手に慣れることからスタート。たくさん失敗して、上手くいかなくて……でも、彼は常に前向きに黙々と取り組んでいました。ある時、インタビューで「プロに入ってピッチャー挑戦って不安はなかったんですか?」と聞いたことがあります。プロに入って野手転向という例はよくありますが、逆のパターンはなかなかないですよね。でも、彼の答えはこうでした。「不安というよりは、ここからどこまで行けるのかなとワクワクしています」。屈託のない口調で純粋な気持ちが伝わってきて、何だか感動して泣きそうになりました。経験も現時点での実力も劣っているかもしれないけど、伸び代は無限大。むしろ、経験がない分、伸び代は他の投手より大きいはず。田上投手はその言葉どおり、恐るべきスピードで成長しました。

 球団の方針で枠も空けなければならなかったこともあり、1年目のオフに育成契約を打診されました。成長するまでもう少し時間がかかると思われたわけです。でも、田上投手はオフの取り組みが春先からグングン目に見えて表れました。育成になってわずか5ヶ月後には再び支配下登録、1軍初登板初先発! 三笠杉彦GMに「フロントの見立て違いだった」とまで言わしめる急成長を見せました。投手経験は他の選手より浅いし、まだ粗さもあるかもしれないけど、誰よりもたっぷりの伸び代は努力次第でグーンと結果に表れるんだと知りました。

 私の話に戻りますが、野球歴はチームメイトの誰より劣るけど、自分には未知の伸び代が隠されているんだと信じて、コツコツガツガツやり続ければ、田上投手みたいに……。経験や実力の無さに目を向けるのではなく、まだ見ぬ伸び代に期待してやり続ければ、現状を打破し、常識を覆すことができるかもしれない。彼の躍動が励みになりました。時々ブルペンやマウンドで「私は田上奏大、私は田上奏大」と自分に言い聞かせながら投げています(笑)。

 田上投手は4月の1軍デビュー後、心身の疲労もあって、ファームでもなかなか結果が出ずにもがいていましたが、先日2ヶ月半ぶりの白星を掴みました。小久保裕紀2軍監督は、苦しんでいた田上投手に対して「彼には乗り越える力がある」と常々話していました。当の田上投手も落ち込む姿など全く見せず、黙々とやり続けていました。取り組む姿勢や気持ちの強さ、見ていて応援したくなる姿、私にとってそれは希望の光でした。

 さて、九州ハニーズはホークスの妹分を目指して誕生した女子硬式野球チームです。ホークスの強さや活躍は我々の励みであり、憧れの存在です。これからもそんなホークスの魅力を取材し続け、九州ハニーズのパワーに還元するべく橋渡しが出来るプレイングライターとして奮闘したいと思います。ホークスと共に九州ハニーズのことも応援して頂けると嬉しいです。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/54936 でHITボタンを押してください。

(上杉 あずさ)

関連記事(外部サイト)