「BTSはYouTubeの“デジタル権力”をうまく利用した」BTS活動休止発表、事務所のアタフタした対応の“真相”

「BTSはYouTubeの“デジタル権力”をうまく利用した」BTS活動休止発表、事務所のアタフタした対応の“真相”

©AFLO

「無理矢理絞り出して……機械になったよう デビュー9年BTS涙の休止符」(東亜日報、6月16日以下同)、「BTSグループ活動暫定的に中断 HYBE時価総額2兆(ウォン)吹っ飛ぶ」(中央日報)「BTS 事実上解散水準? チーム活動中断の電撃発表の背景は」(韓国日報)、「活動中断 BTSの涙……これほど成熟した だから春の日はやって来る」(ハンギョレ新聞)……。

 いずれも新聞はトップ扱いだった。6月14日夜、BTSがYouTube公式チャンネル『BANGTANTV』(登録者数6820万人、6月20日現在)で「グループでの活動を暫定的に休む」と話し、韓国社会は騒然。個人活動を中心にしながらもグループでのスケジュールもあるとしているが、今も波紋が広がっている。?

■「K-POPシステム自体が、人を成熟させてくれない」とリーダー

 映像は「真のバンタン会食」というタイトルで、食事しながらお酒も入ってのラフなスタイルでメンバー同士が語り合ったもの。韓国ARMY(BTSのファンの名称)の一人は話を聞いて「泣き明かした」と言う。

「コロナもだいぶ収まってきて、アメリカでコンサートもやってアルバムもリリース。これからどんな活動をするのか、ふざけながらいろいろ話してくれることを楽しみにしていたら、突然こんな話が出て、最初はワケが分からなくて。7人揃ってのパフォーマンスがしばらく見られないのかとじわじわと理解し、目の前が真っ暗になりました」

 映像では内なる葛藤も吐露した。BTSはメンバーが作詞・作曲に参加する、従来のアイドルグループとは異なるヒップホップアイドルグループだった。

 ところが、「『Dynamite』まではチームは手の上にあったが、『Butter』以降は自分たちがどんなチームか分からなくなった」とリーダーRMは語り、ラップ担当のシュガは「(歌詞を)ただ、無理矢理絞り出している。今は言いたいことが本当にないし、何を話せばいいのか分からない」と話した。

 そして、「K-POPシステム自体が人を成熟するようにはさせてくれない。延々と何かを撮り続け、やり続けないといけないから成長する時間がない」(RM)とK-POPシステムの構造的な問題についても触れた。

 BTSは、世界的にブレイクしたグローバルスターでもある。韓国では国のイメージを高め、デビューから2023年までの10年間で「56兆ウォン(約5兆6000億円、現代経済研究院)」の経済波及効果があると推算された“ソフト・パワー”の象徴だ。国連のキャンペーンにも参加し、国連本部に招かれて演説もした。

 最近も「AANHPI(アジア系アメリカ人、ハワイ原住民などを指す)文化遺産継承月間」を締めくくる対談のために米バイデン大統領から招待を受け、ホワイトハウスで演説した姿は全世界で配信された。

 冒頭で触れた新聞の情感のこもった見出しからも分かるように、韓国では、並々ならぬ関心を一身に受け、“国の誇り”のような存在となっている。その一方で、そうした立場に置かれた彼らのプレッシャーは想像を超える。

 2013年6月13日にデビューし、9周年を迎えてなお全盛期のまっただ中にいる彼らがなぜ今、グループとして立ち止まることを選択したのだろうか。 

■原因は「燃え尽き」か

 韓国の大衆文化分野でベテラン記者として知られる徐炳基『ヘラルド経済』先任記者はこう見る。

「BTSは、他のK-POPアイドルと異なり、自分たちの言葉を持ったアーティストだったため成功した。9年経った今も頂点にいますが、アイドルではなくアーティストたらんとした。K-POPの限界を超えようとしていたのです。

 しかし、事務所(HYBE)は、当然ですが、資本の論理で回っていますから、現実的に売り上げを上げなければいけない。そんなK-POPという産業システムの中でずっとやって来て、自分たちの言葉ですら、枠に閉じ込められて、自分たちが伝えたいメッセージと乖離するものになってしまった。疲れてしまったのです。メンタルが燃え尽きてしまったタイミングだったのだと思います」

 韓国の音楽市場は規模が小さく、海外デビューは必須だ。そのため、K-POPアイドルは実力やその他すべてが完璧でなければならない。

 数年間、デビュー前に練習生としてトレーニングを受けることになるが、海外ではトレーニングを経てデビューしたK-POPアイドルたちは「工場で作られた機械的な製品」と揶揄されることも多い。「そうしたアイドルと違ったのがBTSでしたが、このままではそうなっていきそうな危機感があったのでしょう」(徐記者)。

 今回の報道を受け、K-POPシステムの構造的な問題についていくつかの韓国メディアも触れていたが、本格的な議論までに至るかどうか。

 ただ、BTSを育てたパン・シヒョクHYBE議長は3年前、米『TIME』誌のインタビューで、「工場型K-POP」への批判について、「アメリカのアーティストは、メジャーレーベルで歌うまで、その数年をアンダーグラウンドで活動することを余儀なくされますが、韓国ではその期間を練習生としてトレーニングを受けます。どちらのシステムがよりすばらしいアーティストを生み出すかについては議論の余地があると思う」(2019年10月)と答えていた。   

 そして、節目となる10周年ではなく、9周年にアンソロジーアルバムをリリースしたことから囁かれていたのは「兵役問題」だ。

 BTSの最年長メンバーは年末に30歳を迎えるため、入隊時期が迫っている。韓国は北朝鮮と休戦状態にあり、韓国男性は憲法と兵役法により兵役を義務づけられている。満20歳〜28歳の誕生日を迎えるまでの間に兵役に応じなければならないのだ。?

 ただ、例外もある。病気や、本人がいなければ家計の維持ができないなどの特別な事情を持つ場合は兵役が免除され、理工系分野での「専門研究要員」やオリンピックなどでメダルを獲得した「体育要員」、国際芸術コンクールで2位以上の入賞者は「芸術要員」として代替服務が可能となる。これは3週間の実地訓練は義務づけられるが、基本的には今まで通り、それぞれの分野に従事できるという制度だ。

 2020年12月には、大衆文化においても政府が認める条件を満たしたアーティストには満30歳までの兵役延期が認められるよう法改正され、先の最年長メンバーは2022年末まで兵役延期が可能となった。ただBTS以外は条件を満たすことが難しく「BTS法」とも皮肉られた。

■「短くとも兵役についたほうがいい」意外に多いファンの声

 BTSの米ビルボードメインチャートでの連続首位やグラミー賞への連続ノミネートなどの功績から、「芸術要員」として、活動を続けながら代替服務ができる法案が現国会でも発議されている。実際、YouTubeでの発言を受けて、法改正を急ぐべきだという声も急浮上している。韓国紙記が言う。

「これだけの業績があり、国のイメージも上げたのだから免除すべきという人も多い。しかし、反対する声も相当数ある。慎重に行わないとBTSにとって逆に毒になってしまう可能性もある」

 今年4月の世論調査では「賛成」が59%、「反対」は33%だった(世論調査会社「韓国ギャラップ」)。反対は主に20代男性に多く、「国に貢献しているといっても個人的に莫大な富も築いている。それなのに兵役まで免除するのは公平ではない」という見方が主流だ。そして、実際にファンの声を拾うと短くとも兵役についたほうがいいという声が意外に多い。40代のARMYは言う。

「7人組のパフォーマンスはもちろん見たいですが、本人たちも行くと言っていますし、韓国で活動するならば服務したほうがいい。免除されても兵役に就かなかったという“シミ”はずっとついて回りますから」

 異なるケースだが、過去に人気絶頂で入隊が決まっていた在米韓国人歌手は間際に米国の市民権を取得し、兵役に就かなかった。しかし、これは兵役回避とされ、いまだに韓国に入国できていない。兵役問題は韓国では実にセンシティブな問題なのだ。

■所属事務所、あたふたとした対応の“真相”

 BTSはYouTubeの公式チャンネルで今回の発言を公にしたが、所属事務所は知らなかったのだろうかという疑問も湧く。前出の徐記者は言う。

「HYBE社はよほどの内容ではない限り、内容についてはタッチしないと聞いています。知らなかったのでしょう。HYBEはBTSの話を受けてこれからどう活動していくのか、調整局面に入っています。大きな宿題を抱えたといっていい。BTSはYouTubeのデジタル権力を上手く使いました」

 映像が流れた翌15日、所属事務所「HYBE」の株価は24.87%も下落し、時価総額はおよそ2兆ウォン(約2000億円)近くが吹っ飛んだと報じられた。「メディアなどで解散説まで広がったため、社内にも動揺があったよう」(前出・韓国紙記者)で、HYBE代表は、社員に下記のようなメールを送ったと報じられている。

「14日にアーティストが発表したメッセージは、これから持続的に成長し、成熟するために、チームでの活動と個人の活動を並行していくことで、活動の幅をより多角的に広げようということ。チームの解散はまったく考えておらず解散にまで進むこともない」(MBN、6月15日)

 BTSのメンバーも映像公開後、同じような内容を個人のSNSで発信している。

 BTSはSNSが登場し、ファンとアーティストとの関係が変化する中で生まれたスターだ。今回の映像では、ARMYとの絆の固さをあらためて垣間見た気がする。入隊したとしても、その空白期間によりそれまでの勢いを失うことが多かった他のK-POPアイドルとは異なる道を辿るようにも思える。前出の韓国ARMYは言う。

「(映像公開から)時間が経った今は、ああ、バンタンはARMYに事情を説明するために、わざわざ話をしてくれたのだなあと思っています。今はメンバー一人一人の個人活動をフォローしながら、7人になった時にまたどんなパフォーマンスをみせてくれるのかを待ちたい」

 世界をも駆け巡ったBTSの発言により、これからK-POPは変わっていくのだろうか。HYBE社は回答をどうだすのだろうか。

(菅野 朋子)

関連記事(外部サイト)