「現場はソン・ガンホのペースで進む」是枝裕和がポン・ジュノから受けたアドバイスの“真意”

「現場はソン・ガンホのペースで進む」是枝裕和がポン・ジュノから受けたアドバイスの“真意”

是枝裕和監督(撮影:斉藤美春)

 カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞の『万引き家族』、フランスで撮影した『真実』に続く、是枝裕和監督の新作は、韓国を舞台にした『ベイビー・ブローカー』だ。

 キャストはすべて韓国俳優であり、撮影に先立って、是枝裕和監督は交流のある韓国のポン・ジュノ監督(是枝と同じくカンヌ国際映画祭で最高賞を『パラサイト 半地下の家族』で受賞)に助言されたという。「現場はソン・ガンホのペースで進む。彼に任せておけば、大丈夫だ」と。

 ソン・ガンホはポン・ジュノと組んで数多の傑作(『殺人の追憶』など)を世に出した名優だ。

「毎朝、僕が現場に着くと、ソン・ガンホがヘッドフォンを着けて、昨日僕が編集したものを見てました(笑)。そして“素晴らしかった。でも監督が採用した7テイク目より4テイク目の方が芝居がいいと思うから、もう一度検討してみて”って言うんですね(笑)。

 作品を背負う役者として、納得できなかったテイクの芝居が、映画の中に残ることがどうしても嫌だという思いがあるんですよね」

 是枝はソン・ガンホの要求の「7割くらい」を受け入れたという。天皇と称され現場に君臨した黒澤明監督であったら、大喧嘩した末にその俳優をクビにしていそうな話だ。

「ハハハ。で、ポン・ジュノ監督の現場でもこれやってるんですか? ってスタッフに聞いたら“やってる”って言うんですよ(笑)。

 ここは真剣勝負なんでしょう。彼は最後までその姿勢を貫くんです。編集を終えて、音の作業をするためダビングルームにいたら、そこにソン・ガンホがやってきて、あるシーン(物語のクライマックスとなる重要なパート)に対して“もし可能だったら自分のセリフを、途中で切って、余韻を残した方が多分いい”ってアドバイスしてくれて……もう編集終わってるんですけどね(笑)。

 でも彼の言う通りにやってみたら、その方が断然良いんです(笑)。だから切りました。彼は作品全体を見通して、なにがベストかを真剣に考えてる。だから彼を頼りにしていました」

 韓国の俳優ではスタンダードなスタイルなのだろうか。

■ペ・ドゥナは「一度もモニターを見に来ない」

「他にソン・ガンホのような役者がいるのかわかりませんが、あの現場で言えば、刑事を演じたペ・ドゥナは現場がすべてなんです。芝居の取捨は監督にすべて任せる。一度もモニターを見に来ない。それは『空気人形』の時から変わりません。

 でも事前に一番意見交換したのはペ・ドゥナでしたね。彼女は最初の台本の翻訳のいかにも刑事然とした口調が気になったみたいです。それで日本語のオリジナル脚本と見比べながら“監督の脚本には、あるセリフの後に「……」がある。だけど翻訳の方にはなくて、こういう単語になっているんだけど、それは監督の意図した通りか?”って彼女が尋ねてくれる。
?

 僕が、この「……」に含まれた感情について説明すると、彼女は“それだとこの韓国語にしてしまうと、その感情は消えるから、こういう韓国語にした方がいい”ってアドバイスをくれる。そういう作業をホテルのロビーで4、5時間ずっとやりました(笑)。とても有意義な時間でしたね」

 韓国俳優陣の映画に向き合う真摯さ。それにひたむきに応える是枝のフェアネス。その下で見事に結実した本作は、国や言葉の違いを超越している。

是枝裕和(これえだ・ひろかず)1962年、東京生まれ。テレビ番組のディレクターから、ドキュメンタリー監督に、そして手がけた劇映画デビュー作『幻の光』(95)が高く評価された。2018年の『万引き家族』はカンヌのパルムドールを獲得し米アカデミー賞にもノミネートされた。

INFORMATION

『ベイビー・ブローカー』
6月24日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
?2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED
配給:ギャガ

(佐野 晶/週刊文春出版部 週刊文春CINEMA! 2022夏号)

関連記事(外部サイト)