「もっと楽に、シンプルに打てよ」35歳のベテラン和田一浩と落合博満が3年かけて取り組んだ“オレ流の打撃改造計画”

「もっと楽に、シンプルに打てよ」35歳のベテラン和田一浩と落合博満が3年かけて取り組んだ“オレ流の打撃改造計画”

落合博満監督 ©文藝春秋

「内心では山井の続投を期待していました」岩瀬仁紀が明かす、中日を53年ぶりの日本一に導いた“オレ流采配”の一部始終 から続く

 2008年、35歳で中日ドラゴンズに移籍した和田一浩は、落合博満監督に“打撃の改造”を志願。落合監督は和田に対して「お前のバッティングを直すのには3年かかる」と伝えたという。そしてそこから、和田と落合監督の「打撃改造3年計画」が始まるのだ。

 ここでは、『 証言 落合博満 オレ流を貫いた「孤高の監督」の真実 』(宝島社)から一部を抜粋。和田一浩が語った「打撃改造3年計画」の内容と、落合監督の“オレ流”指導法を紹介する。(全2回の2回目/ 1回目から続く )

◆◆◆

■「お前を競争させる気はない」という落合監督の言葉の意味

 和田の打撃フォームは独特だ。オープンスタンスで、左足を高々と上げて打つスタイルは「すくい上げ打法」と呼ばれた。大学・社会人を経て1996年にドラフト4位で西武に捕手として入団したが、このチームには捕手として黄金期を支えた伊東勤がいた。打撃でアピールするしかなかった。

 当時の土井正博1軍打撃コーチから体が開く癖を指摘されてオープンスタンスに変え、打撃でレギュラーをつかむべく、のちに1軍打撃コーチ補佐となった金森栄治(現・東北楽天ゴールデンイーグルス育成打撃コーチ)と二人三脚でフォームをつくりあげた。

 高めでも低めでも、来たボールに対してタイミングが合えば打ちにいけるようになり、最後は右手で押し込んで強い打球を放つ――。松井秀喜(現ニューヨーク・ヤンキースGM付特別アドバイザー)、イチロー(現シアトル・マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)を凌ぐといわれる驚異的なスイングスピードでボールの下を叩き、強烈なバックスピンをかける打撃が特徴となった。その打球はライナーかと思いきや、スタンドインすることも。低い弾道がみるみる伸びていく飛距離は和田ならではで、その軌道は野球人生同様に大器晩成型だった。

 移籍後初めての春季キャンプ。その半ばに「バッティングを教えてください」と願い出る少し前、和田はキャンプイン早々に落合監督から「お前を(ほかの選手と)競争させる気はない」と言われたという。開幕に合わせて自己管理して仕上げてこい、ということを意味していた。

「最初は素直に受け取れませんでした。そのときはまだ、落合さんのことをわかっていなかったので。最初は『何でこんなこと言えるのかな』と驚きましたね。そのあたりの腹のくくり方は、やっぱり落合さん。認めてくれていたかどうかはわからないですが、使うと決めている選手に責任を持たせるという部分はすごくあるんじゃないかな。

 でも、最初はそんなことわからないので、『よくそんなこと言えるな』と当時は思いました。リーグも変わったし、チームを移ること自体が初めてだったので、僕自身が不安だったんです。周りの選手がどんなレベルかも知らないし、未知数なわけです。FA移籍で失敗する選手も少なくないじゃないですか。前のチームにいて出せる成績とは絶対に違うものになるので、プレッシャーもありました。それなのに『お前を競争させる気はないから』と。

 ですが、終わってみて考えると、『一人前の選手なんだから、ちゃんとそのぐらいの責任を取れよ』という意味合いだったんだなと。厳しさも含めての言葉だったと思います」

■落合監督が和田に伝えた最初の課題

 和田は三冠王(編集部注:現役時代に3度の三冠王を獲得した落合監督のこと)に「教えてください」と素直に教えを請うた。しかし、逡巡した結果、移籍1年目についてはこれまでの打撃フォームで勝負させてほしい、と伝えている。和田は球界きってのナイスガイと言われ、試合に負けても、若手の記者が相手でも、礼儀正しく取材に答える人物。どんな相手にも自分の意思を穏やかに、かつ明確に伝えることができた。

「1年目については『今までのフォームで勝負させてください』とはっきり言っています。落合監督は(その後は打撃改造について)何も言わなかったですが、シーズンに入ってからは、タイミングの取り方についてよく見てもらっていました。『オレが見ているから、調子が悪くなったらいつでも戻してやる』と。

 結局、1年目のシーズンは打率3割ちょっと(3割2厘)、本塁打は16本しか打てなかった。年々、長打が落ちてきたことは感じていましたし、打率も3割前後をうろついて打点も長打も物足りない数字でした。それで、2009年のキャンプのときに落合さんに『変えます』と言ったんです。そうしたら『わかった。じゃあ(完成まで)3年を目指してくれ。お前のバッティングは直すのに3年かかる。ちょっとずつ直すぞ』と」

 西武時代は、外野手でレギュラーをつかんだ2002年から長打率は3年連続で6割台。2005年に5割7分3厘、そして2006、07年には4割台に落ちていた。

 移籍2年目、和田と落合監督の“打撃改造3年計画”が始まった。最初の課題は「大きい邪魔な動きをなくせ」だったという。

■“打撃改造3年計画”の内容

「無駄を省けということ。基本はシンプルに打てということです。僕の場合はすごいオープンスタンスから足を上げて、スクエアに足が入って打つというスタンスだった。そういう無駄な時間をなくしていけと。落合さんはすごく『時間』について言うんです。ピッチャーがセットポジションに入ってからボールを投げるまで、この“来る時間”を有効に使えという言い方をする。僕は足の上げ方が大きかったり、バッティングに予備動作がすごく必要なんです。

 なので、それだけタイミングを合わせられる時間もないし、いろんなことをしなければいけない時間が長かった。だから落合さんは、準備を早めにして打てる状態をつくる、そのために余計な動きはいらないと言うんですね。『そういうものを省いてもっと楽に打てよ』『シンプルに打て、シンプルに打て』と。僕の場合は、逆に動きをつけたようなバッティングだったので、それをちょっとずつ削っていくという作業でした。いきなりポンとはできないから、3年での完成をイメージしてやっていくことになったんです」

 落合監督は1993年のオフ、導入されたばかりのFA制度を利用して読売巨人軍へ40歳で移籍した。1998年、45歳までプレーして日本ハムファイターズ(現・北海道日本ハムファイターズ)で現役を終えている。和田は35歳でのFA。最後まで超一流の打者として活躍した三冠王は、ベテランになってもなお挑戦を続ける“努力の人”に打撃理論を伝えようとしていた。その指導はいつ何時、どこででも行われたという。

「試合前、試合後とか。試合が終わってからは結構ありましたね。本拠地の試合が終わってからマシンを打ったり、スイングルームで調整したり、素振りをしたりするじゃないですか。そのときにひょこっと現れて、『ここがズレているから、こうなっている』とか。試合後に打っていたら帰り際に一言、修正点を挙げて『やっておけ』。そういう感じですよね。

 ビジターでも調子が悪くてどうしようもないときは、メイン球場から外れて室内練習場で打っていたのですが、室内ではつきっきりで教えてもらいました。遠征先で宿舎に帰っても、食事会場でもバッティングのことはいろいろ聞きましたよ。たぶん、技術的なことは僕が一番聞いていたと思います」

 食事会場では落合監督から「ちょっとこっち来い、一緒に食うぞ」と呼ばれることがあった。その席上は必ず野球談議。

「落合さんはそういう時間がすごく好きだった。だから、選手みんなで食事会場に行くと、野球の話が終わらなくなるみたいな話になっていましたね。そういうところでバッティングに関する話は一番してもらったかなとは思います。ずっとパ・リーグでやってきた自分の実績だったり技術だったり、ある程度自分では持っているつもりだった。けれど、打者としてのランク的に言えば落合さんの実績に比べて全然落ちる選手だったので、落合さんのバッティングはどういう仕組みなんだろうという興味がすごくあったんです」

 落合監督は、打撃において「小指」を重視していたことが知られる。バットは手のひらの中央で握り、インパクト時に右打者であれば、左手小指からバットを握っていく、というイメージ。剣道の竹刀の握り方とも似ている。和田が繰り返し指摘されたポイントは、「手を先に使え」だったという。

「指一本一本の使い方、その使い方の種類、バットの扱い方、グリップ、力を入れていく方法、ボールの捉え方……。体の使い方について多くのことを言われました。ただ、選手はすべて同じではないので、僕に対しては僕への言い方があるし、ほかの選手に対してはほかの言い方がある。その区別をつけるのがすごく難しいんですが、基本的に細かく腕をこう使え、ああ使えとは言われない。たとえばヘッドを走らせるための足の使い方――『そうするためには、どう体を使うのか』ということですね。感覚的な部分もあります。落合さんは絶対に『手を先に使え、手を先に使え』と言う。『基本的にバットは振り遅れるから、手を先に使いにいくくらいで遅れずに済む』と」

(和田 一浩)

関連記事(外部サイト)