100以上の“低山”を登った私が選ぶ「おすすめ名山」3選〈西日本編〉

100以上の“低山”を登った私が選ぶ「おすすめ名山」3選〈西日本編〉

白川通の方から見る比叡山は、四明岳が頂上の美しい三角形である。©小林康彦/文藝春秋

100以上の“低山”を登った私が選ぶ「おすすめ名山」3選〈東日本編〉 から続く

 いま、標高1500メートル以下の「低山」を訪れる人が増えている。

 その火付け役となったのが、画家であり、低山歩きの名人でもある小林泰彦さんが選りすぐりの山々を紹介した 『日本百低山』(文春文庫) だ。本書を参考に、酒場詩人の吉田類さんが日本各地の低山を歩く『にっぽん百低山』(NHK総合)が放送されるなど、低山ブームは高まるばかり。

 ここでは、このたび電子書籍化された『日本百低山』から一部抜粋して、小林泰彦さんが選ぶ「おすすめ低山・西日本編」を紹介する。(全3回の2回目/ 最初から読む )

◆◆◆

■その1、比叡山(京都府・洛北)

 京都の街のどこからも親しく見える比叡山は、ケーブルカーやロープウェイもあるしドライブウェイが通じているから、乗り物で登る山と思われがちだけれど、実は歴史的な登山道がいくつもある。

 そこで、用事があって京都を訪れた最後の一日、思いたってその歴史的山道のひとつを歩いてみることにした。

 叡山電鉄を修学院駅で降り、白川通から東へ入った。狭い道を行くと鷺森神社の前に出て、さらに神社の北側の道を山に向かって行くと畑の中を歩くようになり、正面の山の緑が美しかった。

 少し前に都心のホテルを出たばかりで、もうこんなところに来てしまう、街と自然が密着している京都はやっぱりいいねと、いつも感じることなのに改めて感心して同行者と話し合った。

 しっかり護岸された音羽川に出ると、少し上流の橋の脇に「比叡山登山口」という道標があった。

 橋を渡って対岸の車道を登ると、また「きらら坂入口、比叡山へ」という小さな道標があり、ようやく山道で、しかも有名な雲母(きらら)坂ということで気分も引きしまった。

 書物には、比叡山で修行していた親鸞が、京の六角堂へ日参した際に通ったのもこの雲母坂とある。千日回峰行でもここを何度となく通ったに違いないということで、そう思うと普通の山道よりも何かがありそうな気がしたが、ともあれ現在の雲母坂は滑りやすい急登の連続でまことに歩きづらい。

■『太平記』ゆかりの地を巡る

 常緑の低木が多い雑木林の中を、修学院離宮のフェンスに沿ってひたすら登った。

 とはいっても低山のことで、30分ほど登ると平坦になり、離宮の境界線は左へ去り、林が切れて明るい場所へ出た。すぐ脇に「水飲対陣跡」という一読意味不明の石碑があり、『太平記』に出てくる千種忠顕(ちぐさただあき)と足利直義(ただよし)の戦跡とあった。

 植林はなかったにしても、この同じ道を800年も前に若い親鸞がどんな気持ちで歩いたのかね、などと話していたら、元気のよい学生風の男性がひとりで足早に下ってくるのに出会った。

 すぐ左手でゴロゴロと機械音がするので何かと思ったら、八瀬から上ってくるケーブルカーの山上駅だった。何だかうらぶれた感じの駅だけれど、中に人ると昭和初期か大正頃の建物らしいおもしろい内装で、外側を改装しなければいいのにと思った。

 ロープウェイの下を通って、蛇ヶ池の人工スキー場まで車道を歩いた。ブラシを敷いたゲレンデでは、Tシャツ姿の若者たちがスラロームの練習をしていた。ゲレンデの脇を登ると、古びてはいるがアスレチックのエクササイズがいくつも設けてあった。ただし書いてある通りに、ぶら下がったりすると、たちまちこわれそうだった。

 右に分かれる道があって「山頂園地」とあったので、往復してみた。10分ほどで四明岳の山頂に着いたが、この山頂は全部が遊園地になっているので、景色だけ見て分岐に戻り、延暦寺に向かった。

■延暦寺で「妙に感心」したこと

 だんだんとスギの巨木が目立ってきて、もう延暦寺の広大な寺領である。弁慶水を過ぎた先に巡拝券交付所があって、券を求めてから右手を見ると「智証大師御廟、山頂方面」とあるので、これが848メートルの山頂と気づき、往復することにした。

 御廟から無線中継所を通って、三角点のある大比叡山頂に着いた。駐車場付近の混雑とは対照的な、人のいない静かな山頂だった。

 延暦寺は東塔地区、西塔地区、横川地区と3つに分かれて数多くの塔頭が建ち並んでいて、とてもすべては巡れないので、有名な根本(こんぽん)中堂だけを拝観することにした。

 根本中堂では堂内で撮影をしており、その照明で見えたのだけれど、参詣人が上がる床の先の暗闇は、実はいちど地面のレベルまで下り、そこからご本尊のおわします厨子が床のレベルまで再び立ち上がっているのである。僧侶の説明でそれが分かり、ぼくらは妙に感心した。

 下山路は、旅装を修学院側に置いてきたために、入山路を逆に辿り、雲母坂を慎重に下って、白川通に出た。(1989年秋)

■その2、六甲山(兵庫県・六甲山地)

 ぼくは関西の山にはなじみが薄いけれど、それでもこれまでに六甲へは何度か出かけている。といっても、どれも車やケーブルカーで観光しただけなのだが、六甲の人気や知名度の高さは承知している。

 また、六甲山のすばらしさは、大都会と隣り合わせに整った自然という組み合わせの妙にあると思う。これは比叡山と京都の組み合わせにもいえるのだが、残念ながら関東には例がない。

 街にあって、ふと目を上げると都会の甍(いらか)の先に思いがけない山の姿が大きく迫る、そんな胸を突かれるような経験が誰でもあるのではないか。

 以前、インスブルック(オーストリア)の街を歩いているときに同じような思いをして、この街はどこがよいかというと、つまり街と山が長焦点レンズで覗いたように重なって見えるところがよいのだな、と思った記憶がある。

 そうはいっても、都会と隣り合う自然が損なわれていてはダメなのだが、その点も六甲山はよく管理されている。ドライブウェイやケーブルカーや各種の施設がこれでもかと入り込んでいるわりには、自然がよく保たれている、と、そんなことを話しながら、ハイキングでは初めての六甲山にやってきた。

 めざすのは六甲山の最高点(931メートル)で、芦有自動車道路の東おたふく登山口バス停から入ることにした。

 前日までは有名な「魚屋(ととや)道」を海の近くから辿ってみようと思っていたのだけれど、この日は天気が不安定で、朝から日がさすかと思えば暗雲が風を伴って来るといった様子なので、山頂に近い登山口を選んだ。

 六甲山も宅地化が進んでいるようで、歩き始めたぼくらの後ろを芦屋市清掃局の車がチャイムを鳴らしてついてきた。

■六甲山の人気の理由は…

 林道へ入って、やっと六甲らしい気分になった。冬枯れの雑木林ではアカマツばかりが元気がよさそうで、小さな流れの水は清らかだ。常緑の低木もあり、トリも多い。山腹には崩れたところがいくつもあり、そこは卵黄色で目立っている。六甲山はどこもそんな感じで、いかにももろい地質に見える。そのせいか沢には頻繁に砂防堰堤が設けてある。

 東お多福山は姿のよい前衛峰だけれどパスして、林道の峠から蛇谷北山への稜線の道に入った。ここも雑木林でマツが目立ち、足もとはササだが、道はよく踏まれて歩きよい。

 休日のせいもあって何組かのハイカーが前後にいた。天気はあまりよくないのに何か明るい印象で、この明るさも六甲の人気の因(もと)だね、などと話しながら行くうちに日がかげったと思ったら、雪が舞い始めた。

 蛇谷北山と地図にあるピークに達した頃にはかなりの雪で、北面を下るところでは数センチの積雪があり、滑らないように注意した。

 とはいっても再び登るところでは積雪はなく、登りつめて鳥居のある分岐に着いた頃には雪も止んだ。これが六甲山縦走路で、「白山之宮」という合祀神社があり、ひと組のハイカーが昼食の最中だった。

■山頂の半分は「立入り禁止」に

 ここからは車道がらみの縦走路で、観光地の低山ではよくあることだが、ハイキング気分は損なわれる。そこで車道部分はできるだけ足早に通り過ぎ、あっという問に六甲山の最高地点に着いた。

 山頂は正しく半分に区切られて、立入り禁止の半分は米空軍の通信施設になっていた。

 折から薄日がさしてきたが、何しろ風が強いので昼食はあとにして、早々に下山と決めた。下山路は縦走路を戻り、「白山之宮」からとかが尾山コースヘ入り、車道のコンクリート壁をまたいで稜線の道を辿った。

 暖地らしいアセビのジャングルを抜けて、ササを分け、アカマツの大木の下を通って、山頂のないとかが尾山から南へ急下降である。山火事用の消火栓が自然林の中に点々とあって、管理のよいところだと思った。

 下りきって車道に出たら、そのあたりは奥池を中心とするリゾートで、新興別荘地とみえてモダンかつ珍奇な建物があり、こんなのは関西らしいね、などと話しながら歩くうちに、出発点に戻った。(1994年冬)

■その3、開聞岳(鹿児島県・薩摩半島)

 初めて開聞岳を見たのは、鹿児島から屋久島へ向かう汽船のデッキからだった。シンプルな円錐型の山容が珍しくおもしろく、海からいきなり立ち上がるロケーションも不思議だと思い、強い印象を受けた。そのときは屋久島の宮之浦岳、永田岳に登ったのだが、鹿児島に戻る船上からもういちど開聞岳を眺めた。

 のちに、開聞の名は「海門(かいもん)」からきていると何かで読んだときに、ほんとうにその通りだと思った。それから30年も経って、ようやく開聞岳に登ることができた。

 3月の末というと、このあたりでは桜はとうに散り、新緑の候と言ってよい。けれども落葉樹は少なく、濃い緑の常緑広葉樹が多いので、東日本の山とはずいぶん違い、黒々とした緑である。

 開聞岳に登るには、JR指宿枕崎線を利用した場合は開聞駅で降り、目の前にそびえる開聞岳に向かってまっすぐに登っていくのだが、この日のぼくらは車を使っていたので無精をきめ、東麓の自然公園から上がって3合目の駐車場を出発点にした。

 天気は高曇りで雨の心配はなさそうに思えたが、遠い景色は霞んでいる。関東なら5月後半ごろにあたる滴るような緑の中を行くと、駅から登ってきた登山道に出合った。

■エキゾチックな森林、伝説の巨大生物

 つる植物の多い森林は亜熱帯のジャングルのようで、九州の山が珍しいぼくらにとってはかなりエキゾチックだ。トリの種類が多いが、これもなじみのトリたちとは違うようだ。シダに囲まれた溝状の道は、雨が降れば水路になるのだろう。

 4合目を過ぎて少し開けたところで、池田湖が見えた。巨大ウナギ・イッシーはいるのかいないのか、それは伝説のままにしておきたいと思う。子どもたちが植樹したらしく、幼木に一本ずつ名札がついていた。表示を見ていくとユズリハ、アラカシといったものが多かった。山道は円錐型の山へ巻きつくようにして登っている。

 7合目あたりから、大石が積み重なる道に変わった。植生もジャングルから中・低木に交代して、気分もすっかり変わる。開聞岳全体を遠くから眺めたときに気づく、山頂より少し下の段差のところを過ぎたらしい。

 入山前に聞いたのだが、開聞岳はコニーデ型の火山の上にトロイデ型の火山が重なったものだそうで、その境界がこの段差とのこと。ならばこの大石ゴロゴロ道はトロイデ部分に入った証拠なので、自然史に手でふれる思いがして、改めて苔のついた石の表面をなでた。

 けれども大石の道は、よじ登ったりとび下りたりのアスレチックを伴うので、おもしろくもあるが、手間もかかる。また、低木ばかりなので視界が開けたり、大きな熔岩洞窟があったりと、変化も多い。景色からすると西側に回ったようだ。

 ここで、道草の多いぼくらに追いついたソロの登山者から名前を呼ばれた。ニッカーに登山靴、一本じめのトラッドなザックという正しい登山姿の中年の紳士で、雑誌で顔を見知っているので、と挨拶されて大いに恐縮した。こちらはTシャツ、デイパックにローカット靴といういでたちなのである。3度目でようやく天気に恵まれ登れました、とのこと。「百名山」が完成間近なのではと拝察した。

■巻き貝のようならせん状の登り下り

 再び池田湖が見えてきて、9合目である。さらに大石ゴロゴロ道は東から南へと次第に円を縮めて巡り、鳥居と祠のあるところで、ようやく山頂に達した。

 低木にかくれるようにある神社は枚聞(ひらきき)神社奥宮、御岳神社とある。祠の上に岩の重なりがあり、二等三角点のほかに、プレートや石碑がいくつもあった。

 見晴らしは言うまでもなくすばらしい、と言いたいのだが、折からガスが去来し始め、足もとの海岸線や池田湖あたりがやっとという程度だ。風も強まり、急いで上衣を着る。やはり海からいきなり実質1000メートル近く登る独立峰は厳しいものだねと話した。

 けれども、ともかく数十年間思い続けてきた山頂は急には立ち去り難く、風を避けた岩陰で茶を淹れ、またあたりを歩き回り、開聞岳の印象を拾い集めた。

 ポツリ、ポツリと雨が当たり始めたのをしおに、山頂をあとに、登ってきた道を下った。ちょうど巻き貝のようならせん状の登り下りが、開聞岳登山の独特の味わいになっていると思った。(1992年春)

標高555メートル 新潟と山形をへだてる“ナゾの低山”「日本国」を歩いてみると… へ続く

(小林泰彦/電子書籍)

関連記事(外部サイト)