アマプラ人気番組『バチェロレッテ』出演画家に“トレパク”疑惑 本人は「トレーシングペーパーで写してバランスをとることがあります」《作品は数百万円で販売》

アマプラ人気番組『バチェロレッテ』出演画家に“トレパク”疑惑 本人は「トレーシングペーパーで写してバランスをとることがあります」《作品は数百万円で販売》

画家の杉田陽平氏 公式HPより

 紫色の髪の毛を右肩に流した女性の絵画と写真。絵画の方は目が蝶で隠されているが、2つの作品の色調や構図はまったく同じである。

 前者は画家の杉田陽平氏(38)の作品であり、後者は韓流アイドル「BLACK?PINK」のメンバー・ROSEの写真集からスキャンされた写真だ。

「杉田さんの作画方法は他者の撮った写真などを素材にして無断でトレースする、いわゆる“トレパク”と言って良いような手法です。SNSなどで気に入った写真をピックアップして、他の写真と組み合わせる。その上にカーボン紙を敷いてトレースします。そして、写真を見ながら色を乗せていくんです。創作の過程で他の作品を参考にすることはありますが、杉田さんの場合は明らかにやりすぎだと感じました」

 こう語るのは杉田氏のアトリエでアシスタントとして働いていたAさん。Aさんは文春オンラインの取材に対し、杉田氏の“トレパク疑惑”についてその詳細を明かした――。

■恋愛バラエティー『バチェロレッテ』で一躍人気に

 杉田氏は武蔵野美術大学在学中から注目されていた若手画家だ。2009年に東京都知事だった石原慎太郎氏が作品を買い上げたことでも話題になった新進気鋭の芸術家である。

 しかし、その作品以上に彼の名を世に知らしめたのは、2020年にアマゾンプライムで配信された恋愛バラエティー番組『バチェロレッテ』への出演だった。

「『バチェロレッテ』は1人の女性をめぐって17人の男性が恋人の座を争う恋愛リアリティーショーです。アクの強い参加者の中で、杉田氏は純朴で庶民派な性格が視聴者の共感を呼び“杉ちゃん”という愛称で呼ばれるなど人気を集めました。番組の結末としては誰も恋人にならないというオチでしたが、杉田氏は最終候補の1人として、正統派のセレブイケメンと恋人の座を争いました」(芸能記者)

 美術界でも成功を収め、番組出演を経て視聴者からの人気も得た杉田氏――。番組に出演したことで作品への注目度も上がったため、アシスタントを雇うようになったという。

 2022年3月、杉田氏はSNSで作画アシスタント募集の告知をし、それを見たAさんは応募を決意。何度かダイレクトメッセージでやり取りをした後に、面接を経て採用が決まったという。憧れの画家のアトリエで働くことが決定したAさんだが、すぐに違和感を覚えたと語る。

 Aさんが目の当たりにしたのは“盗作”と紙一重の制作方法と、スタッフのやりがいを搾取する杉田氏の素顔だった。

■アシスタントが任された「素材探し」と「コラージュ」

 Aさんはこう振り返る。

「最初にアトリエに足を踏み入れた時から異様な雰囲気はしていました。杉田さんのアトリエは全く掃除がされていないごみ屋敷の状態だったんです。トイレの便座には人糞がこびりついていましたし、キッチンの床には捨てられていないゴミ袋が放置されていました。生ごみ臭がひどくて、部屋を出た後もしばらく鼻の奥に臭いがこびりついて消えませんでした」

 Aさんが働いている間、キッチンやアトリエが掃除されることは一度も無かったという。トイレはAさんの頼みで一度だけ掃除されたこともあったが、すぐに元の汚さに戻ってしまった。

 自分自身もアーティストとして活動しているAさんは自身の創作活動の合間を縫って杉田氏のアシスタントをしていた。著名なアーティストのアトリエで働くことで、自分の創作活動にも生かせることがあるかもしれないと期待していた。

 ところが杉田氏の創作方法は同じ画家として倫理観を疑うものだったという。

「杉田さんから任された作業には『素材探し』と『コラージュ』がありました。『素材探し』は、杉田さんがネットで拾ってきた写真に組み合わせる素材を探し出す作業です。『コラージュ』は、杉田さんが拾ってきた写真と私が見つけてきた“素材”の配置を考えて作品の下地を作る作業のことです。

 杉田さんからはネットで拾ってきた写真を見せられて、『これを「夢可愛い系」で素材探しして』とか『「耽美」な感じでコラージュして』といったように簡単なキーワードを伝えられる以外は、ほとんどその作業はこちらに丸投げされました。

 杉田さんからはそうした作業でのやり取りの中で『君のIQに期待している』などと聞こえの良いことを言われましたが、結局は私がデザインしたものを自分の作品に使っていただけだったのだと思います」(Aさん)

 Aさんが杉田氏に送ったという“コラージュ作品”の中には6月15日から20日まで大阪・心斎橋パルコで催された杉田氏の個展で販売されていた作品と酷似しているものもあった。杉田氏はこうして作られたコラージュ作品を、キャンバスの上にトレースしていたとAさんは語る。

「杉田さんはこちらが作成したコラージュ写真をコンビニで拡大コピーしてきて、そのコピーをキャンバスの上に乗せるんです。そして、その間にカーボン紙を敷いて、コラージュ写真をキャンバスにトレースしていたのです。

 その後、トレースした作品に絵の具を乗せるときもキャンバスの近くにコピーした見本を貼っていました。ただ、そうした行為が後ろめたかったのか、『これ写っちゃまずいよね』とインスタに投稿する制作風景の動画を撮影する時はコピーしたものを外していました」

■“トレパク疑惑”で大炎上した人気画家も…

 Aさんによれば、こうした「トレース行為」を杉田氏はAさんの見ている前で何度も繰り返していたという。

 しかし、こうしたトレース行為には大きな問題がある。過去には画家がプロの写真家の作品をトレースしたことが判明し、大きな事件になったこともある。

 2022年1月、歌手のYOASOBIなどのアートワークを手掛けた古塔つみ氏に、著名写真家の作品をトレースしていたという疑惑が浮上。次々と“トレース元”となっていた写真が特定され、古塔氏のSNSは炎上。協業していた企業が商品展開をとりやめ、古塔氏が謝罪する事態にまで発展した。 

 著作権に詳しい弁護士の河野冬樹氏はトレースという手法の問題点をこう指摘する。

「線をなぞるという行為は、それ自体は創作的な性質を有する行為ではありません。そのような行為から生まれたものを、あたかも自らの創作活動の結果生まれたものであるかのように発表することが、著作権者の権利侵害になることはもちろん、自分で苦労をして描いたと思ってお金を払っているファンの方に対しても裏切り行為ととらえられ、そのため、著作権者以外のファンの方が怒って炎上するケースが多いように思います。

 今回のケースは、写真が絵になったとしても、完全に同じ構図等をトレースした上で、元の写真の創作性がそのまま残っていれば二次的著作物になりますので、写真の著作権者が訴えれば、著作権侵害になる可能性はあると思います」

 当然、古塔氏の一件に関しても知っていたAさんは、杉田氏の制作方法に疑問を感じたという。さらに、Aさんは杉田氏の倫理観を疑う出来事に遭遇したという。

「杉田さんは作品の“素材集め”などアシスタントの枠を超えた作業を私にさせたばかりでなく、実際に筆を使って色を乗せる“作画”についてもほぼ丸投げにしたのです。普段から彼の作画アシスタントとして、真っ白なキャンバスに素材をトレースして、6割から7割程度、完成させた状態の“下絵”を描くのが私の仕事でした。

 スタッフはトレースから“下絵”までを1〜2日かけて作業します。杉田さんはそうした作品に少し色を乗せたり、人物の顔を塗りつぶしたりするだけ。それで作品は“完成”です。こうした作品がオークションなどに出品され、杉田さんの作品として数百万円の値段で売られているんです」

 前述の大阪・心斎橋で開かれた個展では、Aさんが“下絵”を描いたという作品が165万円で販売されていた。Aさんが取材班に示した、杉田氏に送った“下絵”の経過報告の写真と個展で売られていた完成品には、波の色彩などに変化はみられるものの、構図や色調はほとんど変わっていないように見える。

■Aさんの作品も制作者を明かさず杉田氏のインスタグラムに…

「頼まれたとはいえ、トレースや下絵の作画などに関わっていたことは、杉田さんのファンを騙していたことになるのではないでしょうか」

 Aさんはそう悔いている。

 さらにAさんの作品自体も杉田氏によって勝手に使われたこともあったという。

「アトリエで働き始めてすぐ、コピー用紙にチューリップの絵を描いたんです。練習のつもりでしたが出来が良く、杉田さんも気に入ったようでアトリエに置いておきました。その約1か月後、杉田さんからメッセージが届きました。『前にかいてくれたチビチューリップ可愛いから(インスタの)ストーリーに参考作品としてあげるね』と。

 杉田さんのインスタを確認すると、私への連絡よりも前にすでに投稿がアップされていました。その時は仕方なく『了解です』と返事をしましたが、勝手に私の作品をSNSにあげた事も許せませんし、何よりまるで自分の作品のように扱い、私の作品だと明示してくれなかったことに怒りを覚えました。多くの人があの絵を杉田さんの作品だと勘違いしていたらと思うと、悔しくて仕方ないです」

 6月19日、Aさんが訴えた作品の制作過程における疑惑について、個展開催中の杉田氏に取材を試みたところ「イベントへの登壇があるので、後ほど時間を作ります」と発言。しかし、その後も取材班に連絡は無かった。

 後日、杉田氏に書面による事実確認を行った。

 自身の作品のトレース疑惑については「大きな作品を作る場合、A4サイズで元絵を作り、それを拡大コピーしてキャンバスにトレーシングペーパーで写してバランスをとることがあります」と回答したものの、そういった手法について「近年の制作過程において何だか(※原文ママ)のトレース作業をした上で著作権侵害にあたる作品は、ないと認識しております」と回答した。

 前述の「BLACK PINK」の写真や雑誌の広告をトレースしているとされた作品の制作過程については、自身の創作性を主張した。

「当該の作品制作において元となる素材から特徴を変えて、新しい創作性を生み出しているものだと認識しています。現代美術のアプロプリエーションという手法で制作しています。代表的な作家として、リチャード・プリンス、アンディ・ウォーホル、ジェフ・クーンズらが挙げられる方法論で、文脈を変えて再提出をするという考え方です」

■「一部をアシスタントさんにお願いすることがある」

 また、スタッフに“下絵”を任せていることについては「勢いを大事にして短い時間で完成させる作品では、作業の説明をすれば出来そうな一部をアシスタントさんにお願いすることがある」と事実を認めた。

 Aさんが描いたチューリップの絵をSNSに無断掲載したことについては、以下のように回答した。

「インスタグラムには、僕の作品はもちろん、いろいろな写真を投稿しています。例えば、展示会に来てくれたお子さんから貰ったお手紙や絵など、何気ない僕の日常の一コマとして素敵に思えたモノをストーリーに投稿することがあります。そのような感覚で、チューリップの絵を投稿したことがありました」

 杉田氏はトレースはあくまで技法のひとつであるとの主張だった。

 しかし、過去には写真の一部を使用したパロディが著作権侵害の判決を受けた例があり、コラージュやパロディであればすべて許されるわけではない。また、杉田氏は作品の元となった写真の出典を明かしていないが、最低限それを明示することが撮影者やアーティストに対するのリスペクトではないだろうか。

 杉田氏が具体的な名前を挙げた現代アートの巨匠であるアンディ・ウォーホルも、雑誌に掲載されたハイビスカスの写真を無断で使用したとして著作権侵害で訴えられている。裁判は和解で終わっているが、ウォーホルは「当該作品2点と複製プリントの一部収益を写真の権利者に渡す」という事実上の敗北和解案を受け入れている。

 Aさんはこの杉田氏の回答に対し、「これが美術界の常識だと思われると本当に悲しい」と語る。

「杉田さんのやり方に納得がいかず、先輩の画家やギャラリーの方に相談したことがありますが、皆さん杉田さんのやり方には否定的でした。志のある作家なら、スタッフを搾取したり、他人の作品をトレースするようなことはしないんです」

 ある作品に影響を受けて新しい芸術作品が生まれることはある。しかし、それには法律で定められたルールに従わなければならない。権利者の許諾を取り、出典を明記する。それが同じクリエーターに対する敬意であり、作品を楽しむファンへの誠意ではないだろうか。

 6月24日21時〜の「 文春オンラインTV 」では、本件について担当記者が詳しく解説する。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)