文芸市場の半分は「ウェブ発」の書籍が占める時代に…!? 市場縮小が進む文芸界で“ラノベ界隈”が見据える未来とは

文芸市場の半分は「ウェブ発」の書籍が占める時代に…!? 市場縮小が進む文芸界で“ラノベ界隈”が見据える未来とは

©iStock.com

〈ブームから10年超〉爆発的売上を記録し続ける「なろう系」「異世界転生」小説の“意外と知らない歴史” から続く

 出版取次大手日本出版販売株式会社が発表した調査によると、2010年の売上を100としたときの文芸市場の売上は2021年には46.4。市場規模の縮小が恐ろしいスピードで進行している。そんな中、“ウェブ発”の書籍は文芸市場の「半分」を占めるようになるほどジャンルとして成熟した。はたして、日本の文芸界において“ウェブ発”の書籍は今後どのような成長を見せるのか。

 ここではライターの飯田一史氏の著書『 ウェブ小説30年史 日本の文芸の「半分」 』(星海社新書)より一部を抜粋。紙発とウェブ発の書籍それぞれを対比して見えてきた文芸市場の現在、そして未来について紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■なろう系・ラノベの動き

「出版月報」2021年9月号によれば、文芸単行本全体に占めるウェブ発のラノベ単行本の割合は冊数ベースで43.7%、金額ベースで37.2%に及ぶ。つまりウェブ発のライトノベルジャンル以外の小説(ホラー、ライト文芸など)を含め、また、刊行形態も単行本に限らず文庫や新書(児童文庫)まで含めれば、おそらく日本の文芸市場のおよそ「半分」はウェブ発の書籍が占めている(*1)。そしてこの数字には当然ウェブ小説投稿サイトの売上は含まれていないが、エブリスタと「小説家になろう」運営のヒナプロジェクトの2021年度の売上を足すだけで20億円程度ある。作品数や閲覧数に目を向ければウェブ小説の方が紙の小説よりも多い。

*1 「出版月報」2021年9月号、5頁

 また、日販 営業推進室 出版流通学院『出版販売額の実態2021』掲載のグラフによれば、2010年の売上を100としたときの文芸市場の売上は46.4(*2)。

*2 日販 営業推進室 出版流通学院『出版販売額の実態2021』日本出版販売株式会社、2021年、15頁。グラフの出典も同頁

 つまりウェブ小説書籍化は、2010年代を通じて「半分」以下になった文芸市場の「半分」を占めた――ウェブ小説以外の文芸市場の規模は10年で4分の1になったことになる。

 一方でウェブ小説サイト運営とそこからの書籍化事業を核とするアルファポリスやスターツ出版は2021年度決算で過去最高の売上・営業利益を更新した。なお、小説家になろうを運営するヒナプロジェクトの売上は2012年度から2021年度のあいだで約13倍になっている。これが現実だ。?

 市場のシュリンクに抗うように成長してきたウェブ小説書籍化作品群が存在していなければ、文芸市場はより壊滅的にしぼんでいただろう。

 1990年代にはパソ通やインターネットは「限られた人たちの楽しみ」だと語られていたが(榎本正樹『電子文学論』『文学するコンピュータ』。総務省情報通信白書によれば1995年時点で全人口に占めるパソ通利用者の割合は約3%)、ジャンルによっては今や初版3、4000部も珍しくなくなった紙発の小説単行本のほうがネットよりも「限られた人たちの楽しみ」になっている。

 注意を促しておきたいが、ウェブ発以外の文芸の凋落は、ウェブ小説のせいではない。

 少子高齢化に伴う人口減少や可処分所得の停滞といった抗えないマクロ環境要因もあるし、ネットやスマホの普及といったテクノロジーがもたらしたコンテンツ消費のスタイル変化に対する不作為による自滅という面もある。

 あくまで紙発とウェブ発を「対比」的に見ていくことで得られる示唆が重要なのであって、両者を「対立」的に理解するべきではない。

 紙の雑誌・書籍と電子書籍だけでは文芸市場の減少を止めることはできず、ウェブも積極的に活用しなければ現状維持も不可能だ。V字回復するためには既存の流通制度を前提として「ヒット作」「ヒット作家」を作るだけでは足らず、時代に合ったかたちで読者に作品を届け、売るための新たな「しくみ」(ビジネスモデル+組織体制)を作ることが必須である。

 しかし、2016年には出版社主催の公募小説新人賞とウェブ小説書籍化の比較がされ、後者の勢いが語られていたのに対して2019年にはウェブ発の書籍に対する語りがトーンダウンしていた。

 なぜそうなったのか。2010年代後半になると「ウェブ小説の書籍化が当たり前になって期待値が下がったから」だけでなく、市場規模の推移から見てもそう言わざるをえない状況になっていた。

 ウェブ発のライトノベル書籍(文庫は含まず、単行本のみ)の推定発行金額は2013年が約30億円、2014年が約50億円、2015年が約82億円、2016年が約100億円、2017年が約105億円、2018年が約108億円、2019年が約107億円、2020年が約102億円と推移している(*3)。つまり2017年でピークに達し、以降は漸減傾向になっていた。

*3 「出版月報」2021年9月号、5頁

 つまり「ウェブ小説書籍化市場」という観点からはさらなる成長のために、「文芸市場」としては落ち込みに歯止めをかけるために、もはや2010年代半ばまでの「ウェブ小説書籍化」では足らなくなっていた――次なる起爆剤が必要なフェーズに突入していた。

 まずはラノベ界隈から、2010年代後半以降の鉱脈探究を見ていこう。

 ウェブ発ラノベ単行本と文庫ライトノベルの市場と合算したライトノベル市場で見ても2016年の302億円がピークであり、ラノベ市場の成長は2010年代半ばに止まっていた(ただし単行本は「推定発行金額」、文庫は「推定販売金額」であり、本来は単純に合算すべきものではない。また、これらの数字には電子書籍の売上が含まれていない)。

 なろう系書籍化レーベルとして2019年にはKADOKAWA電撃の新文芸、宙出版ヒストリアノベルズ、富士見書房ドラゴンノベルス、徳間書店アークライトノベルスが創刊され、『はめふら』(『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』)がTVアニメ化されて大ブレイクした2020年には女性向けのオーバーラップノベルスf、双葉社Mノベルスfが創刊、2021年にはマイクロマガジンGCN文庫、POD(プリントオンデマンド)で絶版がないことを謳ったインプレスR&Dいずみノベルズが創刊された。

 だがなろう系書籍化だけでは、もはや成長は見込めない。次に当たるのはどこか。動きは多様化していく。

■多様化していく投稿サイト

 2019年7月にはホビージャパンがラノベ系の小説投稿サイト「ノベルアップ+」を正式オープン。投稿作品を募り、各種コンテストを開催して書籍化するだけでなく、HJ文庫やHJノベルス作品の試し読みやスピンオフも公開されている。作品の販売機能は今のところ存在しないが、読者が有料のノベラポイントを購入し、作品や作家を「応援」することで作家は「貢献ポイント」を獲得でき、貢献ポイントは換金できる。イメージキャラクターの「のべらちゃんさん」がTwitter上で積極的に発信・交流し、サービスに関するデータを積極的に公開している点と、読者が有料で購入したイラスト付きのスタンプを感想として贈る(書き込む)ことができるなど、読者から作品へのアクションを強く促している点が特徴的だ。

 投稿作品数の伸びはサービス開始以来右肩上がりであり、書き手も読み手も集まってきている。今後マンガ化、アニメ化作品が複数育っていけば、なろう、アルファポリス、カクヨムに続き、ラノベ系投稿サイトとしての地位を固めるだろう。

■やる夫スレ書籍化の変遷

 新規の投稿サイトではなく「ウェブ小説書籍化」の試みに目を向けると、2019年には、やる夫スレ書籍化とVTuber小説、2020年にはマンガ動画/YouTube小説が登場した。

 2014年1月から2ちゃんねる(現5ちゃんねる)のやる夫スレ上に連載するのと並行して書かれた小説を新人賞に投稿して書籍化され大ヒットとなった蝸牛くも『ゴブリンスレイヤー』(GA文庫、2016年2月刊行開始、TVアニメ2018年10月期放送)に続けと、2019年9月から10月にかけてやる夫スレ発の4作品がKADOKAWAからラノベとして単行本または文庫で書籍化された。

 荻原数馬『クレイジー・キッチン』(原題「やらないキッチン」、カドカワBOOKS)、間孝史『朝比奈若葉と○○な彼氏』(原題「翠星石と白饅頭な彼氏」、MF文庫J)、ハイヌミ『君は死ねない灰かぶりの魔女』(原題「白頭と灰かぶりの魔女」、カドカワBOOKS)、川田両悟『アキトはカードを引くようです』(原題「やる夫はカードを引くようです」、MF文庫J)の4作だ。

 やる夫スレは「やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです」の作者・坂上泉が『インビジブル』で第164回直木賞の候補になるなど、才能を輩出してきた場所である。2009年7月に『やる夫 1 お仕事・業界編』(ワニブックス)として初の書籍化がなされた際には、掲示板サイト上に描かれたものそのままにAA(アスキーアート。文字や記号を使った視覚的な表現)を本に収めていた。

 だが2019年版のやる夫スレ書籍化では、AAを用いず文字で小説として改稿している。

 さらに、やる夫スレでは有名なアニメやマンガ、ゲームのキャラクターが縦横無尽に登場し、やる夫ややらない夫など2ちゃんねる上で生み出されたキャラとともに物語を構成する二次創作であることが特徴だが、この小説版ではキャラクター名はすべてオリジナルのものに変更された。

 いずれも良作ではあったものの、やる夫スレ(というより5ちゃん的な掲示板文化)の最盛期は遠く過ぎ去ったあとだった。書籍化に対する注目は限定的で、続く動きもほとんど現れなかった。死んだプラットフォームからヒットを出すことは難しく、それを続けるとなるとさらに困難だ。

 また、2019年4月には、VTuber小説が2冊同時に刊行されている。

 バーチャルYouTuberまたはVTuberとは、セルルック(2Dアニメ風)3DCGや2Dイラストで構成されたキャラクターの外見をまとい、「生徒会長で美術部員」といった基本設定を持つ、YouTubeのような動画配信サービスや各種生放送配信サービスで活動する人々のことである。

■投げ銭の金額に比べたコスパの悪さ

 YouTubeアカウントの登録者数が309万人を超えるも2022年2月に引退したキズナアイを筆頭に、人気VTuberの所属する事務所(プロダクション)も複数ある。

 その中でもホロライブ所属のVTuberたちが登場する小説が、カバー株式会社(原著、企画・原案)、兎月竜之介(著)『ときのそら バーチャルアイドルだけど応援してくれますか?』として、また、.LIVE所属者たちが登場する小説が.LIVE(原著、企画・原案)、姫ノ木あく(著)『電脳少女シロとアイドル部の清楚な日常 目指せ学園祭大成功!』として刊行された。2010年代前半にボカロ小説が成功したことからの連想だと思われる。

 ただ、ボカロはボーカロイド自体には物語も人格も存在せず、小説家が自由に創作できたのに対し、VTuberは人間が演じるタレントのようなもので、トークやライブには向いていても物語には向いていなかった(お笑い芸人やバラエティタレントを主人公にした小説が「泣ける自伝」以外はあまり売れないのと事情は似ている)。

 また、動画生配信中にVTuberがファンから受け取る投げ銭の金額に比べれば、ノベライズ印税は些少であり、VTuber事業者サイドの監修の手間からするとコストパフォーマンスが悪かったことも、この試みが続かなかった理由だろう。

 ただ2021年刊行の七斗七『VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた』(富士見ファンタジア文庫。ウェブ小説投稿サイト「ハーメルン」と「カクヨム」に投稿されたものを書籍化)などVTuberを題材にしたラノベはジャンルとして定着してヒット作も出たほか、やはり2021年刊の燦々SUN『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』(角川スニーカー文庫)のヒロイン・アーリャがVTuber化するといった展開は見られた。

 2020年にはYouTubeのマンガ動画/YouTubeアニメ発の小説も登場している。

 2020年12月25日刊行の天乃聖樹・著、もすこんぶ(イラスト、企画・原案)『クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。』(MF文庫J)が初のノベライズ作品である。また、同年12月28日には三河ごーすと著、原作フェルミ研究所の『人類滅亡して最後の1人になったら?』(KADOKAWA)、2021年1月25日には三河ごーすと『義妹生活』(MF文庫J)も刊行されるなど、相次いだ。

■「小説」に変換する作業の負荷

 マンガ動画/YouTubeアニメとは、チャンネル登録者数215万人のYouTubeチャンネル「フェルミ研究所」がオリジナルのカラーマンガを、セリフに声をあてて制作した動画の演出法を2018年に確立して以降、新たな表現形式として一般化したものだ。

『クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。』はチャンネル登録者数63万人の「漫画エンジェルネコオカ」で2020年3月に投稿された、第1話が365万回再生を突破した同名の人気シリーズをラノベ化したものだ。

 2022年現在、もっともラノベ読者から支持されているのは『義妹生活』だろう。

 これは元の動画からしてノベルゲームやスマホゲームのシナリオパートのような、キャラクターの立ち絵+画面下部にフキダシを表示して会話で展開していくものであり、「アニメ・マンガ動画」と謳っている。

 三河ごーすとはもともとラノベ作家だったために内容的にも(また、イラストを手がけたHitenの絵柄的にも)ラノベ読者、YouTubeの視聴者層双方に好まれるラブコメだったことが大きかったと思われる。

 ラノベではないが、YouTube発の小説という意味では、これらに半年ほど先行して、小学生に人気のホラーチャンネル「クロネコの部屋」(2018年開設、チャンネル登録者数約46万)から生まれた、原著クロネコの部屋、著・一夜月夜・天乃聖樹・高橋佐理『ミステリー案内人さんのコワイハナシ』(KADOKAWA)シリーズの小説第1弾が2020年6月に刊行されている(なお、これを手がけたのはフロンティアワークスにてMFブックスやアリアンローズを立ち上げたのちKADOKAWAに転職[2021年に独立]した編集者・堤由惟である)。

 動画では1本数分の短い怪談やホラーが語られ、最初と最後に魔女の格好をした「ミステリー案内人さん」とガイコツの「骨江」の会話が差し挟まれるが、小説でもこのスタイルを踏襲し、朝読需要を見越した短編集形式で作られている。

 YouTube発では、やはりラノベではないが2021年7月に刊行された、奇妙な間取りの家の謎を追った不動産ホラーミステリー小説・雨穴『変な家』(飛鳥新社)もヒットしている(ウェブ発ホラーでのヒット作としては、YouTubeではなくカクヨム連載だが、2018年に投稿開始、2020年夏にTwitter上で反響を呼び、2021年4月に幻冬舎より書籍化された芦花公園『ほねがらみ』がある)。

 2021年には、にゃんたこなど何人かのYouTuberが書籍書き下ろしで小説を発表してもいるが、特別ヒットしたものはない。

 YouTubeは非常にユーザー数の多いプラットフォームであり、ストーリーもののヒットが今後も期待される。

 ただしウェブ小説サイトに掲載された小説を本にするのに比べて、まず「動画」(映像)を作るにも、それを「小説」に変換する作業にも作り手に大きな負荷がかかる。

 また、動画でウケるものが小説としてウケるとは限らない。さらに、暇つぶしで流し見しているだけのYouTube動画に対しては書籍を買うほどロイヤルティが高くない人も多い、といった課題はある。

(飯田 一史)

関連記事(外部サイト)