中日・根尾昂(22)“ピッチャー専任”で噴出する立浪采配への批判「即刻、2軍での再調整を命じるべき」《リリーフなのに“あがり”の前代未聞》

中日・根尾昂(22)“ピッチャー専任”で噴出する立浪采配への批判「即刻、2軍での再調整を命じるべき」《リリーフなのに“あがり”の前代未聞》

根尾は大阪桐蔭からドラフト1位で中日へ ©文藝春秋

 中日の根尾昂(22)は交流戦後に野手から投手に転向した。立浪和義監督(52)は昨秋の就任時に外野手一本の方針を打ち出しながらも、開幕後に遊撃手、さらに二刀流と起用法が迷走した末、投手専任に落ち着いた。シーズン途中での、順序がセオリーと逆の結論に賛否が渦巻く中、兎にも角にも大阪桐蔭高時代に甲子園を3度制したスター候補の再出発が決まった。

 しかし、まずはじっくりと2軍で育成するのかと思いきや、そのまま1軍に残ったのである。しかも6月23、25日と登板した翌日はリリーフ投手としては極めて異例の「あがり」扱いになった。

「あがり」とは出場選手登録(1軍登録)されながらもベンチには入らない、本来なら先発投手で適用される措置のことだ。つまりチームは根尾のために貴重な1枠を浪費している形で、この点でも低迷が続く立浪采配に疑問の声が相次いでいる――。

■2軍レベルの投手が1軍に…

 NPBの1軍登録は29人で、うち25人がベンチ入りする。その他の4人は登板予定がない先発投手とすることが慣例だ。しかし、根尾は“敗戦処理要員”にもかかわらず「あがり」となった。

 立浪監督はこの異例の措置について「根尾の連投を避けること」を主な理由に挙げた。しかし、NPB球団の元監督は、呆れ顔でこの言葉を一蹴する。

「リリーフのベンチ外なんて聞いたことがありません。もちろん私の監督時代もしたことがない。2日連続で投げられない投手が1軍のリリーフと呼べるのでしょうか。中日は敵チームより1人少ない状態で戦っているようなもの。毎試合、ベンチ入り選手を総動員するわけではありませんが、紙一重で競うプロの世界で監督が勝つために最善の布陣を組んでいないことが問題なんです」

 その上でこの元監督は、「立浪監督は根尾に即刻、2軍での再調整を命じるべき」と提言する。

■スピードや球種など、課題が山積み

「根尾をあがりにしたことは、監督自ら1軍レベルのリリーフではないと認めたようなもの。根尾が1軍にいる影響で出番を奪われている選手もいるでしょう。何より本人のために、2軍で一から鍛え直すべきです。まずは徹底的な投げ込みと走り込みです。

 ストレートは150キロを超えても球速ほどスピードが感じられず、上背がないため角度もない。球の質を上げることですね。並行して変化球の習得。先発でやっていくならスライダー以外にチェンジアップやツーシームなどの球種を磨いてほしい。長いイニングを投げるスタミナを強化することは言わずもがな。課題山積です」

■コーチレベルはアンタッチャブル

 立浪監督はPL学園高で春夏甲子園連覇を果たし、1987年にドラフト1位で入団した中日では星野仙一、落合博満両監督の下で優勝を経験した。誰よりも勝つことの厳しさを知り、ノウハウも持っているはずだ。にもかかわらず、なぜ多くのプロ関係者が首をかしげる「根尾1軍」に固執するのか。答えは与田剛前監督時代からのスタッフの言葉にありそうだ。

「根尾はルーキーの時のキャンプからグッズの売れ行きが断トツなんです。全国区の選手が少ないチームで、球団はこの人気にあやかりたい。かつて与田監督に『なぜ根尾を使うのか』とコーチが食ってかかったことがありましたが、頑として聞き入れられることはなかった。根尾はコーチレベルではどうにもならない、アンタッチャブルな存在だと感じました。立浪監督になっても根尾の処遇には球団の影を感じます」

 地元名古屋のテレビ局関係者が補足する。

「根尾が岐阜県出身であることも関係していると思います。岐阜は(球団の親会社の)中日新聞の戦略上、重要拠点。(2度監督を務めた)高木(守道)さんしかり、(西武からFA移籍した)和田(一浩)さんしかり、岐阜出身者を手厚くする方針は今に始まったことではありません。根尾の扱いについて、勝敗より興行を優先しても不思議ではありません」

■12年間の在野で培った世渡り

 とは言ってもプロはまず何より勝利を優先することが前提のはずだが……。

 根尾は6月19日に本拠地バンテリンドームで行われた巨人戦、1-5の九回2死から投手転向後の初登板を果たした。既に敗色が濃かった試合で、ファンからはこの日一番の歓声が上がった。番記者は皮肉を交えた冷めた口調で振り返る。

「ドラゴンズではプロ未勝利の投手が1番人気です。監督は、球場に足を運んだファンに白星を届けられないなら、せめて楽しんでもらおうと考えたのでしょう。ほとんど“客寄せパンダ”です。この試合は地元テレビ局も中継していて、その局と関係が深い立浪監督の采配は負け試合でも番組を盛り上げることに貢献していました」

 立浪政権誕生は長年、白井文吾オーナー(現名誉オーナー)が強硬に反対していたとされる。現役引退から監督就任までは実に12年を要した。

「立浪監督は途中で諦めかけるほど待たされました。簡単には辞められないでしょう。勝つことより、球団や親会社、地元ファンの思いをくむことが長くやるための条件とでも思っているのでしょうか。長かった在野時代に練っていたのが“世渡りの術”だというなら寂しい限りです……」(同前)

(木嶋 昇/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)