TikTokフォロワー1000万人! “日本の芸人として初の快挙”ウエスPが海外でバズりまくる意外なワケ 「7割スベッて、3割当ててきた」

TikTokフォロワー1000万人! “日本の芸人として初の快挙”ウエスPが海外でバズりまくる意外なワケ 「7割スベッて、3割当ててきた」

©文藝春秋

 2022年4月3日、吉本興業所属の芸人・ウエスPのTikTokのフォロワー数が日本の芸人として初の快挙となる1000万人を突破した。YouTubeのチャンネル登録者は206万人、Instagramは134万人フォロワーとなっており、自身のSNS総フォロワー数は1400万人を超えている。(6月13日時点)

 ウエスPは、全裸の身体の上に乗せた布にティーカップを置いてテーブルクロス引きをするなど、身体を張った芸が海外で大ブレーク。近年では多くの世界的スターを輩出するオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」のフランス版にも出演し、話題になった。そんなウエスPにSNSでバズる秘訣や海外にウケるネタの作り方など話を聞いた。(全2回の1回目。 続き を読む)

◆ ◆ ◆

■1800万“いいね”が、僕のTikTokでの最多記録

――TikTokのフォロワー数1000万人突破おめでとうございます。率直に今のお気持ちはいかがですか?

ウエスP 目標としていた数字だったのですごく嬉しいですね。僕のプロフィールで胸を張って言えるような数字を達成できました!

――フォロワーはどこの国の方が多いですか?

ウエスP SNSによっても違うんですけど、TikTokだとアメリカとヨーロッパの方が多くて、日本は本当に少ないですね。YouTubeだとインドとインドネシア、アメリカがトップ3。日本は10番目ぐらいです(笑)。

――いろんなジャンルの動画をアップされていますが、その中でも人気の動画はやっぱりパフォーマンス系?

ウエスP そうですね、パフォーマンス系の動画が人気です。去年、一番見られたのが“海外のスゴ技を超える”みたいなコンセプトのパフォーマンス動画。その動画で1800万“いいね”がついたんです。それは僕が今まで一番もらった“いいね”です。それがきっかけでフォロワーが増えていったんです。あとは、テーブルクロス引きとかを見てフォローしてくれる方が多いと思います。

https://www.tiktok.com/@uespiiiii.1115/video/7001443959604055298?is_from_webapp=1&sender_device=pc&web_id=7101635189743535617
自身のTikTokより

■「1日3回も動画を上げるのは間違ってるなって思います」

――TikTokでは1日何本の動画を上げているのでしょうか。

ウエスP 最初は毎日投稿ではなかったんですけど、2021年から毎日上げるようになって、夏頃から1日3本ぐらい上げるようになりましたね。

――1日3本は大変ですよね。

ウエスP 大変ですね。やるものじゃないなと思います(笑)。毎日投稿でも結構しんどいのに、僕はSNSを7個〜8個やっているので。TikTokやInstagram、YouTubeはもちろんですけど、中国版のTwitter、ウェイボーだったり、中国版のTikTok、ドウインもやっています。全部1人でやっているので、今僕がどこに何の動画を上げているのかもよく分かってない(笑)。携帯も1TBの容量の携帯を買ったんですけど、半年でパンパンになっちゃいました。

――やっぱり毎日投稿した方が反応はいい?

ウエスP 反応もいいですし、毎日投稿するのは効果的だと思います。あとは、僕的に1日空けたりするより毎日投稿した方が結構、楽だったりするんですよね。1日空けると、なんとなくダラけるというか。でも、繰り返しになりますが、1日3回も動画を上げるのは間違ってるなって思います(笑)。

■「本当はがっつりマネしたいんですけど、一応芸人なので」

――動画は撮り溜めているんですか?

ウエスP 一応、余裕をもって10本くらい撮り溜めてはいるんですけど、結局使わない動画も出てきたりしますね。特にTikTokはトレンドが早かったりするので、撮り溜めていた動画がもう流行らないってこともあります。もともとトレンドなんて気にしなかったんですけど、TikTokをやり始めてからは日本のトレンドより、海外のトレンドを意識して取り込むようになりました。

――海外のトレンドというのはどういったものでしょうか。

ウエスP 流行っている音源だったり、パフォーマンスだったりですね。TikTokは「他の動画をマネして再生数を増やしていく」っていう基本的な構造があるんです。でも僕は全く同じものをやるんじゃなくて、自分のオリジナル要素を足しています。うまくハマれば再生数が伸びていきますね。

 本当はがっつりマネしたいんですけど、一応芸人なので何か自分の要素は足したいなと思って。それがたぶん7割ぐらいスベッてたりするんですけど(笑)。でもハマった3割でなんとか1000万フォロワーまできましたね。3割を当てながらきたっていう。自分に合った海外のトレンドを見つけて取り入れていくのもバズる秘訣かなって思います。

■「成功も失敗も全部動画にしています」

――海外に向けて見た目も意識していることはありますか?

ウエスP 海外のTikTokerは毛を剃っている方が多いので、それに倣って僕も前面の毛はキレイに剃っています。ただ、背中は剃れないので、裏が汚いとか言われますけど(笑)。なるべく清潔感を出していこうって思っています。あとは、ただの裸のおっさんみたいな感じになるので、蝶ネクタイをつけて印象付けてみたり(笑)。

――ドヤ顔も印象的ですよね(笑)。

ウエスP この顔がウケてるっていうのもバズる要素なのかなって思います。<ネタを見ないでドヤ顔を待ってる>ってコメントが来たりすることもあるくらい(笑)。

――動画の撮影で失敗することも多々ある?

ウエスP ありますね。1本の動画で成功するまで2時間〜3時間かかったりすることもあります。だから成功した動画では“顔が死んでる”時が多いですね(笑)。でもその失敗している様子も動画にしていたりするので、成功も失敗も全部動画にしています。完全に編集も撮影も全部1人でやっているので。

https://www.tiktok.com/@uespiiiii.1115/video/7106120201560771842?is_from_webapp=1&sender_device=pc&web_id=7101635189743535617
自身のTikTokより

■裸を歓迎しないTikTokで「こんなにバズると思わなかった」

――もともと動画の撮影や編集は得意だったんですか?

ウエスP いや、全然得意じゃないです。全然わからない。編集もわからないままやり始めました。技術の進化と共に僕も進化できたというか。

――いろんな努力があって1000万フォロワーを達成したんですね。

ウエスP そうですね。まさかTikTokでこんなにバズると思わなかった。基本、TikTokは裸をそこまで許しているわけじゃないので、相性が良くなかったはずなんですよ。一応、僕も裸を抑えながらやってきましたけど、そこは僕自身びっくりしたというか、よかったなって思いますね。

■インスタ毎日投稿2か月の成果を目の当たりにして…

――今まで何本くらいの動画を上げているのでしょうか。

ウエスP 去年1年間だけでも1000本ぐらいはアップしているんじゃないですかね。延べだったら2000本ぐらいだと思います。

――コロナ禍がきっかけで動画を頻繁に上げ始めたそうですね。

ウエスP そうですね。コロナ禍になる前は日本と海外を行ったり来たりしていたんですけど、コロナ禍になってからは海外に行くことが極端に少なくなって。なので、コロナ禍になった直後から、まずはInstagramに毎日投稿を2か月やったんです。そうしたらInstagramのフォロワーが18万人から70万人ぐらいまで一気に増えて。それからTikTokをメインに真面目にやり始めた感じですね。

――ウエスPさんのYouTubeチャンネルも登録者数が205万人を超えていますが、昨年12月の時点では10万人だった。

ウエスP そうですね。去年のクリスマスの日に1本の動画だけ1000万回くらい一気に伸びたんですよ。それまで僕のチャンネルはほぼ日本の方しか見ていなかったんですけど、その動画は海外の方にウケて。それから他の動画も見られて、相乗効果で登録者数も増えていった感じですね。1か月ぐらいで100万人になりました。

https://youtube.com/shorts/DGEpX8C8LEg?feature=share
自身のYouTubeより

■渡辺直美やジャングルポケットに「やっと同期として迎えられた感じ」

――ご自身も海外での人気というのは実感されていますか?

ウエスP そうですね。実際、海外に行くと日本より声をかけてくれます(笑)。「TikTok見てるよ」とか「ゴット・タレント見たよ」とか、そういう風に声をかけてもらうことが多いですね。

――ウエスPさんと同じく海外の方に大人気の渡辺直美さんとは同期なんですよね。

ウエスP そうなんですよ。同期は他にもジャングルポケットとか、見取り図とか、ランジャタイ、さらば青春の光とか……。渡辺直美やジャングルポケットはめちゃくちゃ早く売れていって、僕が気付いた時にはどこにもいなかった。なので、彼らが売れていっても何も感じなかったですね(笑)。

 同期なのに基本しゃべったことがなかったんですけど、ようやくここ5年ぐらいで渡辺直美とかジャングルポケットが僕の存在を知ってくれた。ようやく同期として迎えられた感じです(笑)。総フォロワーは渡辺直美と同じくらいになったので、やっと追いついて嬉しいです。

インタビュー撮影=宮崎慎之輔/文藝春秋

「ダウンタウンさんを前にすると緊張しますね」“TikTokフォロワー1000万人”芸人・ウエスPが語る“世界一危険なテーブルクロス引き”誕生秘話 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)