「美人店員がいる!」吉本芸人を騒がせた松本若菜38歳が注目される理由

「美人店員がいる!」吉本芸人を騒がせた松本若菜38歳が注目される理由

映画初主演は09年の「腐女子彼女。」だった

 土屋太鳳主演の連ドラ「やんごとなき一族」(フジ)。視聴率は5〜6%と今ひとつだが、石橋凌、倍賞美津子ら豪華脇役陣の中で注目を集めたのがを集めたのが松本若菜(38)。

「気の弱い夫(尾上松也)が弟(松下洸平)に家の跡継ぎの座を奪われそうになり、弟の嫁(土屋)に意地悪を働き、不気味な笑いをもらす。悩める土屋に『♪右手はパーで 左手もパーで 板挟み 板挟み』とミュージカルのように替え歌を歌い、嫌味を言うさまなどが“松本劇場”と呼ばれる人気場面に」(放送記者)

 松本は鳥取県米子市の出身。高1の時、仕事で鳥取に来ていた奈美悦子と、奈美の所属事務所(当時)社長にスカウトされたが応じず、卒業後は地元で化粧品関係の仕事に就いた。

 だが2006年、22歳のとき、本人が翌年語ったところでは「胸のうちでフツフツと沸き上がるものがあり」、スカウトされた事務所に連絡を取り上京。女優への道を踏み出した。

「07年の『仮面ライダー電王』で、主人公(佐藤健)の姉役でデビュー。だが女優だけでは食べられずバイト生活。吉本芸人が出入りする新宿の鰻屋で働き、芸人の間で『美人店員がいる!』と話題に。インパルス板倉俊之には告白されたという」(芸能デスク)

■今回の怪演でブレイクが現実のものに?

“グラドル”としても活動。

「07年から09年にかけ2冊の写真集を出し、セクシーな下着姿も披露。『やんごとなき一族』が始まってから需要が高まり、1冊目の『watercolor』は現在、大手通販サイトで1万5000円以上に高騰している」(同前)

 11年に現在の所属事務所に移籍以降も連ドラに単発出演する程度だったが、17年に転機が訪れた。

「映画『愚行録』でヨコハマ映画祭助演女優賞を受賞。連ドラ『コウノドリ』(第二シリーズ)では主人公(綾野剛)の同僚の産婦人科医役を演じて知名度を上げ、次に“来る”女優と言われ出した。それからもすでに5年経ったが、いわゆる“美人女優”の枠を打ち破る役柄に出会えなかった。だが、今回の怪演でブレイクが現実のものになりそう」(ドラマ制作関係者)

 私生活では独身。本人は「(結婚は)相手がいてタイミングが合ったら」とインタビューで語っている。

「7月期のテレ東深夜ドラマ『復讐の未亡人』で連ドラ初主演する。ネットで先行配信されたが、自らの体を武器に、死んだ夫を追い詰めた相手に復讐していく役。平岡祐太に馬乗りになるラブシーンなど、過激シーンもある。競争相手の少ない“セクシー悪女”路線でも十分戦えそう」(同前)

 松本若菜がとうとうキタァー!

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年6月30日号)

関連記事(外部サイト)