「ドームのなかに雨が降る」西武の本拠地・ベルーナドームで見つけた、地球にとって大切なこと

「ドームのなかに雨が降る」西武の本拠地・ベルーナドームで見つけた、地球にとって大切なこと

雨雲です! ものすごく大きな!

 埼玉西武ライオンズが本拠地とするベルーナドームは、球場内に雨や霧、雪などさまざまな自然現象を出現させることができる「全天候型ドーム」です(※人類の大半が滅びた未来世界で科学者がひとりで住んでそう)。「西武ドーム 雨 欠陥」「西武ドーム 霧 欠陥」「西武ドーム 雪 欠陥」などのワードで検索していただくと、さまざまな天候の画像や映像が見られることでしょう。

 しかし、その映像は真実なのでしょうか。率直に言って僕には信じられませんでした。確かに、つけ渋った壁の隙間から多少の雨粒が座席まで入ってくることはあるでしょうが、雨が降るだの雪が降るだの、さも「上から下へと落ちてくる」みたいな言い方には疑問を持っていました。心ないインターネット民が話を盛っているのだろうと思ってきました。先日もYahoo!ニュースで「西武の白星を見る確率よりも球場内でカラスを見る確率のほうが高い」とか言う眉唾な記事を見かけました。インターネットなど鵜呑みにできるものではありません。

 だが、しかし。迎えた2022年6月12日。僕は、ついに見たのです。ベルーナドームのなかに雨が降るのを。その雨は確かに上から下へと降っていました。インターネットの言った通りでした。ずっと都市伝説と言われていましたが、インターネットは嘘つきじゃなかった。雨が上から降ってきたとき、ドキドキしました。きっと、素敵なことが始まったんだって――。

■ベルーナドームの雨、上から降るか? 横から降るか?

 この日、ベルーナドームでは埼玉西武ライオンズVS広島東洋カープの試合が行なわれていました(※秋山翔吾さん争奪戦ではない/なので結果は西武が大勝)。しかし、試合開始から間もなくして天候が荒れ始めます。低気圧の中心にでも入ったのでしょうか。猛烈な雨と風、空には雷鳴が轟いています。球場内に風を送るための巨大扇風機(※涼を得るエコシステム)は、大型風車となって高速で回転し始めました。

 やがて三塁側外野スタンドから生まれる、悲鳴にも似たざわめき。ベルーナドームの外野スタンド後方にある壁の隙間には、西日を防ぐかのように黒いスダレ(※涼を得るエコシステム)がつけられているのですが、巨大なスダレが紙切れのようにはためき、猛烈な風によってバタバタと暴れています。

 そして、球場内には白く煙る雲のようなものが。その雲は壁の隙間から暴風が吹き込むたびに勢いを増し、球場内を上昇していきます。屋根につけられたLED照明のあたりまで昇った雲は、やがて勢いを失ったように落下していきます。それは紛れもなく雨でした。ベルーナドームのなかでは本当に上から雨が降っていたのです! ああ、ああ、雨がぁー! 雨がぁーー!

■通風孔からの吹き込み説、雨漏り説は一蹴された。

 あまり知られていないことですが、ベルーナドームの屋根には通風孔(※涼を得るエコシステム)があります。その場所は、先行して付けた銀色の屋根と、あとから付け足したお椀型の膜屋根との境目です。つけ渋った壁の隙間から外気を取り込み、塞ぎ渋った屋根の隙間からドーム内の空気を排出することにより、空調つけずのエコ球場を実現しています。

 その通風孔から吹き込んだ雨が普通に上から落ちているのではないか、という吹き込み説を僕は長年疑っていたのですが、実際にこの目で見ますと、ドーム内に雨が降っているとき通風孔は素早く閉じられていました。その素早い対応のせいでドーム内の温かく湿った空気が屋根部分に滞留し、「外より蒸し暑い」を生み出している傾向は否めませんが、とにかく吹き込み説は一蹴されました。

 そしてもうひとつ、「西武だし、普通に雨漏りしているのでは?」という疑いも長年抱いてきましたが、横から吹き込んだ雨が煙のように上に昇っていくのをこの目で目撃し、雨漏り説も一蹴されました。外野スタンド全体を覆うほどに広がった巨大な雨雲が雨漏りによるものだとしたら、もはやこれはドームですらなく引っくり返したザルみたいな話ですからね。9月にはあのレディー・ガガ様が来日公演をするというドームが、雨漏りし放題なんてこと許されませんからね。「ガガが来る」じゃなくて「ガタが来てる」になっちゃいますからね。まぁ、ガガ様は雨が降ろうが雪が降ろうが「今日は野外ステージなんだな」と思うだけかもしれませんが……。

■そして、ベルーナドームはサステナブルに雨を乗り越えた

 この日の雨は短時間でおさまり、嘘のように青空が広がりました。山の天気は変わりやすいもの。女心と秋の山。おかげで球場内の観衆たちも濡れネズミにはならずに済みました。雨上がり、改めて場内を見回りますと、雨と上手につきあう運営スタッフたちの姿が見られました。

 球場外周部に設置されていた売店のワゴンやガチャガチャの台は雨が当たらないように場所を動かしたり、ビニールシートで覆われたりしています。屋外に置かれていた在庫品や段ボール箱は素早く売店内に放り込まれ、ドリンク売店のスタッフさんは片手で傘をさしながらドリンクを売っていました。そうです、雨が降ったら雨宿りすればいいのです。屋根だの壁だのエアコンだの、ないものねだりをするのではなく。

 風で飛ばされないように一旦剥がされたスタメンを表示するボードは、雨上がりにはすぐ戻されました。ベビーカー置き場では、濡れたベビーカーをタオルで拭くスタッフさんたちの姿がありました。球場外周部の立見席では、スタッフさんがタオルでテーブルを拭いてくれていました。一番雨が当たりやすい球場外周部の立見席のテーブルを金属製にしたのはナイスだなと思いました。さすが、水に強いサーモス。濡れたら拭けばいいのです。

 テーブルを拭くスタッフさんを見て、僕はさらに驚きました。雨を拭くその手には2020年のファンクラブ入会記念品だったバスタオルが握られていたのです。2020年のシーズンオフにはLポイント(※西武の楽天スーパーポイントみたいなもの)で交換できるようになり、何とか在庫をさばこうさばこうと必死だったあのタオルが、2022年の雨の日に大活躍していたのです。もはや売ったり配ったりすることも憚られる「2020」のプリント入りタオルは、「雨の日に使える」ということで今も大切に保管されていた。

 僕はその光景を見たとき感動しました。この球団は限りある資源を大切に使うサステナブル球団なのだと、改めて誇らしくなりました。余ってしまった配布品のタオルも、売れ残った応援用タオルも、いなくなった選手のタオルも、誤植で回収したタオルも、雨の日にはまだ活躍できるのです。ベルーナドームが雨で濡れるスタジアムだからこそ、かわいそうなタオルたちはもう一度活躍することができたのです。タオルは滅びない。何度でも甦るさ。このスタジアムが雨降りドームである限り! 

 世のなかには素晴らしいドームがたくさんあります。「日本六大ドーム」と名高い東京ドーム、京セラドーム大阪、札幌ドーム、バンテリンドーム、昭和電工ドーム大分、福岡PayPayドームのような、科学技術による快適さを実現したドームもよいものです。しかし、どんなに素晴らしいドームがあっても、人間は自然から離れては生きていけません。土に根を下ろし、雨と共に生き、雪と共に冬を越え、烏と共に春をうたう、そんなドームがあってもいいのではないでしょうか。

 さぁ、出掛けましょう、ベルーナドームへ。

 タオル、カッパ、折り畳み傘をカバンに詰め込んで。

 いつかきっと出会う、ドームのなかに降る雨を楽しみに……。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/55174 でHITボタンを押してください。

(フモフモ編集長)

関連記事(外部サイト)