藤原紀香51歳に「こういうことやってると、芸能界ではダメになっちゃうよ」という“忠告”をあえて無視したワケは?

藤原紀香51歳に「こういうことやってると、芸能界ではダメになっちゃうよ」という“忠告”をあえて無視したワケは?

藤原紀香 ©文藝春秋

 俳優の藤原紀香がきょう6月28日、51歳の誕生日を迎えた。今月最終回を迎えたドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(カンテレ制作・フジテレビ系)では、藤木直人演じる天才シェフをフランスから訪ねて来て波瀾を起こすミステリアスな美魔女役で登場し、話題を呼んだ。

■芸能界入りのきっかけは「見合いの箔付け」

 芸能界デビューのきっかけは、いまから30年前の1992年、神戸親和女子大学に在学中、「ミス日本グランプリコンテスト」でグランプリを受賞したことだ。自らエントリーしたのではなく、母親が知らないうちに応募していたという。ただ、母は、彼女が受賞を機に芸能界へ入ろうとすると、父とともに猛反対した。母としては見合いの箔付けになればいいと思って応募したにすぎなかったようだ。結局、大学を1単位も落とさずに卒業することと、上京はせず実家から通うことを条件に両親の許しを得て、モデルの仕事を始める(※1)。

 そんな藤原に東京へ出て本格的に俳優として活動したいと思い立たせたのは、本人が折に触れて語っているように、1995年の阪神・淡路大震災だった。地震の起こった1月17日、海外での撮影から帰国すると、関西空港のテレビで被害状況を知り衝撃を受け、家族の生死もわからないまま電車で行けるところまで行き、実家までは線路沿い10キロの道のりを歩いてようやくたどり着く。その途中で見た想像を絶する光景に、人命のはかなさを思い知ったという。のちに著書でこのときを振り返り、次のように書いている。

《自分はたまたま生きているけれど、今、がれきの下に埋まっているのが自分であっても何の不思議もない。絶望的な思いでよろよろと歩きながら、私は一回、命を拾ったのだと思わずにはいられなかった。/死ぬ間際に、やり残したことを後悔しながら死ぬのだけは嫌だ。もしこのまま生きて帰れたら、どれだけ反対されても残りの人生、自分の夢に向かって思いきり生きてみようと心に誓った》(※2)。

 それからしばらく地元の人たちと助け合いながらすごし、3月も後半になって周辺がようやく落ち着いたころ、両親の説得にかかる。父は最後まで首を縦に振らなかったが、上京前日にトラックを用意すると、彼女と荷物を乗せて夜通し東京まで運転してくれた。

 とはいえ、東京に出てからしばらくは、オーディションをいくつも受けては落ち続けた。一方で、上京前より、女性誌のモデルの仕事とあわせ、いくつかの企業のキャンペーンガールを務めており、やがて男性誌で水着姿を披露する機会も増える。それだけに、駆け出し時代は、とかくスタイルのよさなどルックスが注目されがちだった。

■「顔と体ばかりに気をとられていたが…」

 だが、そのなかにあって意外な魅力に気づいた人もいる。1997年に『週刊文春』のグラビア「原色美女図鑑」に初登場した際、エッセイを寄せた放送作家の小山薫堂は、彼女と実際に会って話をしてみた印象から、《顔と体ばかりに気を取られていたが、喋りが予想以上にいい。(中略)体力十分、食べ物の好き嫌いなし、一週間お風呂に入らなくても大丈夫、秘境が好きで歴史に詳しい……そんな話を聞くと、いつまでもビジュアル系じゃないでしょう!と思えてくる。/秋の改編で、女性司会者、あるいは女性キャスターにお困りのテレビ関係者のみなさんに、ボクは言いたい。/「思いきって藤原紀香を起用してみてはいかがですか」と》と書いた(※3)。

 この直後、97年10月より放送された木村拓哉主演の月9ドラマ『ラブジェネレーション』(フジテレビ系)に出演したのを機に、大きな仕事も舞い込むようになる。翌98年10月より5年半放送された音楽バラエティ『FUN』(日本テレビ系)では松任谷正隆・今田耕司とMCを務め、小山薫堂が見抜いたように軽妙なトークで番組を盛り上げた。

 そんな藤原には武勇伝も数多い。米・香港合作のアクション映画『SPY_N』(2000年)に主演したときには、地上172メートルの空中に吊られたガラス板の上での格闘シーンを、CGもスタントも使わず自ら体を張って演じた。このときはさすがにマネージャーから止められ、大げんかしたという(※2)。

 また、ある主演ドラマの現場では、時間が押したためにある俳優が怒り出し、スタッフを殴る勢いだったので、藤原がすぐ前まで行って《殴るんだったら私を殴ってください》と制止し、《ごめんなさい。現場が押してイライラするのもわかります。でも、もう少し待ってください。みんな一生懸命頑張ってますから、お願いします》となだめたこともあったという(※4)。

■「芸能界ではダメになっちゃうよ」という忠告も

 もともと子供のときから正義感が強く、曲がったことが許せない性格だった。幼いころには、デパートでぶつかってきた知らない男性が、謝りもせずに立ち去ろうとするので、追いかけて行って「悪いことをしたんだから、謝って」と説教したことがあったらしい。これにはさすがに親も心配したようだ(※5)。

 そうした正義感は、現在も力を注ぐボランティア活動や国際支援活動へとつながっているのだろう。直接のきっかけは2002年、戦火にあったアフガニスタンへ、自らの意志でテレビクルーをともなって取材したことだ。それ以来、世界各地の厳しい状況下で生きる子供たちを視察し続けるとともに、写真展やトークショーなどを国内外で開いて支援を呼びかけ、教育や保健衛生などの環境改善に寄与してきた。2010年にはNPO法人「Smile Please☆藤原紀香 世界こども基金」も設立している。

 ただ、本人に言わせると、こうした活動を始めたのは《正義感というより、(中略)多少なりとも影響力が持てる職業につけた私が社会に対して何かできないかと考えた》のが発端だった(※4)。しかし、女優が社会的な発言や活動をすることに、「こういうことやってると、芸能界ではダメになっちゃうよ」などと言ってくる人もいた。

 藤原も最初こそ気にしていたが、紛争地域で活動する日本人の看護師などに、働く動機を訊ねたところ「99%自己満足かもしれない」「だけど、現地の言葉で『ありがとう』って言われて、その笑顔を見ると、役に立ってよかったって思うの」という答えが返ってきた。これを聞き、《これは自己満足なんじゃないか、なんて動機を問うている時間があったら役に立つことが大事なんだ》と、考えを改めたという(※4)。

■藤原紀香を支えた、片岡愛之助の言葉

 俳優業や社会活動に加え、2016年に歌舞伎俳優の片岡愛之助と結婚してからは、夫の公演中ともなると、ご贔屓筋への挨拶や舞台裏でのサポートもこなす。じつは当初、歌舞伎俳優と結婚するなら仕事はやめなくてはいけないと思っていた。

 だが、女優をやめるべきなのかと、愛之助に訊くと驚いた顔をされ、《その必要はないよ。自分の世界を持つことは大切だし、仕事を続けている方もいらっしゃる。奥さんにやってほしいことは、ご贔屓筋に関すること。そこをしっかりしてくれれば大丈夫だし、これまで築き上げてきたキャリアと、ファンの皆さんを大切に考えてください》と話してくれたという(※6)。愛之助も、もともとは町工場の経営者の子として生まれ、部屋子として歌舞伎の世界に入った叩き上げである。それもあって、同じく下積みの長かった彼女のことをよく理解しているのかもしれない。

 俳優としては近年、舞台、とくにコメディへの出演が目立つ。2017年には、三宅裕司率いる「熱海五郎一座」の公演『フルボディミステリー 消えた目撃者と悩ましい遺産』で東京喜劇に初挑戦した。また、2019年に東京・明治座などで上演された『サザエさん』では「10年後のサザエさん」に扮し、今年初めにも再演している。波平役の松平健からは《紀香ちゃんのサザエさんは、おっちょこちょいぶりもちゃんと表現しながら、ほんわかしたところもあって、とても似合っていました》と絶賛された(※7)。

■「テレビのイメージとは全然違う」本来の性格

 本来の彼女は三枚目な性格で、《周りの友人たちは、テレビのイメージとは全然違うよね、といつも笑っていますね》という(※8)。お笑いも好きで、高校時代には落語研究会に所属し、校名にちなんだ「親和亭かつお」の高座名で、自作の小噺を披露したりもしていたようだ。

 今春にはブロードウェイのヒット作を関西弁のセリフに翻訳したブラックコメディ『毒薬と老嬢』で久本雅美とともに老け役に挑み、全国を回った。冒頭にあげた『恋なんて、本気でやってどうするの?』にしてもそうだが、50代となり、年齢を重ねた役が似合ってきた。そんな藤原は20年ほど前の著者で、一日一日を一生懸命生きるため自分なりの努力をしながら歳を重ね、個性を増していくことで、《心の年齢は若いまま、年齢不詳の魔女になりたい》と語っていた(※2)。そろそろその域に達しつつあるのかもしれない。

※1 『週刊現代』2021年12月25日・2022年1月1日合併号
※2 藤原紀香『藤原主義』(幻冬舎、2001年)
※3 『週刊文春』1997年7月30日号
※4 『週刊朝日』2008年10月31日号
※5 『婦人公論』2007年7月22日号
※6 『週刊新潮』2020年1月2・9日号
※7 『週刊朝日』2022年1月7・14日号
※8 『婦人公論』2017年4月25日号

(近藤 正高)

関連記事(外部サイト)