「僕は怒っていない」大江順一キャディーが“職場放棄”トラブルの真相を激白

職場放棄トラブル報道の大江順一キャディー、週刊文春に真相を激白

記事まとめ

  • キャディーの大江順一氏は、大西葵プロとトラブルとなり、職場放棄したと報じられた
  • 大江氏は、週刊文春の取材に60分にわたって応じ、初めて騒動の経緯について明かした
  • 「あくまでいつも通りにしていました。処分されるようなことがあれば不本意」と語った

「僕は怒っていない」大江順一キャディーが“職場放棄”トラブルの真相を激白

「僕は怒っていない」大江順一キャディーが“職場放棄”トラブルの真相を激白

大江キャディー

 6月23日に行われた女子ゴルフ「アース・モンダミンカップ」第1Rで、大西葵プロ(27)とトラブルとなり、“職場放棄”したと報じられたキャディーの大江順一氏(43)が「 週刊文春 」の取材に約60分にわたって応じ、初めて騒動の経緯について明かした。

 大西と大江氏は17番ホールで、2打目のミスショット後の対応を巡って意見が対立して口論となり、大江氏は大声を上げたとされる。その後、バッグを運ばない“職務放棄”とみられる行為もあり、大西は18番ティーで競技委員に帯同キャディーの交代を申し出た。18番からはクラブメーカーの関係者がバッグを担ぎ、大江氏はラウンド中に帰ってしまったという。

 大江氏は「僕が職務放棄をしたり、キレたりしたと報じられていますが、そんなことはありません。あくまでいつも通りにしていました。仮にこれで処分されるようなことがあれば不本意です」と切り出した。

 トラブルが起きた発端についてはこう説明。

「17ホールの2打目でシャンク(ミスショット)して、球が右手のレッドペナルティエリアに行った。そこで、どうリカバリーするのか三つ選択肢があり、ゴルフバッグを置いた位置から打ち直すこともできたので、ゴルフバッグとペットボトルを置いていた。後続組に我々の存在を知らせる安全確保の意味合いもあります。そうした上でボールを探しに行ったのですが、それがバッグを放置したと思われてしまった。良かれと思って同組のキャディーさんがバッグを持ってきてくれたんですが、まだゴルフバッグの位置から打ち直す可能性もあったので、僕は『置いておいてほしいんだよな』と言ったのです。すると大西プロから『せっかく持ってきたのにそんな言い方しなくてもいいじゃん』と言われて。あくまで大西プロのためにやっていたことなのに、頭ごなしにそう言われ、正直どうかと思いました」

 実際に大声を出したり、怒鳴ったりはしたのか。

「大きい声を出したのは、相手に聞こえるようにはっきり言わないと相手に伝わらないからです。コースは広いですし。僕は感情任せで言った言葉は一つもない。大西には『ラウンドが終わったら説明するね』と伝えたにもかかわらず、『ありがとうって言ったら終わりじゃん』と言われた。自分としてどうしたら良かったんですか? という思いがあります」

■気持ちを切り替えようと思ったのに…

 途中でバッグを運ぶのをやめ、ラウンド中に立ち去ったことについてはこう説明。

「私はそれでも気持ちを切り替えて、盛り上がって行こうと思っていた。すると、18番ホールのティーグラウンドで大西プロが『いまキャディー代われますか?』と競技委員に問い合わせ、『大丈夫』との確認がされた。そこで大西プロのコーチの石井忍さんがいるのが目に入ったようで、『忍さん、かつげますか?』と。石井さんは『大丈夫だよ』と答えたので、その時点で僕は担当キャディーではなくなったのです。それで、自分の荷物をバッグから出して、立ち去りました」

 そして今回の騒動についてこう振り返った。

「今回は女性の選手が泣いてしまったということがクローズアップされてしまいました。そもそも僕は怒っていませんし、怒ったところで選手のパフォーマンスは上がりません」

 JLPGAに今後の処分について問うと、「現在調査中で、現段階でお答えできることがございません。調査内容についても回答は差し控えます」と回答した。

 食い違う大江氏と大西プロの言い分。JLPGAの調査の行方が注目される。

 6月29日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および6月30日(木)発売の「週刊文春」では、大江氏の経歴やゴルフ関係者からの評判、過去に交際していた女子選手との“トラブル”などについて報じる。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年7月7日号)

関連記事(外部サイト)