「這い上がります」“キャバクラ謹慎”でどん底に落ちた元大関・朝乃山(28)に“本当の笑顔が戻る時”

「這い上がります」“キャバクラ謹慎”でどん底に落ちた元大関・朝乃山(28)に“本当の笑顔が戻る時”

朝稽古で十両朝乃若(手前)と相撲を取る元大関の朝乃山 ©時事通信社

 7月10日(日)開幕の大相撲名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)では、一人の三段目力士に大きな注目が集まる。

 朝乃山広暉―。

 大関だった昨年5月の夏場所期間中に日本相撲協会の新型コロナウイルス感染対策ガイドライン違反が発覚し、6場所出場停止と6カ月間の報酬減額50%という厳罰が下った。番付はあっという間に降下。一時は「横綱に最も近い男」と呼ばれた28歳の大器は、極めて異例の長期離脱から新たな試練の道を歩み始める。

■午後1時から始まるNHK−BSのテレビ中継にも映る可能性は微妙

 大相撲の番付というものは、つくづく残酷なものだ。激しい稽古の末に勝ち越しても1枚しか上がらないこともあるが、土俵に上がらなければ一気に落ちる。朝乃山は昨年7月の名古屋場所から出場停止処分が始まると、翌場所には関脇に転落した。続いて平幕、十両と1場所ごとにダウンし、今年3月の春場所には幕下となって関取の地位を失う。今場所は西三段目22枚目にまで下がってしまった。

 最高位の横綱とともに、角界の看板力士として大関に7場所在位した朝乃山。観客席が埋まった午後6時前に当たり前のように相撲を取り、勝てば称賛、負けても激励の拍手と声援を常に浴びていた。

 それが今場所の地位では、がらりと環境が変わる。出番は午後0時半から1時の間が予想され、砂かぶりはおろか、ます席やいす席の観客はまばらだろう。午後1時から始まるNHK−BSのテレビ中継にも映る可能性は微妙だ。

■自らが招いた不祥事により、全てを失った

 明るい紫色が鮮やかだった繻子の締め込みから、まわしは木綿の黒まわし。十両以上の特権である大銀杏はもちろん結えず、普通のちょんまげで土俵に上がる。大関時代の月給250万円は消え、三段目では1場所ごとに支給される11万円の場所手当しかない。2、3人いた付け人はおらず、当たり前のことながら自分のことは自分でしなければならない。関取を長く務めながら故障で幕下に落ちたある親方は言う。

「風呂敷にまわし一本だけを詰めて、薄い浴衣を着てたった一人で場所入り。幕内や十両の華やかさを覚えているから、あれは情けなかったなあ」

 自らが招いた不祥事によって、朝乃山は全てを失った。代償は大きかった。

■“キャバクラ通い”は昨年1月から5月の間に計10回認定

 部屋での待遇も変わった。関取の座を失った春場所からは幕下以下用の薄い布団で寝ている。部屋関係者によると、関取用は敷布団が2枚重ねで分厚く、綿の量が違うという。今回の名古屋宿舎では大部屋に身を置き、掃除やちゃんこ番にも従事。食事は若い衆と同じで遅い順番だそうだ。2020年11月まで高砂部屋マネジャーを務めた元三段目・一ノ矢の松田哲博氏は6月下旬から名古屋入りし、宿舎設営などを手伝った。弟弟子の様子について「今はもう大関だったことを忘れて、雑用を率先して毎日やっている。下の者を使うこともない。別に無理してやっている雰囲気でもなく、淡々としている」と話す。精神面は落ち着いてきたのだろう。

 騒動の発端となった“キャバクラ通い”は昨年1月から5月の間に計10回も認定された。いずれも相撲協会による外出禁止期間中で、3月の春場所では場所中も入店。報道を受けて調査した協会側による事情聴取で一度は虚偽の返答をしてしまい、罪に罪を重ねた格好で厳罰へと至った。当時は大関昇進から1年前後という時期で、所属する高砂部屋関係者は、

「それまでがあまりにも順調に来すぎていた。大関に上がってから、どこかマンネリ化していたところがあったように感じた」

 と証言する。

■コロナ禍と重なり、昇進直後の夏場所は中止に

 確かに新大関で12勝を挙げたのが最高で、以後は10勝や11勝と何となく消化不良。途中休場でかど番も味わった。2度目の賜杯も、綱とりのチャンスも遠かった。

 あえて同情を挟むとすれば、朝乃山はついていなかった。昇進を決めた2020年3月の春場所は新型コロナの感染拡大が本格化した時期で、この場所は史上初の無観客場所となった。言うまでもないが歓声や拍手もなく、報道陣による取材も制限。大関昇進を懸ける場所特有の緊張感はさほど感じなかったと察し、あくまで目安の直前3場所合計33勝に一つ足りない32勝目をようやく千秋楽に挙げて昇進を手中に収めた。

 さらに千秋楽から3日後の昇進伝達式も感染対策の観点から、出席者を両親などごく近い関係者にとどめて大幅に縮小。報道陣も代表数社の取材となり、伝達式に付きもののお祝いムードは低かった。昇進直後の夏場所は中止となり、日本中がコロナ禍に最も苦しんでいた時期がもろに重なってしまった。昇進披露パーティーも開けず、巡業や協会公式行事もない。朝乃山は「大関」という看板力士の重みを実感する場面に出会えず、地位に伴う自覚も芽生えにくかった。

■素顔は素朴で相撲が大好きな青年

 不幸も相次いだ。昇進前の1月には近大相撲部の伊東勝人監督が急逝。新十両昇進前だった17年1月には富山商高相撲部の浦山英樹監督も他界しており、力士としてオヤジのような存在を失った。20年11月の九州場所限りで近大の大先輩でもある高砂親方(元大関朝潮)が定年を控え、師匠も交代した。元大関のある親方はこの時期に「力士というものは、この人には頭が上がらないという存在が必要。番付が上がれば上がるほど大事になる。朝乃山は今からだな」と話していた。

 はからずも半年足らずのうちに問題が発生。処分期間中の昨年には6月に祖父、8月に父・石橋靖さんが亡くなった。靖さんは優しい笑顔と控えめな物腰が印象的で「まだまだ未熟なところがあるので、どうかよろしくお願い致します」と息子の成長と出世を誰よりも願っていた。

「キャバクラ通い」のイメージが先行したかもしれないが、朝乃山の素顔は素朴で相撲が大好きな青年だ。昔の相撲界の逸話を記者に聞いて興味深そうにうなずき、故郷の富山県での思い出話になるとゆっくりとした口調で語り続ける。一連の処分を受けてほどなく、自ら炊事場にやって来て「自分にも何かできることはありませんか」と古参力士のちゃんこ長に申し出て、自ら野菜を切るなどもした。

■一人残って土俵の砂に何度も足の裏をこすり付けていた貴乃花

 部屋のメンバーは「やってしまったことは悪い。でも本人は反省しています。なのでまた温かく見守ってやって下さい」と口をそろえる。許されるものではないとはいえ、あの愚行はまさに「魔が差した」としか思えない。新弟子時代から見てきた身としては、だからこそ悔やんでも悔やみ切れない。

 そして大きな関心は「復活なるか」だ。けがと病気で序二段まで落ちた照ノ富士は復帰から2年半で横綱に昇進。朝乃山の場合は肉体的に問題がなく、相撲勘さえ取り戻せば再起は順調だと予想する。1年以内で幕内に戻り、その半年後に三役、そして半年から1年かけて大関返り咲き……。あくまでこれは机上の計算に過ぎない。

 まずは処分の経緯が精神的に尾を引き、後ろめたさが残るとすれば本人は無心で土俵に上がれるか。全休期間は照ノ富士より2場所も長く、ブランクの影響も気にかかる。私の記憶に残るのは02年秋場所初日。右膝のけがで7場所連続全休明けの横綱貴乃花は恒例の協会あいさつが終わり、他の横綱、大関陣や三役力士が引き揚げる中、ただ一人残って土俵の砂に何度も足の裏をこすり付けていた。満員の両国国技館はどよめきに包まれた。本人は後に「無意識のうちだった。実際に土俵に上がると、足の感覚が全く違っていたから」と述懐している。本場所の一番は稽古場の何番にも匹敵するといわれ、ましてや朝乃山は元大関として三段目に負けるわけにはいかないという重圧が重なる。春場所初土俵でスピード出世の大学、高校相撲出身者が上位から下位に多く控えている点も侮れない。

■「28歳でも伸びしろはまだある」と脱皮を期待

 元マネジャーの松田氏は琉球大相撲部から大相撲初の国立大出身力士として話題を呼び、61歳となった今も四股を探究している。4月に武道雑誌の企画で二所ノ関親方(元横綱稀勢の里)と対談した際、話題は自然と朝乃山になったという。同親方の「左足が流れる癖がある。体の軸をつくってほしい」との助言を翌朝の稽古場で伝えると、さっそく軌道修正に取り組んだ。

「なかなかすぐにはうまくいきませんね。難しいです」と朝乃山は苦笑いしたが、先輩の目にはこの素直さと積極性に活路が浮かんだ。

「言われたことをすぐにやるという姿勢が何よりでしょう。ここまで落ちたことで新たな可能性が出てきた。もともとは体のバランスが良く、28歳でも伸びしろはまだある。ここからもっともっと絞り込んで、全身に筋金を入れてほしい」

 と脱皮を期待した。

■初心に帰れば、新たな土俵人生は実り多きものに

 元横綱千代の富士の先代九重親方は生前、何度も苦しんだ両肩の脱臼を克服した経験を踏まえ、こう力説した。

「けがは治すだけでは駄目。治して、痛める前より強くならなくてはいけない」

 実際に“ウルフ”は鎧のような筋肉をつけ、投げに頼る強引な取り口から左前まわし速攻へモデルチェンジ。一時代を築く大横綱になった。

 朝乃山も自らの不始末で痛手を負った時間を糧とし、過去を超えられるような力士になれるか。もちろん例の一件を許していないという人も角界内外にいるから、反省と自戒の日々は今後も変わらない。ただ勝負の世界で生きていく以上、その上で目の前の闘いに勝つことが周囲に対するせめてもの恩返しとなる。照ノ富士に5戦全敗と歯が立たず、ここ一番に弱かった「大関朝乃山」。松田氏は「おじいちゃんとお父さんが亡くなったことを、まだ多少引きずっているところがある。笑顔は完全に戻っていない。大関に戻って初めて、本当に笑えるのかな……」と遠い視線を向けた。

 どん底に落ちたのは昨年の初夏の頃。そこから夏、秋、冬、春と季節が一回りし、朝乃山は帰ってくる。何周しても終わりのない土俵に立ち、巡り来る四季をかみしめながら正念場は続く。近い知人に漏らした言葉は「這い上がります」―。しこ名の名前は高校時代の恩師の「英樹」から、父が名付けた本名の「広暉」に改めた。生まれ変わり、初心に帰れば、新たな土俵人生は実り多きものになる。

(田井 弘幸/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)