阪神不動のセンターだった赤星憲広が、恩師・野村克也監督に伝えたかった“唯一の反論”「僕は守備のこと、めちゃくちゃ考えていますよ」

阪神不動のセンターだった赤星憲広が、恩師・野村克也監督に伝えたかった“唯一の反論”「僕は守備のこと、めちゃくちゃ考えていますよ」

赤星憲広氏 ©文藝春秋

「あの時代の中日の守備は最強だった」名手・赤星憲広が解説する、落合博満監督が8年間で作り上げた“極端な守備隊形”とは から続く

 阪神タイガースで不動のセンターを務めた赤星憲広氏。「赤い彗星」「レッドスター」の愛称で親しまれた同氏は“盗塁王”のイメージが強い。が、ゴールデングラブ賞を6度も受賞するなど、守備の名手でもあるのだ。

 ここでは、そんな赤星氏が「プロの外野守備」を徹底解説した著書『 中堅手論 』(ワニブックス)から一部を抜粋して紹介。プロ野球選手や監督、チームの“守備理論”を、赤星氏の視点で解説する。(全2回の2回目/ 1回目から続く )

◆◆◆

■東京五輪ドミニカ戦は「あれ」が正解

 東京五輪で日本の初戦、対ドミニカ共和国戦(21年7月28日、福島・あづま球場)。?

 1対2の8回裏、四球出塁の一番・山田哲人(ヤクルト)を坂本勇人(巨人)が捕前バントで送った一死二塁。三番・吉田正尚(オリックス)の浅いレフト前ヒットで二塁走者・山田は本塁突入するも、レフトからの好返球でタッチアウトになった。

 二死ならまだしも、8回1点ビハインドなのだから無理をせず、一死走者一・三塁から四番・鈴木誠也(広島)のヒットまたは犠牲フライ待ちという考え方は確かにある。?

 三塁コーチャー・清水雅治さんの判断が疑問視されたが、それは外野手以外の選手の考え方だ。僕から言わせれば「いや、当然回すでしょ」という場面だった。外野手出身の清水コーチの判断が正解だ。

 なぜなら日本は当然、ドミニカ共和国の選手の守備情報を収集済みのはず。捕球、肩に劣るレフトに打球が飛んだ。そのポジショニングはどうか。走者は俊足・山田。スタートが悪かったら止めている。コリジョン・ルールでキャッチャーがブロックできない。?

 かつてなら8割セーフでないと本塁突入させなかったのが、コリジョン・ルール以降、6割セーフなら突入させる傾向にある。

 どんな好打者であってもヒットが出る確率は10度に3度。犠飛が出るかどうかわからない。

 送球がそれてセーフだったら「二塁走者はナイスラン。三塁コーチはよく回した」と言われていたはず。もし、四番打者との勝負で内野ゴロ併殺、無得点だったらどうだろう。

「その前に、なぜ本塁に突入させておかなかったんだ!」となる。

 セーフの可能性は10度に9度。あんな好返球は10度に1度。それにはまってしまっただけ。言うなれば相手レフトのファインプレー。要するに「本塁アウト」はあくまで結果論でしかない。

■野村克也監督に唯一の反論

「同点の9回、サヨナラの走者が出た。代走・赤星。そんな感じで起用する。ドラフトで指名してくれ」

「三遊間にゴロを転がして走れ。出塁率と盗塁で1億円プレーヤーをめざせ!」

 僕がプロ入りするきっかけと1軍定着のきっかけをつくってくれた野村克也監督だが、 唯一、反論することがある。

「長いプロ野球の歴史で、外野手出身の日本一監督はごくわずか。守備のとき、考えない外野手は監督に向いていない。向いているのは、よく考えているキャッチャーだ」?

 過去73度の日本シリーズで、日本一監督の出身ポジションは「投手14」「捕手14」「一塁手14」「二塁手5」「三塁手12」「遊撃手9」「外野手5」。

 外野手出身の日本一監督の延べ5人は、01年若松勉監督(ヤクルト)、10年西村徳文監督(ロッテ)、11年・14年秋山幸二監督(ソフトバンク)、 16年栗山英樹監督(日本ハム)。

 現時点で外野手の日本一監督の回数は確かに少ないけれど、16年〜18年のセ・リーグは、高橋由伸監督(巨人)・金本知憲監督(阪神)・緒方耕市監督(広島)・真中満監督(ヤクルト)・ラミレス監督(DeNA)と6チーム中、実に5チームが3年間とも外野手出身監督だった。それだけ外野手が認められる時代になってきた何よりの証だ。

 僕が守備に関して熱く語ると、プロ野球記者が目を丸くする。?

「赤星さんって、そこまで考えて外野を守っていたんですか……」?

 野村監督がご存命の間に、一度伝えたかった。

「守備のとき、僕はめちゃくちゃ考えていますよ。扇の要のキャッチャーと真逆の位置にいるわけだから、同じような視野を持っている選手が守っていてもおかしくない。この打者に対してピッチャーは何を投げるべきか、僕はいつも1球1球シミュレーションして動いていた。

 ポジショニングがはまったとき、それこそキャッチャーの配球がはまったときと同じように嬉しい。そもそも配球を読めと教えてくれたのは野村監督ご自身じゃないですか」

 僕は監督に恵まれた。どの監督も僕を信頼し、ポジショニングを任せてくれた。任せてもらっているからこそ、両翼の選手に指示をしっかりと出さなくてはいけない責任を感じた。

 その結果、プロ9年間で6度のゴールデングラブ賞を獲ることによって2度の優勝に貢献できた。外野手の1ポジションだけで1000試合以上出場は、プロ野球史上、僕だけらしい。

■「忍者」菊池のポジショニング

 本来なら難しい飛球を、簡単に捕る。安打を1つもぎ捕ることは、安打を1つ打ったのと同等の価値がある。「ポジショニング」の成功は、見えないファインプレーである。?

 外野手ではないが、たとえば13年から9年連続して二塁手ゴールデングラブ賞の菊池涼介選手(広島)。

 マスコミはアクロバティックに打球を捕るところだけを切り取ってクローズアップし、「忍者のように捕る」と表現するが、彼の一番のすごさはポジショニング。ただ追いついているだけでなく、最初からとんでもないところで守っていたりするし、動き出しが実に早い。だから、並みの選手がダイビングキャッチを試みたところで絶対に届かないような場所でも捕ることができる。

 データで見ても、菊池選手の補殺数は頭ひとつ抜けている。(編集部注=投げて走者をアウトにする「補殺」。セ・リーグ最多補殺=14年広島・菊池の144試合535補殺。パ・リーグ最多補殺=18年ロッテ・中村奨吾の143試合486補殺。参考=6年連続ゴールデングラブ中日・荒木の最多は05年145試合496補殺。菊池は他2人と比較してシーズン40〜50個ほど多い)

■現役時代で一番上手いと感じたのは福留孝介

 注意して見ていると、菊池選手のような準備や動き、すなわち「ポジショニング」をしている内野手は存在するが、外野手には少ない。

 僕が現役時代にプレーしている中で、一番上手いと思っていたのが福留孝介選手だ。?

 ショートでプロ入りして、完全に外野手に転向した02年、打っては首位打者、守ってはいきなりゴールデングラブ賞を受賞した。

 チャージ力があって、モーションも小さく、強肩で送球も安定。すべてがそろっているといっていい。

 足はそんなに速くないのに、守備範囲が広いというのは、すなわちポジショニングが優れているという証明だ。

 僕が左打席で構えたときに、視界に入っていなかったはずのライト・福留が、いつの間にか視界に入ってくる。ポジショニングだ。

 井端弘和さんや宮本慎也さん(ヤクルト)など、ショートを守る内野手にそういう人はいたが、外野手では稀有の存在だった。

「脚力があるのだからポジショニングをしっかりやれば、捕れそうもない打球に追いついて、良い外野手になれる」

 僕はいま野球解説者として、そういったポテンシャルのある外野手を注視して探している。

(赤星 憲広)

関連記事(外部サイト)