「あれは生涯忘れない(笑)」『機動戦士ガンダム』の安彦良和が忘れない「ウルトラマン」の”トラウマ”

「あれは生涯忘れない(笑)」『機動戦士ガンダム』の安彦良和が忘れない「ウルトラマン」の”トラウマ”

安彦良和監督(左)、樋口真嗣監督

『機動戦士ガンダム』と『ウルトラマン』。昭和の成長期に誕生し、今なおアニメと特撮の大看板を張るシリーズの最新作が、令和4年の初夏に劇場公開された。それぞれの監督を手がけた安彦良和氏と樋口真嗣氏が、自身の作品に込めた思いのたけを語る!

◆◆◆

樋口 今日は、いちガンダムファンとして、いろいろ話をお聞きしようと純粋な気持ちでやってきました!

安彦 ぼくは「打倒『シン・ウルトラマン』」という不純な気持ちだったんだけどなあ(笑)。

樋口 この対談の前提として、最初に説明しないといけないのは、TV版『ガンダム』のすごさ。当時のアニメは、各話で絵が似てないのは当たり前だったんです。ところが『ガンダム』は作画監督の安彦さんが、メチャクチャ修正を入れて作画レベルを安定させていたんですが、当時のTV版「ククルス・ドアンの島」には安彦さんがタッチしていないんです。

安彦 (笑)。 

樋口 映画『ククルス・ドアンの島』は、当時の無念の気持ちが、43年の時を経てやっと正しい形になったと感じました。まずドアンが面倒を見ている子どもたちの人数が、TV版より多い。それで『ろぼっ子ビートン』や『わんぱく大昔クムクム』の時代と同じように、弾む感じの絵で描かれた子どもの群像劇になっている。

 なかでもよいなと思うのが、カツ、レツ、キッカの3人がホワイトベースで戦いを潜り抜けてきて、すでに大人のたくましさを持っている。これが後のエピソードの「小さな防衛線」につながっていくのかと。あの当時できなかったことを、ぶち込めている感じがしてすばらしかったなと思いました。

安彦 クレーターのところに子どもたちが集まってくるシーンは気に入っているんです。お姉さんのカーラが人数を数えて「なんかちょっと多いみたい」ってボケて(笑)。で、「おまえ、どこの子?」「ホワイトベースの子だよ」っていうセリフ、あそこ好きなんですよ。

樋口 ああいうシーンがジワッと来ますね。映画『ククルス・ドアンの島』はジュヴナイルの物語として、きちんとできているのがすごくよいなと思いました。『シン・ウルトラマン』はご覧いただけましたか。

■「ぼくらが子どものころに観ていた『ウルトラマン』も…」

安彦 ぼくは『ウルトラマン』の予備知識もなかったんです。いちおう、難しいぞと覚悟して観たんですけれども、おもしろいんですが、やっぱり難しい。もっと予習しておくべきだった (笑)。

樋口 いろんなものがいっぱい出てきますからね(笑)。

安彦 冒頭で怪獣が出てきて「やっつけた!」となるでしょ。モグラみたいなおもしろい怪獣は出てるけど、あとのはもう「終わってます」。え? って。観客は、ああいう前提をわかって観ているの?

樋口 ぼくらが子どものころに観ていた『ウルトラマン』も、あれくらい置きざりだったんですよ。『シン・ウルトラマン』は現代の話なんで、今風の難しい言葉が入っていたりするけど、「なんだかわからないけど、難しい言葉をしゃべってるな」くらいの気持ちで観れば大丈夫じゃないかという判断です。

安彦 ああ、そうか(笑)。でも当時のようにミニチュア撮影じゃないでしょ? 村の俯瞰とかミニチュアだなというシーンもありましたが。

樋口 いや、あれはCGをミニチュアセットっぽくつくっているんです。最初はヘリで空撮しているようにしか見えないから、もう少し特撮っぽくしようと。

安彦 ミニチュアだと思った!

樋口 木が倒れるカットはミニチュアです。CGだと木は時間がかかるんですよ。

■「そもそもぼくは『ウルトラマン』にトラウマが…」

安彦 そもそもぼくは『ウルトラマン』にトラウマがあるから。

樋口 トラウマって『ザ・ウルトラマン』ですか(笑)。

安彦 『ガンダム』と同じ時期につくっていた、円谷プロのアニメ『ザ・ウルトラマン』。あれは生涯忘れない(笑)。

樋口 人手をとられたんですか。

安彦 そもそもプロデューサーが兼任なんですよ。その人がウルトラの現場に行ったきり帰ってこない。当然ですよ。円谷プロさん、TBSで、しかもゴールデンタイムの番組ですから。我々の現場はアシスタント・プロデューサーが仕切っていたんです。それでシメシメと思っていたけど。うるさいこと言われないから。でもやっぱりひがむよね。会社はそっちが大事かって(笑)。

樋口 『ザ・ウルトラマン』のせいで人が少なくて苦労したけれど、逆にそのおかげで好き勝手にできたっていうこともあるんですね(笑)。

◆◆◆

 どんどん熱くなる対談のノーカット版は、「週刊文春エンタ+」(発売中)の特集記事でお楽しみください。

〈注〉

『ろぼっ子ビートン』(76年):サンライズの母体となった株式会社創映社がアニメ制作を担当したロボットコメディ・アニメ。大隅正秋が監督で、企画・原作。キャラクターデザイン、作画監督を安彦が担当した。

『わんぱく大昔クムクム』(75年):原始時代を舞台に、わんぱく少年クムクムと仲間たちの成長を描いたファミリーアニメ。りんたろう監督で、キャラクターデザインや作画監督を安彦が担当した。

「小さな防衛線」:『機動戦士ガンダム』第30話。カツ、レツ、キッカが、ジャブロー基地のジム工場内に、ジオン軍特殊工作隊が仕掛けた時限爆弾を発見、処理しようと奮闘する。

『ザ・ウルトラマン』(79年):アニメ制作を日本サンライズ(当時)が担当。監督は鳥海永行、神田武幸。最終4話では高橋良輔や富野喜幸(当時)が変名で絵コンテを制作、演出は吉川惣司が手がけた。『ガンダム』打ち切り決定で、多くのスタッフが本作に引き抜かれている。
?

?創通・サンライズ
取材・文=幕田けいた、撮影=杉山秀樹

安彦良和が樋口真嗣に迫る「『シン・ウルトラマン』を見せたかった”本当”の相手」とは? へ続く

(安彦 良和,樋口 真嗣/週刊文春出版部)

関連記事(外部サイト)