「どういう表情をしていいのかわからなくなって…」DeNA・今永昇太にノーヒットノーラン達成の本音を聞いてみた

「どういう表情をしていいのかわからなくなって…」DeNA・今永昇太にノーヒットノーラン達成の本音を聞いてみた

ノーヒットノーランを達成した今永昇太

 先日、ベイスターズの今永投手がノーヒットノーランを達成した。そんな彼が心の内で何を思っていたのか、ノーヒットノーラン後の彼の心境がどういったものなのかを聞かせていただいた。私はこの偉業が気になって仕方なかった。というのも、私は彼がリーダーを務める『ヴォル会』という5名程度のLINEグループに所属しているのだが、そこでは日本語として成立しているのかどうか怪しい会話しかなされていない。そんな彼があんなに真面目なインタビューの受け答えをしているのだから、気にならずにはいられなかった。私目線で聞いた彼の話を少しでも皆さんに知ってもらえればと思う。

■「どういう表情をしていいのかわからなくなっていました」

『DeNA今永、ノーヒットノーラン達成』。ベイスターズのスクール業務を終え、スマホを見ている私のもとに、そんなニュースが流れてきた。2022年6月7日、ベイスターズに新たな歴史が刻まれた。札幌ドームで行われたファイターズ戦で、今永投手がノーヒットノーランを達成したのだ。私が彼とチームメイトだった期間はたった2年しかなかったが、その偉業を達成するには十分すぎるくらいの能力があると感じていた。実際、ブルペンで隣あって投げたことがあったが、私はその時根こそぎ自信を削ぎ取られたことを鮮明に覚えている。そんな彼の偉業達成を知り、すごいなぁとか、さすがだなぁとか、そんな事を思いながら家路についた。ただこれだけで終わらないのが今永投手の良さである。私はテレビのニュースを見て改めて衝撃を受けた。彼の表情、どうしたんだ、またふざけてるのか? どこまでエンターテイナーなんだ? 気になって仕方なかったので、日にちをあけて今永投手に直接聞いてみることにした。彼は快く引き受けてくれた。彼の優しさに甘えて、聞きたいことを聞かせてもらった。

寺田「まずはノーヒットノーラン達成おめでとう。そしてやはり気になるのが表情なんだけど、記事で書かれてたのは、相手チームの本拠地なので喜びすぎないようにした、という内容だったけど、本当にそれだけなの?」

今永「半分本当で、半分冗談です」

寺田「どういう意味だ?」

今永「もちろん半分は、相手チームの本拠地なので喜びを出しすぎないようにはしました。ただ、もう半分は、どういう表情をしていいのかわからなくなっていました。もしあの時、最後の打者を三振で打ち取っていたら、多分反射的に笑顔になって喜びを出せてたと思うんですけど、実際にはライトフライだったので。フライが上がって捕球までの時間があるじゃないですか? その時間に色々考えちゃって。どういう表情にしたらいいんだろうって考えているうちに、ベンチからみんな来てくれて、でも僕の中でまだ表情は決まってなくて。そのうちになんかもう真顔のままで過ごすしかなくなっちゃいました。表情イップスです」

寺田「なるほどな、てっきりまたふざけてるのかと思ったよ」

今永「ちなみにいつもふざけてませんよ! 寺田さんは普段のおちゃらけてる僕を知ってるからそう思うんですよ! まあでもそれもひとつあって、僕のキャラっていうか、あるじゃないですか。ちょっと敢えてやってるみたいな。それもあってあんな感じになりました。引き際もわかんなくなっちゃってましたし」

寺田「なるほどね。一番気になってたところが聞けてよかったよありがとう。もう少し聞いてもいいかな?」

今永「もちろんいいですよ」

■「僕はすごい事をしたって気にはなれないんですよね」

寺田「ありがとう。俺も思わずおめでとうのメッセージを送っちゃったんだけど、連絡って何件くらいきたの?(ちなみに余談だが、私のおめでとうのメッセージにも律儀に返事をくれた。ただやはり内容は日本語として成立していなかった)」

今永「150〜200件くらいですかね」

寺田「すごいね。やっぱりそういうメッセージを見ると、ノーヒットノーランの実感は湧いてくるものなの? チームメイトからはもみくちゃにされたりしたのかな?」

今永「そんな気もしますね、ただひとつサプライズというか、粋な計らいがあったんですけど、ホテルの部屋に帰ったらシャンパンがあって。嬉しかったですね。まだ飲めてはないんですけど、いつか飲もうと思ってます。チームメイトは意外とあっさりしてた気もします」

寺田「そうなんだね。そういう祝福を受けると、なんかとてつもない事を達成したぞ!みたいな気持ちは正直出たりしないの? 俺からしたら、もう想像もつかない世界過ぎて、もし自分がプロ野球の一軍でノーヒットノーランなんか達成したら、舞い上がっちゃって仕方ないくらい嬉しいのかなって思ったりもしたんだけど」

今永「正直な話、お祝いしてもらったり、達成して嬉しいとかはありますけど、舞い上がるとかはないですね。だって寺田さん、よく考えてくださいよ。日本には大体1億2000万人いて、そのなかで野球に興味がある人がどれくらいいるんでしょうか。日本の人口の数%の方には興味深いことかもしれませんが、野球に興味がなかったり、知らない人だってたくさんいらっしゃる。そういう方たちからしたら、ノーヒットノーランって何?ってなると思うし、たとえニュースで見ても、ふーん、で終わると思うんですよ。逆に考えたらそうじゃないですか。自分が興味のない分野のニュースがいくらやってても、ほとんどがふーん、って感じで流れてくじゃないですか。そう考えたら、なんていうか大したことじゃないっていうか、そう言うと語弊があるかもしれませんが、僕はすごい事をしたって気にはなれないんですよね。そんな感じです」

寺田「そういう捉え方もあるのか。一応元プロ野球選手の俺からすると、とんでもない偉業に思えるけど、謙虚な姿勢って大切って思わせてもらえたわ。今日はお忙しいところありがとうね。あ、最後に、ヴォル会の話は書いてもいい?」

今永「いいですけど絶対滑りますよ寺田さん!」

寺田「じゃあさらっと書いておくね。それでは今度こそありがとう」

今永「ありがとうございました」

 久しぶりに電話で話した今永投手はいい意味で何も変わってなくて、電話の向こうから私をたくさん笑わせてくれた。真剣に考えて、全力で表現し続ける今永投手だからこそ、みんなに愛されるんだなと思わせてもらった。これからもチームの中心として、是非とも頑張っていただきたい。ここから始まるであろうベイスターズの快進撃の中心に彼がいる事を願って、いちファンとして応援していく。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/55468 でHITボタンを押してください。

(寺田 光輝)

関連記事(外部サイト)