「インチキ超能力者」と大バッシングを受けて顔面マヒに…Mr.マリックが困惑した“超魔術ブーム”の裏側

「インチキ超能力者」と大バッシングを受けて顔面マヒに…Mr.マリックが困惑した“超魔術ブーム”の裏側

©文藝春秋

「スプーン曲げはインチキか」ユリ・ゲラーを追ってアメリカへ…若きMr.マリックが挑んだ「超能力の謎」その真相は から続く

「きてます」「ハンドパワー」といったセリフと共に、超能力ともマジックともつかない“超魔術”を繰り出して日本中を驚かせたMr.マリック(73)。

 そんな彼に、独特なキャラクターやファッションが生まれた背景、小室哲哉とのコラボレーション、ブレイクとその後に訪れたバッシングなどについて、話を聞いた。(全3回の3回目/ 最初から読む )

◆◆◆

■『11PM』を経て、『木スぺ』に出演

――構成作家に「深夜に出てみない?」と誘われた番組とは?

Mr.マリック(以下、マリック) 読売テレビの『本気ナイト』という番組でマジックを披露するコーナーを作ってもらって、1年くらいやっていたんです。レツゴー三匹さんが司会で、久本雅美さんも一緒に出ていて。まだ彼女が「オカルト二人羽織」でエクソシストのパロディとかやってた頃ですよ。

 テレビにおけるマジックの見せ方を、その番組で編み出すことができましたね。それまではマジシャンの手がカメラのフレームから外れると、「その間に仕掛けや道具を取ってきたんだろう」とか言われちゃっていて。そもそもテレビ局のスタジオでマジックをやるなんてことがなくて、演芸場でやっているのを実況中継するくらいだった。しかもアップにするとタネがバレるから、マジシャンが「近づくな!」なんてカメラマンに怒る。

 で、プロデューサーやみんなで撮り方を考えて。私の目の前にカメラマンを座らせて、至近距離でマジックを見せるようにした。この目線が、お茶の間に受けたと。

――では、すでに関西圏では人気が。

マリック 特番までやらせてもらったぐらいですからね。「関西で火が付いたものは、絶対に全国で売れるから」と言われて、この言葉を信じて頑張って。それで浅草ビューホテルでショーをやっていたら、『11PM』(日本テレビ、読売テレビ、1965〜1990年)の方が訪ねてきて「東京でもやりませんか?」と。いままで私が話してこなかったこともあって『11PM』で注目されたと思われていますけど、実は関西から火が付いていたんですよ。

『11PM』でも1年くらいやらせてもらった後、「冠でゴールデンやりましょう」というオファーをいただいて。『木曜スペシャル』(日本テレビ)の枠で私単独の特番『Mr.マリック超魔術シリーズ』(1989〜1992年)がスタートするわけです。

■「私は素顔が地味で演歌顔ですから…」

――『木スペ』では超魔術に驚きましたが、マリックさんのルックスにもやられました。大きめのサングラス、独特な形状のオールバック、マオカラーの衣装と、『007』シリーズの悪役のような雰囲気で。

マリック いろんなところからアイデアを集めて、ああなったんですね。私は素顔が地味で演歌顔ですから、いろいろとやらないとね。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ、1985〜1996年)で、ぴんからトリオの宮史郎さんと共演した時に「いつもマリックさんだと言われて困ってます」と仰っていましたから(笑)。

 サングラスは、フランスの催眠術師が元ネタです。私がスプーン曲げを追いかけていた頃、初代・引田天功さんに見解を聞いたことがあって。天功さんに「催眠術でスプーンは曲がりますか?」と聞いたら「簡単に曲がるよ」とおっしゃったんです。さらに、催眠術で暗示をかければ10円玉でも曲げることはできると。

 それを聞いて、催眠術を勉強しようと思って、世界中のマジックショップの経営者に「世界で一番すごい催眠術師は誰?」とテレックスを打ちました。どうせ勉強するなら、まずは世界一の催眠術師を見てからだ、と。

■世界一の催眠術師のすごい技

――世界一の催眠術師とは、誰ですか。

マリック 全員があるフランス人の催眠術師を挙げました。それが覚えられないくらい長ーい名前の方で。その催眠術師がドイツのシュツットガルトでショーをやるというので、モスクワ経由で飛んで。実際にショーを観て、本当に世界一だと感じましたね。

 その催眠術師はオノ・ヨーコさんみたいなサングラスをかけていて「催眠術を信じてない人、舞台へ上がって席に座りなさい」と言うんですよ。10人の観客が舞台上にある席に座ると、各人の前に催眠術師が立って、「私がサングラスを取って、あなたが私の目を見たら眠ってしまう」と暗示を掛ける。そしてパッとサングラスを取ると、観客はコテンと隣の人の肩に頭を置いて眠り込んでしまう。さすがにサクラだったら、私もわかりますから。

 もうね、その人はすれ違いざまでも催眠術を掛けることができるらしくて。これは翌日の公演も見なきゃと思ったら、天功さんがお亡くなりになったという知らせが入って、急遽帰国しましてね。

■Mr.マリックがサングラスをかけたワケ

――では、サングラスは世界一の催眠術師からの影響ですか。

マリック デンマークの飛行場で乗り継ぎ便を待っていた時に、ふいにサングラスが欲しくなって。そのフランス人の催眠術を見て、サングラスはミステリアスでいいなと。私たちの世代のヒーローだった、月光仮面、快傑ハリマオもサングラスをかけていたし。

 あと、サングラスをかけたマジシャンはいなかったんですよ。マジックは目線が大事ですから。人間は目で追う動物なので、観客は自然とマジシャンの視線を追いかけます。我々マジシャンは観客の視線を誘導している間に、いろいろなタネをうまく隠すことができる。

 だから、目は隠しちゃいけないのが鉄則で、眼鏡はダメ、サングラスなんてもってのほか。そんな常識がマジック界で共有されていた時代に、世界一の催眠術師を見ちゃったもんだから。ミステリアスな雰囲気が出るならサングラスをかけようと。

 空港のサングラス屋で世界一の催眠術師がかけていたのと似たものを手に取ったけど、うろたえるくらい値段が高くて。でも、欲しいから買いましたよ。

■カリスマ性を出すための演出術とは…

――マオカラーの衣装は。

マリック サングラスをかけると、マジシャンというよりも超能力者っぽくなっちゃう。で、今度は衣装も変えなきゃいけないなと考え出して。「そうだ、『スター・ウォーズ』の帝国軍の連中が着ているようなのがいいな」と。

 タキシード系は普通にマジシャンに見えてしまう。けれども、東洋人には見えたほうがいいから、詰襟のロング丈にして。そこで、細いズボンを穿くとインド人っぽくなってしまう。東洋人だけど日本人ではない、何人かわからない無国籍風にしようと。北海道に素敵なデザイナーの方がいて、その方と一緒に考えて。ほんと、いろんな人が知恵を貸してくれましたね。

――それとマリックさんといえばあの曲、アート・オブ・ノイズの『レッグズ』も欠かせません。

マリック あれは、『木スペ』の音響さんが、6曲ほど候補に挙げてくれたうちの1曲で。「ここから選んでください」と言われて、『レッグズ』だけが非常に印象的だったんですよ。聴いたことのない半音の変な曲だったけど、とにかく耳に残る。

 それから、カリスマ性を出すには「花道」が大事。偉い人は横から出てこないし、板付きでも登場しない。上から降りてくる、もしくは奥から登場してくるのが、カリスマ性を感じさせる出方としては一番。それで後光が差してステージの奥か上から出るようにしようと、プロデューサーが決めて。

 私の超魔術がそれまでのマジックと違うところは、いかに観客をハマらせるかどうか。トリックがあるとか、そういう現実を考えさせるんじゃなく、現実を忘れさせて目の前の出来事に没頭させる。そのためには伊勢神宮の参道を歩くような、現実から離れていくための準備時間が必要で、それを煽るのにピッタリだったのが『レッグズ』だった。

■小室ファミリーだった意外な過去

――曲や音楽といえば、1990年に小室哲哉さんと組んでインストゥルメンタルのアルバム『Psychic Entertainment Sound』をリリースされていますが。

マリック 『レッグズ』の版権が高すぎたんですよ。1回の使用料がとんでもない額だから買おうとしたけれども、どんなにお金を積んでも売ってくれなかった。じゃあ、それに代わる曲を作ろうってことで、私はホテルでショーをやっていた頃に入っていた小澤音楽事務所の会長だった小澤さんに相談してね。

 すると、打ち込みのナンバーワンは小室さんだと。当時、小室さんたちTM NETWORKは小澤音楽事務所の所属でね。それで小室さんとスタジオでお会いして、「こういうイメージで、『レッグズ』に代わるテーマ曲をお願いします」と頼んで。作ってくれて、ずっと私のライブでも使っていたけど、やっぱり耳に残っているのは『レッグズ』になっちゃう(笑)。

 小室さんには、結婚披露宴にも呼んでいただいて。私の隣が細木数子さんで、こっちが白竜さんで、あっちがホタテマン(安岡力也)という、ものすごいテーブルで。そこだけ完全に浮いていて、どこにも座らせられない人を集めたテーブルなんじゃないかって(笑)。

――衣装や曲も緻密に計算されたこともあって、どハマりさせてもらいました。気づけば、木梨憲武さんが『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ、1988〜1997年)でやっていたMr.ノリックにまで夢中になっていましたから。

マリック その頃、ライブをやると席の中に必ずノリックがいたんですよね。1回目は「きてます」と連絡を受けたのですが、「なんで来てるのかな?」と思って。3回目で「今度、番組でパロディやらせてもらいます」と挨拶していただいてね。ちゃんと私の癖も勉強していて、完璧でしたね。

■「インチキ」だという大バッシングを受けて

――ブレイクの規模が大きすぎた反動もあったのか、「インチキ」だというバッシングも相当でしたね。マジシャンだからインチキもなにもないのですが。

マリック 私の目標はユリ・ゲラーを超えることでしたから、『木スペ』の初回ではあえてスプーン曲げを披露しました。「ユリ・ゲラーのスプーン曲げは超能力」という観客の思い込みをひっくり返さないかぎり、再びマジックを楽しんでもらえる時代が来ないという危機感があったんです。

 ユリ・ゲラーはお茶の間にいる視聴者に「スプーンを用意してくだい」と呼びかけて曲げさせたけど、私はお茶の間とスタジオにいるタレントさんの両方にスプーンを曲げさせました。

 さらに言うと、初回では超能力者然として現れ、その次で「実はマジシャンでした」と宣言するつもりでした。まずは超能力者だと思わせることで視聴者にスプーンを持ってもらったわけだけど、「もう一回、このままいきましょう」と周りからも言われて、結局マジックだとは明言せずに番組に出続けました。

■「ある人の胃袋にこの薬を瞬間移動してくれ」という客も…

――マジシャン宣言がうまくできず、インチキ超能力者だと叩かれてしまった。

マリック その一方で、ライブをやると楽屋に困った人が来るようにもなって「徳川埋蔵金はどこにあります?」とか聞かれたり、「ある人の胃袋にこの薬を瞬間移動してくれ」なんて言い出したりしてね。

 ライブでもお客さんの半分は手を合わせてありがたそうに拝んでいるけど、もう半分は暴露本を手にして“答え合わせ”に熱中している。マジックに対する価値観が違ってしまっていました。

 プロレスと格闘技の違いみたいもので、プロレスはエンターテインメントで、格闘技は勝つか負けるかのリアルでしょう。いわば超能力は、格闘技であり、リアル。私が目指しているマジックは、リアルじゃなくてリアリティ。手品用の箱から花が出てきたらただのマジックとしか思われないけれど、何の変哲もない子供の帽子からハトを出したら「え!」という驚きと「なんだろう?」という不思議さと「なにかあるんだな」というリアリティが出てくる。

――バッシングや過労、そのストレスから生じた顔面麻痺などもあってテレビから距離を置きますが、90年代末からマジシャン宣言をされて超魔術を披露されましたよね。

マリック いろいろあって考えたんです。一瞬で人を笑わせたり、驚かせたりするエンターテインメントって、マジックくらいだなって。落語は聞きながら考えるし、漫才も落ちこんでいたら聞いていられないでしょう。でも、マジックで不思議なものをポンと見せたら笑っちゃう。それは赤ちゃんが「いないいないばあ」で笑うのと一緒で、不思議なものを求めている人間の本能につながっている芸事だから。こんなすごい芸が喜ばれないはずがないと思って、もう一回やろうと。

■マジックが一番面白く見えるのはライブ

――マジシャン宣言から20年以上が過ぎましたが、現在のマジック界をどう思われますか。

マリック やっぱり、マジックが一番面白く見えるのはライブ、それもネタが初見であることなんですよ。2回目、3回目じゃなくてね。この原点や環境をもういっぺんしっかりと作ろうと、若い子たちを育てていますし、ライブをこれから大事にしていこうと思っています。

 8月11日には、名古屋マリオットアソシアホテルでコロナで延期になっていたライブをやりますのでね。ぜひ、生でこういうものは楽しんでもらいたいなと。?

写真撮影=三宅史郎/文藝春秋

(平田 裕介)

関連記事(外部サイト)