「高田純次はわけわかんないの!」オスマン・サンコン73歳が振り返る、伝説の早朝バズーカと“深夜2時の珍客”

「高田純次はわけわかんないの!」オスマン・サンコン73歳が振り返る、伝説の早朝バズーカと“深夜2時の珍客”

オスマン・サンコンさん

「いきなり高田純次が家に来てさ!」と笑顔で語るのは、ギニア出身のオスマン・サンコンさん(73)。『笑っていいとも!』(フジテレビ)や『元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)など、80〜90年代を中心にたくさんのテレビに出演し、その明るいキャラクターで多くの視聴者に愛されました。

 もともとは、ギニアの外務省職員として日本にやってきたサンコンさん。しかしひょんなことからテレビの世界に足を踏み入れ、気づけばタレントとして活動していたと言います。来日当初、日本はほぼ“未知の国”だったと語るサンコンさんに、あの頃の思い出を伺いました。(全2回の1回目/ 後編に続く )

◆ ◆ ◆

――ギニアの外務省で働いていたサンコンさんが、日本のテレビに出るようになったきっかけは何だったのでしょうか?

サンコン 当時、僕は日本のギニア大使館で働いていて、昼休みになると職場のみんなとテレビを観ながら、お弁当とか食べてたの。それで、いつも通り『いいとも!』を観ていたら、その日は火曜日で、外国人が出ているコーナーがあったんだよね。タモリさんが日本の文化とか歌とかのクイズを出して、それに外国人が面白おかしく答えてて。

 それを観て、急に大使館の事務局長が「サンコンさんも『いいとも!』出てみる? ギニアの宣伝にもなるし」って言ったんだよ。

――突然の話ですね。そう言われてどう思いましたか?

サンコン 別に出てもいいかなって思った。僕は日本ギニア友好協会の広報をやってたし、ギニアに興味持ってもらえるならって。あの頃、日本でギニアって言っても誰も知らなかったよ。アフリカの国の一つってことはわかっても、どこにあるかわからない。アフリカって50カ国以上あるからね。

 それに、僕はそのときにはもう新聞とか雑誌には出てたけど、それは話題にもならなかったの。だからもっとギニアを知ってほしい。インパクト。民族衣装とか着て、みんなで盛り上げたらいいんじゃないかなって思った。

■打ち合わせにやってきたタモリさんが……

――テレビに出ることに対して、周りの反応はいかがでしたか?

サンコン 「いいの?」「危ないんじゃない?」って言う人もいたけど、外務省には許可をとったしね。それに、テレビに出るって言っても1回だけだと思ってたの。外交官はだいたい2、3年で転勤するから、その間に1回くらい出てもいいかって。もちろん、タレントになりたいとかなかったし、あんまり深いこと考えてなかったね。

――まずは気軽にやってみようと。そこから実際に出演されるまでは、どんな経緯だったんでしょうか。

サンコン まず事務局長がフジテレビに電話して、「ちょっと変わってる外国人いるんだけど、どうしたら番組に出られるの?」って聞いたの。そしたらブッチャー小林(※当時『いいとも!』ディレクターを務めていた小林豊氏)から、フジテレビでオーディションがあるから来てくれって言われてさ。

 そこからだよ、全部。出演が決まって、当日の朝10時に新宿のスタジオアルタに行ったら台本渡されたの。そこで、初めてケント・デリカットやデープ・スペクターにも会って、皆で台本読んで。そのうちリハーサルがはじまって、ここはこういう風に動いてとか色々指示が来たんだよ。

 少しするとタモリさんも打ち合わせにやってきてさ。タモリさんが「あなたの名前はサンコンさんね。じゃ、あなたのこと、1コン、2コン、サンコンって呼びますから」って言うの(笑)。あの呼び方、タモリさんがつけたんだよ。そんな感じで本番前にどんどん段取りが決まっていったね。

 でも僕、生放送とか全然知らなかったんだよ。全くテレビに興味なかったから。だから、なんだかよくわからないまま出ちゃったね。

■デーブ・スペクターは一番「○○」がなかった

――やはり『いいとも!』の反響は大きかったですか?

サンコン 思った以上に大きかったよ。みんないい感じにボケるし。元々火曜日の視聴率はあまりよくなかったみたいだけど、外国人のコーナーが好評で一気に上がったみたい。結局、1回だけの予定がレギュラーになっちゃって4年間出たよ。本来15分の枠だったんだけど毎回オーバーするの。面白くて。

 まぁ、デーブは一番「ウケ」がなかったんですけど(笑)。……未だにいじってるね。デーブが喋ったら、みんな「し〜ん」となってた。ウケないね。

――(笑)。他に、印象深かった共演者はいますか?

サンコン オープニングで出てくる青年隊、いいとも青年隊ね。あとなべちゃん……渡辺正行さん、アダモちゃん、片岡鶴太郎さんとか。それにさんまさんね。みんな良くしてくれて、未だに可愛がってもらってる。

 番組が終わった後も、「サンコンさん、今日どこかで一杯やろうか」ってよく飲んでたよ。もちろん、タモリさんともずっと話してたね。タモリさんの引越しのときも呼ばれて行ったよ。

■タモリさんを大使館のパーティーに招待

――引越しのお手伝いですか?

サンコン 手伝いというより、まぁ……盛り上げかな(笑)。タモリさんの家は、もう何回も行ってるよ。タモリさんは、他の曜日の出演者やスタッフさんたちもたくさん呼ぶの。そこで、みんなでお酒飲んだり、タモリさんが作ってくれた料理を食べたりして。これが美味しい。すごく美味しいの!

――そこではどんな話をされるんですか?

サンコン 僕なら、たとえばアフリカにいる動物の話とかね。みんな、アフリカに行けばライオンいるって思ってるみたいだけど、僕、日本に来て初めて見たからね。動物園で(笑)。あと、僕の目が良いこととか。昔は視力6.0だったの。ギニアはビルとか無かったし、遮るものがないから1キロ先が見えたね。

 僕、タモリさんのこと兄貴って呼ぶんだけど、僕も大使館のパーティーに兄貴を呼ぶの。兄貴を入れて5人、10人とか呼んで、ガーデンの中でご飯を食べたりお酒を飲んだりね。

■早朝バズーカは「ほんっと迷惑!」

――『笑っていいとも!』の出演から始まって、サンコンさんは他にもたくさんテレビに出られていました。特に思い出に残っている番組はありますか?

サンコン 一番強烈だったのは、『元気が出るテレビ!!』の早朝バズーカね。夜中、寝てるところに突然やってきて、いきなりバズーカ打つんだよ! 

 ある時なんか、朝6時半の新幹線に乗る予定だったから、1時か2時くらいに寝たら、バズーカ3時に来たんだよ!?

――貴重な睡眠時間が……(笑)。

サンコン もう、ほんときついよ! 目をうっすら開けたらアダモちゃんたちが立ってるの。夜中3時に来てバズーカ。ほんっと迷惑! 

 あと高田純次ね。高田純次はわけわかんないの。だって夜中の2時に急にうち来て、「ラーメン食べたい」って言うんだもん。それで、自分で持ってきたラーメン勝手に食べたら、「じゃあ!」って帰っていって。ほんと迷惑、わけわからん! それは一生忘れないね(笑)。

■帰国前にたけしさんが必ずしてくれたこと

――当時のテレビの空気を感じます(笑)。

サンコン 面白かったね。ただ、『元気が出るテレビ!!』がきっかけで、今でもたけちゃんにはすごく良くしてもらってるよ。

サンコン たけちゃんね、僕がギニアに帰るたびに「よし、わかった」って言って、僕、家族とか親戚多いけど、みんなの分のお土産を用意してくれるの。

 2000、3000円の腕時計とかあるじゃない。ギニアの人は日本の時計が好きだから、ああいうのとか、秋葉原まで一緒に行って色んなものを買って、スーツケース満タンにしてくれるの。僕がギニアに帰るとき、たけちゃん必ずそれやる。

 あとは銀座に行こうって誘ってくれて、すっぽん食べに連れてってくれたこともあった。そこでおこづかいもらったりしてね。いい兄貴よ。ゾマホンくんのこともよく面倒みてるし。

■テレビに出て大変だったことは?

――一方、テレビに出て知名度が上がったがゆえに、大変だったこともあるのではないかと思います。

サンコン それが、別にないんだよね。全然そういうのなかった。テレビに出たおかげで、ロケで色々な国に行けたし、それこそギニアでも撮影できた。ドキュメンタリー番組で、光GENJIの山本(淳一)くんと一緒に行ったんだよ。

 あ、ただ、ある時期電車乗れなかったことはあったね。みんなワァって来るから。だから自分の事務所を開いて、運転手つけて移動してた時期はあったよ。でも、今は大丈夫。今日の取材も電車で来たよ。いつも普通に電車乗ってるよ。

――周りから気づかれたり、声を掛けられたりしませんか?

サンコン 今でも結構言われるね。「サンコンさん!」って。こっちも普通に答えるし。別に全然大丈夫よ。みんなサービス。コロナ前も、新橋とか銀座の飲み屋さんでよく声かけられたしね。

撮影=三宅史郎/文藝春秋

「みんなに言われるよ。最近テレビ出ないねって」オスマン・サンコン(73)が語る“来日50年目の現在地” へ続く

(松永 怜)

関連記事(外部サイト)