“身内”からも猛反発…WBC・栗山英樹監督のメンバー選考、何が問題だったのか

“身内”からも猛反発…WBC・栗山英樹監督のメンバー選考、何が問題だったのか

栗山英樹氏 ©共同通信社

 来年3月に行われるWBC1次リーグの組み合わせが7月8日に発表された。日本は韓国、中国などと同じB組。日本代表・侍ジャパンの栗山英樹監督(61)は、「世界一しか目指さない」と、強い決意を語った。

 日ハムの監督を退任後、昨年11月30日に代表監督に就任した栗山氏。プロ野球公式戦の視察に精力的に回りながら、各球団の監督や首脳陣に協力を仰ぐなど、代表監督としての活動を行ってきた。しかし――。

「指揮官としての手腕を不安視する声が絶えません」

 こう語るのは、スポーツ紙デスクだ。最大の問題は、コーチ人事や選手選考の“経験不足”だという。栗山氏は日ハムで監督を10年も務めたベテランだが、

「日ハムでは組閣や選手獲得はフロント主導で行われます。吉村浩GM(現・統括本部長)が全権を握っており、基本的に監督はそれに従うしかない」(同前)

 代表監督就任時、栗山氏は周囲にこう漏らしていた。

「オレ、コーチ人事を決めたことがないんだよね。いつも球団が連れてきてくれていたから」

 慌てたのがNPBだ。日本ラウンド主催の読売新聞に人事で協力を仰ぐことに。打撃コーチに元巨人・吉村禎章氏が入っているのは、その影響だという。

■台湾との強化試合の選手選考で“身内”からも批判

 さらに今年2月には、“身内”からも批判を浴びた。コロナ禍で中止となったが、3月に行われる予定だった台湾との強化試合の選手選考でのことだ。

「メンバーに中日・根尾昂やロッテ・藤原恭大が入っていた。これに怒ったのが、日ハムで内野守備走塁コーチ兼作戦担当として栗山監督を支えた白井一幸ヘッドコーチ。『おかしい。日本代表は自チームで結果を残せていない選手は入るべきではない』と2月のコーチ会議で猛反発したのです。共に大阪桐蔭で甲子園を沸かせた人気選手ですが、プロ入り後は低迷。栗山監督は日ハム時代に斎藤佑樹、清宮幸太郎など甲子園のスターを好んで起用していましたが、代表でも同じ感覚でいるのを問題視したのでしょう」(スポーツ紙記者)

 この他、日体大の二刀流・矢澤宏太や立大の山田健太など“栗山流”メンバー選考は随所に現れた。

「1年後に本大会を控える中、本番で起用する可能性の低い大学生を選んでいる時期ではない。白井コーチとはいまだにしこりが残っているようです」(同前)

 8月1日の23歳以下のNPB選抜と大学・社会人選抜の対戦が初采配となる栗山氏。NPB選抜には、やはり投手に転向したばかりの根尾が選ばれていた。栗山氏の最大のミッションはエンゼルス・大谷翔平の招集だが、それだけでは“世界一”への道は遠い。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年7月21日号)

関連記事(外部サイト)