「藤井風が突然降板」河瀬直美監督、“文春反撃署名”か?消えた理由

「藤井風が突然降板」河瀬直美監督、“文春反撃署名”か?消えた理由

河瀬直美監督

「映画監督としてのスキルを全部投入して作り上げた」

 そう語るのは東京五輪公式記録映画「東京2020オリンピック」の総監督を務めた河瀬直美氏(53)。アスリートを描いた「SIDE:A」と運営側に迫った「SIDE:B」の2部作が連続して公開されたが、ある“トラブル”も……。

◆ ◆ ◆

■音楽を担当する予定だった藤井風が突然降板

「B」の公開まで10日を切った6月15日のこと。映画公式HP上で突然、同作の音楽を担当する予定だったシンガーソングライター・藤井風(25)が降板し、別の音楽家に依頼することになったと発表されたのだ。

 藤井は「A」の冒頭で「君が代」を歌い、エンディングには書き下ろし曲を主題歌として提供。なぜ「B」の曲は作らなかったのか。

「監督の熱烈なラブコールで、昨年には藤井が両作品の音楽を担当することが決まっていた。ところが監督は編集をそれぞれ公開直前まで引っ張り、完成映像を見ながら音楽を入れたい藤井側を延々待たせたのです。『A』は作業がギリギリ間に合ったが、『B』の編集途中で監督はカンヌ映画祭の公式上映に出席するなどバタバタに。5月から全国ツアーに入っていた藤井側が『もうできません』と断ったのです」(映画関係者)

■エンドロールに〈作詞作曲・河瀬直美〉というクレジットが

 藤井の所属事務所に降板理由を問うと「映画制作側の制作進行が遅れたため、当初想定していたスケジュールで作業できなくなったためです」と回答した。

 では代わりにエンディング曲を担当した“別の音楽家”とは誰か。

「女性歌手が『あの夏の思い出 ゆるやかに漂う』などと歌う感傷的な曲でした。するとエンドロールに〈作詞作曲・河瀬直美〉という英語のクレジットがあり、『自分で作ったのか』と驚きましたね」(映画記者)

■実は週刊文春に“反撃”する署名計画があった

 そんな河瀬氏に関して、小誌は今年4月28日発売号と5月26日発売号でスタッフへの“暴行事件”を2度報じている。

 前者は2019年に「朝が来る」の撮影現場で撮影助手を蹴り、その後に撮影監督がチームごと降板したトラブルを詳報。記事を受け、河瀬氏は「(助手の)足元に足で抵抗した」と事務所名義で説明している。だが、同作スタッフが明かす。

「実は、秘密裏に署名計画もあったんです。記事が出た直後、『作品が傷つけられたことは誠に遺憾です』と文春に“反撃”する内容の強いトーンの文書が作られ、監督の側近が作品スタッフたちに送付。自筆で名前を書くことを求めました」

 小誌はこの文書を入手。

〈既に3年前の撮影期間中に当事者間で解決済みとなり、私共もその認識でいます〉などの文言と6人の署名があった。ところが――。

■一部のスタッフから「監督の権力を使っており横暴だ」と声が上がり…

「側近は『風評を食い止められない』『皆さんにお助けいただきたい』と数十人に署名を迫ったが、肝心の降板した撮影部には相談せず、監督に近い“河瀬組”と呼ばれる演出部などばかりに要求した。すると一部のスタッフから『傷が残ったままの撮影部や当事者に無断で進めるのは失礼だし、配慮に欠けている』『監督の権力を使っており横暴だ』との声が上がり、結局立ち消えになりました」(同前)

 その後は暴行問題について口を閉ざしている河瀬氏。事務所を通して事実関係を問うも、回答はなかった。

?“河瀬組”の舞台裏に迫る「SIDE:C」も見たい。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年7月14日号)

関連記事(外部サイト)