「早く元気になって」小惑星に“Kitabeppu”と名付け…病魔と戦うカープのレジェンド、北別府学さんへのエール

「早く元気になって」小惑星に“Kitabeppu”と名付け…病魔と戦うカープのレジェンド、北別府学さんへのエール

現役時代の北別府学 ©文藝春秋

 夜空に輝く、あまたの星たちの中に「カープ」という名前の星があるのをご存知だろうか。小惑星番号44711「Carp」。元久万高原天体観測館の職員中村彰正さんが1999年に発見し、命名した小惑星である。

 そして今年1月。あるカープレジェンドの名前が小惑星に付けられた。その名は「Kitabeppu」。現在病床で現場復帰を目指し、病魔と戦う元広島カープ背番号20、北別府学さんのお名前だ。

■小惑星「Kitabeppu」を発見するまで

 実はこの小惑星の名前は北別府さんへのプレゼント。プレゼントの主は愛媛県松山市にあるNPO法人「スペース宇宙」の代表理事薦田義勝さんである。

 北別府さんと数十年の付き合いになる薦田さんは、なんとか早く元気になって頂きたいとの願いからこの「小惑星のプレゼント」を思いたったそうだ。薦田さんは言う。

「北別府さんは無骨なイメージですが、とても優しい方なんです。愛媛の子供たちのために立ち上げたスペース宇宙の理事もぜひ、と快く受けてくださいました。少しでも力になりたいと今回のプレゼントを思い立ち、中村先生に『北別府』の命名をお願いしたんです」

 この中村先生というのは上記の小惑星「カープ」の名付け親、中村彰正さん。元々カープファンだった中村さんは「カープ」以外にも、発見した小惑星に「津田」と名付けてもいる。現役時代北別府さんのファンでもあった中村さんは、このオファーを快諾。小惑星番号217726を「Kitabeppu」と命名したのだ。

 この小惑星「Kitabeppu」を発見したときのことを中村さんはこう語る。

「当時は勤務していた久万高原天体観測館で仕事を終えてから夜空を眺めていました。新星発見は一にも二にも努力。コツコツと調べるしか方法がありません」

 満月の時や、曇りの時は調査ができないという限られた条件下での観測。しかも夜中の12時からが新星発見のピークタイムである。年間60日ほどのチャンスを明け方まで費やし目にも過度の負担をかけ、その果てに新しい星を発見できるのだ。そんな過酷な環境の中でこの「Kitabeppu」が発見されたのである。そのストイックさは、現役時代相手バッターのクセを研究し、ミリ単位での投球術を極めた北別府さんのようでもある。

■そう、「北別府は負けない」のだ

 北別府さんの200の勝ち星ならぬ、今までに100以上の「星」を発見している中村さん。現在は第一線を退かれている。現在は技術も進歩し、ほぼA Iが新星を発見し番号をふっているそうだ。発見した星に名前をつけるという流れが消えつつある現在、この「Kitabeppu」は非常に貴重なものでもある。「とにかく今は北別府さんに早く元気になって頂きたい」。中村さんは強く願う。

 白血病を乗り越えたかと思われたのも束の間、北別府さんは先日新たに敗血症で再入院となってしまった。右手以外ほとんど動かせない状態に関わらず、北別府さんはファンに向けていつも明るいブログを更新してくれる。読んでいるファンの方が勇気づけられてしまうほどだ。 

 北別府さんのピッチングに我々はどれほど心動かされ、感動をもらったことだろう。

 いつもどんな時もカッコ良かった北別府さん。優勝試合の胴上げ投手を盟友の津田恒実さんに譲り託した北別府さん。コーチを退いた後もブログなどで誰よりも早くファンと交流を始め、全てのコメントにメッセージを返信していたファン想いの北別府さん。そしてそんなブログを私がテレビ番組で話し、大量のファンが押し寄せてしまった時でも笑って喜んでくれた優しい北別府さん。

 星の名前をプレゼントはできないけれど、少しでも北別府さんが元気になれるようみんなでエールを送りたい。どんな形でも良い。全国からのカープファンの、北別府ファンの応援が届きますように。それが北別府さんにとって何よりの力になるはずだから。

 1986年、神がかり的なピッチングに「北別府が投げると負けない」という言葉が生まれた。そう、「北別府は負けない」のだ。今回の戦いも負けるはずがないのである。214個目の勝ち星を、誰もが待ち望んでいる。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/55480 でHITボタンを押してください。

(ザ・ギース尾関高文)

関連記事(外部サイト)